• Kv01
  • Kv02

監修:日本脊椎関節炎学会理事長 山村昌弘先生
提供:ノバルティス ファーマ株式会社

Icon info 強直性脊椎炎/X線基準を満たさない体軸性脊椎関節炎について

体軸性脊椎関節炎とは腰や背中といった体軸関節や付着部(筋肉が骨に付着している部分)などに炎症が起きる疾患群の総称で、強直性脊椎炎X線基準を満たさない体軸性脊椎関節炎に大別されます。

Icon info 早期発見・早期治療による進行抑制が大事

脊椎や四肢、股関節など、痛みが出る部位や強直する(関節が固まる)部位、また、その進行速度は人により異なります。

一度、関節が強直してからでは薬物療法では元には戻らないため、早期から進行抑制をしていくことが大事です。

原因不明の腰の痛み:単なる腰痛ではない
  • 起床時ひどい腰痛があり動くとラクになる
  • 痛みに激しい波がある
  • 夜間腰痛で目を覚ます
若年齢で発症:多くの場合30歳代まで*²
  • 強直性脊椎炎は男性に多い
  • X線基準を満たさない体軸性脊椎関節炎は女性に多い
  • 日本の推計患者数は
    強直性脊椎炎:約3,200人*¹、X線基準を満たさない体軸性脊椎関節炎:約800人*²
専門医以外による診断が困難
  • 初発から診断確定まで年単位の時間がかかることも(強直性脊椎炎では平均約9年
  • はっきりとした原因は不明
  • 専門家以外による診断は困難
早期発見・治療での進行抑制が大事
  • 一度、関節が固まる(強直する)と薬物療法では戻らない
  • 早期治療により痛みや強直の進行を遅らせることができる
  • 長く付き合う病気だが、いろいろな治療法があるので早期に治療することが重要

*1 出典:難病情報センターHP
*2 出典:日本脊椎関節炎学会『脊椎関節炎診療の手引き2020』診断と治療社, 2020年

強直性脊椎炎/X線基準を満たさない
体軸性脊椎関節炎かな?と思ったら

1
Icon check board

まずは症状を自覚する為の
症状チェック

症状をチェックする
2
Icon hospital

受診が可能な病院を
検索する

病院を検索する

Icon interview 医師インタビューコンテンツ

順天堂大学医学部 整形外科学講座 非常勤講師

井上久 先生

Icon message 監修医からのメッセージ

Img doctor01

日本脊椎関節炎学会理事長

山村昌弘 先生

この病気は早期に受診する事が重要です。痛みを緩和することができる病気なので、一人で悩まずに、専門の医師にご相談ください。