S414x320 33d7fc14 81c1 4956 b4ee 6847e5c84453

タイアップ

公開日 : 2016 年 09 月 30 日
更新日 : 2017 年 05 月 08 日

過活動膀胱と頻尿は別のもの? 過活動膀胱の定義と原因、治療に使用する薬や予防方法とは?

一般的に、「トイレが近い(頻尿)=原因は過活動膀胱」という認識が広がっていますが、トイレが近い方が必ずしも過活動膀胱というわけではありません。頻尿には、過活動膀胱のほか、様々な要因が知られています。

今回は過活動膀胱の定義と、過活動膀胱の代表的な症状のひとつである頻尿の治療方法と予防方法について泌尿器科医であるK-クリニック院長の河上哲先生に教えていただきました。

過活動膀胱(OAB)とは?

前立腺過活動膀胱とは「症候群」のこと

症状や検査・画像所見など共通の病態を示す一方、原因がわからない症状の集まりにとりあえず名前をつけて「症候群」として区別することがあります。

過活動膀胱(OAB:Over Active Bladder)というと、「トイレが近くなる病気」というイメージを持たれている方が多いです。しかし、過活動膀胱とは「症候群」です。過活動膀胱は、例えば尿意を感じてからトイレまでが我慢できないなど様々な症状の方を指します。

過活動膀胱の主な症状

過活動膀胱の主な症状として、下記が挙げられます。

・昼間頻尿 - 日中に8回以上尿意を覚えてトイレへ行く

・夜間頻尿 - 就寝中に1回以上尿意を覚えて目が覚める

・尿意切迫感 - 急に尿意を覚える

・切迫尿失禁 - 急な尿意を我慢できず失禁してしまう

過活動膀胱の症状をチェック

過活動膀胱の症状をチェックするのに、過活動膀胱症状質問票(OABSS)というシートがあります。これは頻尿や尿意切迫感など症状を点数化したものです。日常生活で心当たりのある方は、過活動膀胱の可能性がないか一度チェックされることをおすすめします。

過活動膀胱症状質問票(OABSS)
https://medicalnote.jp/contents/160201-066-BAより引用)

 

過活動膀胱は上記のように一定の基準があるため、男女によって症状が極端に異なるということはありません。

過活動膀胱(OAB)に悩む方は推定で国内810万人!?

あくまでも推定の値ですが、過活動膀胱に悩まれている方は日本国内だけでも約810万人に達すると考えられています。排尿など泌尿器に関するトラブルは、たとえ親しい人であっても相談しづらいと感じる方が多い病気です。そのため実際に泌尿器科で過活動膀胱の治療を受けているのは全体の1~2割程度にとどまり、その他の方はトラブルを抱えていても誰にも相談できず悩んでいたり、治療を受けていないと考えられています。

過活動膀胱の原因

過活動膀胱の主な症状は、頻尿や急な尿意を我慢できないです。それでは、何が過活動膀胱を引き起こす原因となっているのでしょうか。過活動膀胱は男性と女性によって原因が異なることが多いです。

前立腺の肥大(男性の場合)

前立腺は男性のみが持っている生殖器で、精液の一部を産生するはたらきがあります。この前立腺が何かしらの原因によって肥大することで、頻尿や残尿感など排尿に関連する症状が現れるようになります。

過活動膀胱に伴う頻尿は40代以降に多いのですが、前立腺肥大症も同じく40代以降に好発する病気です。男性の頻尿はこの前立腺肥大症が関係していることが多いため、排尿に関するトラブルを相談されたときは、まずこの前立腺肥大症を疑うことが多いです。

加齢 - 骨盤底の筋肉低下による(女性の場合)

女性の膀胱炎

過活動膀胱は男性よりも女性に多い病気といわれています。骨盤底の筋肉が加齢により低下し緩みやすくなることも、女性に過活動膀胱が多い原因のひとつと考えられています。

頻尿でも過活動膀胱でないケースもある

頻尿は過活動膀胱の症状のひとつですが、頻尿の方が全員、過活動膀胱というわけではありません。過活動膀胱かもしれないと思っていたが、そうではなかったというケースをいくつかご紹介します。

●一時的な体の冷えによる頻尿

スーパーマーケットで生鮮食品を取り扱っている部門は、商品の鮮度を保つため売り場を一定の温度に維持しています。この極端な冷えが寒冷刺激となって、膀胱を刺激して頻尿を引き起こすことがあります。他にも、冬場や寒冷地などの極端な冷えも寒冷刺激となります。これは過活動膀胱とはいえません。

●心理的ストレスによる頻尿

心理的ストレスが引き金となって神経性頻尿が生じることがあります。

毎日約30分電車に乗って通勤をする間に、必ず一度、電車を降りてトイレに行く患者さんがいらっしゃいました。しかし、その患者さんは会社に到着してからも頻尿が続くのかというと、決してそうではありません。会社では頻繁にトイレに立つこともなく、また自宅でも症状が現れることはないそうです。

他にも、A地点に行くときにはなんら不都合はないのに、B地点に行くときのみ頻尿に悩まされる方もいらっしゃいます。

このように、ある種の心理的ストレスが頻尿を引き起こす場合があります。この場合も過活動膀胱とはいえません。

過活動膀胱のページへ

関連記事