地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター 精神科 医員、医療法人大坪会小石川東京病院 精神科 非常勤医師

日本精神神経学会 精神科専門医・精神科指導医 日本老年精神医学会 老年精神医学専門医・指導医 日本睡眠学会 認定専門医 日本認知症学会 会員 日本臨床精神神経薬理学会 会員 日本総合病院精神医学会 会員 日本精神科診断学会 会員

大森 佑貴 おおもり ゆうき 先生

公開日
2021/03/26

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 精神科
  • 大森先生のナルコレプシーの専門領域
    • 薬物療法
    • 精神療法
    • 心理社会的治療
  • 大森先生の認知症の専門領域
    • 薬物療法
    • 精神療法
    • 心理社会的治療
  • 【疾患名】特発性過眠症 【治療法】薬物療法、精神療法、心理社会的治療

資格・学会・役職

日本精神神経学会 精神科専門医・精神科指導医
日本老年精神医学会 老年精神医学専門医・指導医
日本睡眠学会 認定専門医
日本認知症学会 会員
日本臨床精神神経薬理学会 会員
日本総合病院精神医学会 会員
日本精神科診断学会 会員
  • 地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター 精神科 医員
  • 医療法人大坪会小石川東京病院 精神科 非常勤医師
  • 認知症サポート医 取得
  • 精神保健指定医 取得
  • 難病指定医 取得
  • 医学博士 取得

所属病院

東京都健康長寿医療センター

  • 内科 血液内科 膠原病・リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 整形・脊椎外科 皮膚科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 東京都板橋区栄町35-2
  • 東武東上線 大山 南口および北口 徒歩4分
  • 03-3964-1141
公式ウェブサイト
東京都健康長寿医療センター

小石川東京病院

  • 心療内科 精神科
  • 東京都文京区大塚4丁目45-16
  • 東京メトロ丸ノ内線 新大塚 南改札2番出口 徒歩5分 東京メトロ有楽町線 護国寺 3番出口 徒歩8分
  • 03-6912-2039
公式ウェブサイト
小石川東京病院

来歴等

略歴

2010年 秋田大学 卒業
2010年 秋田組合総合病院(現:秋田厚生医療センター) 初期臨床研修
2012年 秋田大学医学部附属病院 勤務
2013年 秋田県立リハビリテーション・精神医療センター 勤務
2016年 医療法人緑陽会 笠松病院 勤務
2018年 秋田大学大学院 医学系研究科 卒業 医学博士取得
2018年 秋田大学大学院 医学系研究科 精神科学講座 助教
2019年 東京都健康長寿医療センター 勤務

論文

  • 1. Low dose of aripiprazole advanced sleep rhythm and reduced nocturnal sleep time in the patients with delayed sleep phase syndrome: an open-labeled clinical observation. Neuropsychiatr Dis Treat. 2018 May 18;14:1281-1286. doi: 10.2147/NDT.S158865. eCollection 2018.

    Omori Y, Kanbayashi T, Sagawa Y, Imanishi A, Tsutsui K, Takahashi Y, Takeshima M, Takaki M, Nishino S, Shimizu T.

  • 2. Orexin/hypocretin levels in the cerebrospinal fluid and characteristics of patients with myotonic dystrophy type 1 with excessive daytime sleepiness. Neuropsychiatr Dis Treat. 2018 Feb 8;14:451-457. doi: 10.2147/NDT.S158651. eCollection 2018. Erratum in: Neuropsychiatr Dis Treat. 2018 May 22;14:1307.

    Omori Y, Kanbayashi T, Imanishi A, Tsutsui K, Sagawa Y, Kikuchi YS, Takeshima M, Yoshizawa K, Uemura S, Shimizu T.

  • 3. Residual effects of eszopiclone and placebo in healthy elderly subjects: a randomized double-blind study. Sleep Biol Rhythms. 2017;15(3):235-241. doi: 10.1007/s41105-017-0101-2. Epub 2017 May 19.

    Takahashi J, Kanbayashi T, Ito Uemura S, Sagawa Y, Tsutsui K, Takahashi Y, Omori Y, Imanishi A, Takeshima M, Satake M, Shimizu T.

  • 4. N-Methyl-D-aspartate receptor antibody could be a cause of catatonic symptoms in psychiatric patients: case reports and methods for detection. Neuropsychiatr Dis Treat. 2017 Feb 8;13:339-345. doi: 10.2147/NDT.S125800. eCollection 2017.

    Tsutsui K, Kanbayashi T, Takaki M, Omori Y, Imai Y, Nishino S, Tanaka K, Shimizu T.

  • 5. Clozapine-induced seizures, electroencephalography abnormalities, and clinical responses in Japanese patients with schizophrenia. Neuropsychiatr Dis Treat. 2014 Oct 15;10:1973-8. doi: 10.2147/NDT.S69784. eCollection 2014.

    Kikuchi YS, Sato W, Ataka K, Yagisawa K, Omori Y, Kanbayashi T, Shimizu T.

  • 6. Clozapine administration and the risk of drug-related pure red cell aplasia: a novel case report. J Clin Psychopharmacol. 2014 Dec;34(6):763-4. doi: 10.1097/JCP.0000000000000227. No abstract available.

    Kikuchi YS, Ataka K, Yagisawa K, Omori Y, Kanbayashi T, Shimizu T.

  • 7. Clozapine-induced cardiomyopathy: a first case in Japan. Schizophr Res. 2013 Nov;150(2-3):586-7. doi: 10.1016/j.schres.2013.08.032. Epub 2013 Sep 8. No abstract available.

    Kikuchi Y, Ataka K, Yagisawa K, Omori Y, Shimizu K, Kanbayashi T, Shimizu T.

著書

  • 1. 睡眠の診かた 睡眠障害に気づくための50症例、新興医学出版社、2019年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。