新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 皮膚病態学 教授

日本皮膚免疫アレルギー学会 理事 日本研究皮膚科学会 理事 日本発汗学会 副理事長・編集委員 日本アレルギー学会 代議員・アレルギー専門医・アレルギー指導医 日本乾癬学会 評議員 International Forum for the Study of Itch Board member 日本皮膚科学会 認定皮膚科専門医

室田 浩之 むろた ひろゆき 先生

公開日
2021/01/14

1995年に長崎大学医学部を卒業。2004年に大阪大学皮膚科へ赴任し、2018年には長崎大学皮膚病態学分野教授に就任。アレルギー疾患、膠原病、無汗症や多汗症(発汗異常症)の診療に力を注ぐとともに、かゆみのメカニズムや発汗異常症の基礎・臨床研究に携わり、『原発性局所多汗症診療ガイドライン2015年改訂版』『アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2018』などの作成委員も務める。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 皮膚科
  • 【疾患名】アレルギー性皮膚疾患【治療法】集学的治療
  • 【得意な領域】痒み【治療法】集学的治療
  • 【疾患名】発汗異常症【治療法】集学的治療

資格・学会・役職

日本皮膚免疫アレルギー学会 理事
日本研究皮膚科学会 理事
日本発汗学会 副理事長・編集委員
日本アレルギー学会 代議員・アレルギー専門医・アレルギー指導医
日本乾癬学会 評議員
International Forum for the Study of Itch Board member
日本皮膚科学会 認定皮膚科専門医
  • 長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 皮膚病態学 教授
  • Allergology International Associate editor

所属病院

長崎大学病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ・膠原病内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 肛門科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 胃腸外科 内分泌内科 代謝内科 脳神経内科 肝胆膵外科 肛門外科 内分泌外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 長崎県長崎市坂本1丁目7-1
  • 長崎電軌1系統 大学病院 シャトルバス運行あり 徒歩8分 JR長崎本線(鳥栖~長崎) 長崎 長崎バス 大学病院前バス停下車 車10分
  • 095-819-7200
公式ウェブサイト
長崎大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1995年 長崎大学 皮膚科学教室 入局
2003年 長崎大学 皮膚病態学分野 助手
2004年 大阪大学 皮膚科学 助手
2012年 大阪大学 皮膚科学 講師
2014年 大阪大学 皮膚科学 准教授
2018年 長崎大学 皮膚病態学分野 教授

論文

  • 1:Sweat in the pathogenesis of atopic dermatitis. Allergol Int. 2018 Oct;67(4):455-459. doi: 10.1016/j.alit.2018.06.003. Epub 2018 Aug 3. PMID: 30082151.

    Murota H, Yamaga K, Ono E, Katayama I.

  • 2: Exacerbating factors of itch in atopic dermatitis. Allergol Int. 2017 Jan;66(1):8-13. doi: 10.1016/j.alit.2016.10.005. Epub 2016 Nov 15. PMID: 27863904.

    Murota H, Katayama I.

  • 3:Periostin in the pathogenesis of skin diseases. Cell Mol Life Sci. 2017 Dec;74(23):4321-4328. doi: 10.1007/s00018-017-2647-1. Epub 2017 Sep 15. PMID: 28916993.

    Murota H, Lingli Y, Katayama I.

  • 4:Why does sweat lead to the development of itch in atopic dermatitis? Exp Dermatol. 2019 Dec;28(12):1416-1421. doi: 10.1111/exd.13981. Epub 2019 Jul 3. PMID: 31152459.

    Murota H, Yamaga K, Ono E, Murayama N, Yokozeki H, Katayama I.

  • 5:Claudin-3 Loss Causes Leakage of Sweat from the Sweat Gland to Contribute to the Pathogenesis of Atopic Dermatitis. J Invest Dermatol. 2018 Jun;138(6):1279-1287. doi: 10.1016/j.jid.2017.11.040. Epub 2017 Dec 23. PMID: 29277540.

    Yamaga K, Murota H, Tamura A, Miyata H, Ohmi M, Kikuta J, Ishii M, Tsukita S, Katayama I.

  • 6:Evolving understanding on the aetiology of thermally provoked itch. Eur J Pain. 2016 Jan;20(1):47-50. doi: 10.1002/ejp.777. Epub 2015 Sep 28. PMID: 26415614; PMCID: PMC5055078.

    Murota H, Katayama I.

  • 7:Attenuated Activation of Homeostatic Glucocorticoid in Keratinocytes Induces Alloknesis via Aberrant Artemin Production. J Invest Dermatol. 2018 Jul;138(7):1491-1500. doi: 10.1016/j.jid.2018.02.010. Epub 2018 Feb 21. PMID: 29474943.

    Matsumoto A, Murota H, Terao M, Katayama I.

  • 8:Sweat glucose and GLUT2 expression in atopic dermatitis: Implication for clinical manifestation and treatment. PLoS One. 2018 Apr 20;13(4):e0195960. doi: 10.1371/journal.pone.0195960. PMID: 29677207; PMCID: PMC5909908.

    Ono E, Murota H, Mori Y, Yoshioka Y, Nomura Y, Munetsugu T, Yokozeki H, Katayama I.

  • 9:Assessment of antihistamines in the treatment of skin allergies. Curr Opin Allergy Clin Immunol. 2011 Oct;11(5):428-37. doi: 10.1097/ACI.0b013e32834a96e9. PMID: 21841471.

    Murota H, Katayama I.

  • 10:Sweat, the driving force behind normal skin: an emerging perspective on functional biology and regulatory mechanisms. J Dermatol Sci. 2015 Jan;77(1):3-10. doi: 10.1016/j.jdermsci.2014.08.011. Epub 2014 Sep 6. PMID: 25266651.

    Murota H, Matsui S, Ono E, Kijima A, Kikuta J, Ishii M, Katayama I.

  • 11:Increased serum CXCR2 ligand levels in livedo vasculopathy with winter ulcerations: Possible contribution of neutrophil recruitment to lesional skin. J Dermatol Sci. 2016 Apr;82(1):57-9. doi: 10.1016/j.jdermsci.2016.01.004. Epub 2016 Jan 8. PMID: 26827264.

    Yang L, Murota H, Shindo S, Yang F, Serada S, Fujimoto M, Naka T, Katayama I.

  • 12:Topical cholesterol treatment ameliorates hapten-evoked cutaneous hypersensitivity by sustaining expression of 11β-HSD1 in epidermis. Exp Dermatol. 2014 Jan;23(1):68-70. doi: 10.1111/exd.12284. PMID: 24224519.

    Murota H, Itoi S, Terao M, Matsui S, Kawai H, Satou Y, Suda K, Katayama I.

  • 13:Dynamic analysis of histamine-mediated attenuation of acetylcholine-induced sweating via GSK3β activation. J Invest Dermatol. 2014 Feb;134(2):326-334. doi: 10.1038/jid.2013.323. Epub 2013 Jul 30. PMID: 23900020.

    Matsui S, Murota H, Takahashi A, Yang L, Lee JB, Omiya K, Ohmi M, Kikuta J, Ishii M, Katayama I.

  • 14:Artemin causes hypersensitivity to warm sensation, mimicking warmth-provoked pruritus in atopic dermatitis. J Allergy Clin Immunol. 2012 Sep;130(3):671-682.e4. doi: 10.1016/j.jaci.2012.05.027. Epub 2012 Jul 4. PMID: 22770266.

    Murota H, Izumi M, Abd El-Latif MI, Nishioka M, Terao M, Tani M, Matsui S, Sano S, Katayama I.

  • 15:Impact of sedative and non-sedative antihistamines on the impaired productivity and quality of life in patients with pruritic skin diseases. Allergol Int. 2010 Dec;59(4):345-54. doi: 10.2332/allergolint.10-OA-0182. Epub 2010 Aug 25. PMID: 20864795.

    Murota H, Kitaba S, Tani M, Wataya-Kaneda M, Azukizawa H, Tanemura A, Umegaki N, Terao M, Kotobuki Y, Katayama I.

  • 16:Heat- inductible turbidity precipitates in plasma samples of livedo reticularis with summer ulceration: hypothesis for abnormal coagulation in summer. Thromb Haemost. 2005 Jul;94(1):222-3. PMID: 16116688.

    Murota H, Muroi E, Hamasaki Y, Shimizu K, Masuzawa M, Katayama I.

  • 17:Disruption of tumor necrosis factor receptor p55 impairs collagen turnover in experimentally induced sclerodermic skin fibroblasts. Arthritis Rheum. 2003 Apr;48(4):1117-25. doi: 10.1002/art.10896. PMID: 12687556.

    Murota H, Hamasaki Y, Nakashima T, Yamamoto K, Katayama I, Matsuyama T.

著書

  • 1.Evolution of Atopic Dermatitis in the 21st Century/Springer Singapore/2018

  • 2.Perspiration Research (Current Problems in Dermatology) /S Karger Ag/2016

受賞

  • 第14回ガルデルマ賞

  • 第1回高木賞

  • 大阪大学皮膚科同窓会賞

その他

  • 【テレビ出演】『美と若さの新常識~カラダのヒミツ~』 「汗の老化が美をむしばむ!」

  • 【テレビ出演】「ザ!世界仰天ニュース」 2018年5月29日

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。