新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

医学におけるガイドラインの役割とは 目的や重要性、乳癌診療ガイドラインについて

医学におけるガイドラインの役割とは 目的や重要性、乳癌診療ガイドラインについて
岩田 広治 先生

愛知県がんセンター中央病院 乳腺科部長兼副院長

岩田 広治 先生

近年、医学の世界ではさまざまな分野のガイドラインが作られ、活用されています。活用される理由として、ガイドラインは科学的エビデンス(根拠・証拠)に基づいた検査や治療、予防法が記載されているからです。

今回は、愛知県がんセンター中央病院乳腺科部部長兼副院長で、2018年版の乳癌診療ガイドライン作成委員会の委員長でもある岩田広治先生に、ガイドラインが作られる目的や、乳癌診療ガイドラインの作成手順についてお話いただきました。

?を浮かべている人

医療におけるガイドラインとは、エビデンス(根拠・証拠)に基づいた、最も効果があるとされる標準的な検査、治療、予防といった事柄が記載されたものです。

ガイドラインが作られるまでの治療は、エビデンスに基づいたものではなく、経験が豊富で地位の高い医師の意見だけで治療方針が決まってしまうケースも少なくありませんでした。そのため、本当に効果があるのか、安全なのかという重要なことが曖昧なまま、治療が行われていました。しかし、ガイドラインが医療の世界に入ってきたことにより、科学的根拠に基づいた効果の高い標準的な医療を、多くの患者さんに提供できるようになりました。

ガイドラインを作成する目的としては、第一に、しっかりとしたエビデンスに基づいた治療を提示するということが挙げられます。

また、乳癌診療ガイドラインの場合、乳がんの専門医ではない方でもガイドラインを参照すれば、乳がんの診療方法がわかるように作られています。このように、専門医以外の方々でも、その疾患に対してある程度の治療方針を理解できるようにすることで、医療の均等化を図るということも、ガイドラインを作成する目的です。

ガイドラインに載っていない治療法は、安全性が確立された本当に効果のある治療法なのかという大切なことが、まだはっきりとは証明されていないものです。しかし、ガイドラインに記載されている治療法は、すでに世界中の検証データで安全性と効果が証明されている治療法です。そのため、ガイドラインに基づいた治療を行うことで、100%とはいえませんが、多くの患者さんの予後をよくすることが可能となるのです。

患者さんのなかには、「標準的な治療」というと、並みの治療であり、松竹梅のなかでは梅であると考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。しかし、私たち医師が、ガイドラインのなかで使っている標準的な治療とは、今現在できる治療法のなかで最善のものを指しています。そのため、医師が標準的な治療といっていたとしても、決して心配する必要はありません。

ピンクリボンの画像

日本の乳癌診療ガイドラインの始まりは、2002年に作成された「厚生労働省科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン作成に関する研究」でした。このガイドラインが作成されて以降、日本乳癌学会によって2年ごとに、ガイドラインの改訂作業を行っています。

現在は、2015年版のガイドラインが発売中であり、2018年版のガイドライン作成に取り組んでいる最中です(2018年版の乳がん診療ガイドラインについては記事2『患者さんと医師が治療方針を決める材料となる 2018年版乳癌診療ガイドラインの特徴とは』をご参照ください)。

2015年までの乳癌診療ガイドラインの作成手順は、大きく4つの段階に分けられ、約1年かけて作られていきます。(詳しい作成手順については日本乳癌学会乳癌診療ガイドラインのHP「http://jbcs.gr.jp/guidline/」をご参照ください)

クリニカルクエッション(CQ)とは、臨床的な疑問のことです。ガイドラインを作成する際は、まず、「薬物治療」、「外科的療法」、「放射線療法」、「疫学・予防」、「検診・画像診断」、「病理診断」の6つの分野に対して、ガイドラインに記載する重要なクリニカルクエッションを選出します。

次に、選出したクリニカルクエッションに関連するキーワードから、文献を検索していきます。できる限り漏れがでないように、網羅的な文献検索を行います。ガイドライン作成委員会の委員は、1人あたり複数のクリニカルクエッションを担当します。

検索された文献を吟味し、それを基にクリニカルクエッションの解説を作成します。

上記の流れで作成した試案を、作成した委員とは別の委員の医師が評価し、領域のメンバー全員で内容を議論したうえで修正を行い、最終版を完成させます。

岩田広治先生

乳がんの診療は、多くの場合外来診療です。そのため、外来の診療室にガイドラインを置きながら、その都度、ガイドラインをチェックし、患者さんに必要な治療方法を説明しています。

また、乳癌診療ガイドラインは、薬物療法だけでなく、外科療法、放射線療法、検査・診断・予防・疫学の範囲まで幅広く記載されています。そのため、がんを発症していない検査の段階から、さまざまな治療の場面、治療が終了した後の再発予防でもガイドラインを使えるようになっています。

医師だけでなく、乳がん治療にかかわる看護師や薬剤師の方々も使用しています。そして、自分たちが行っている治療は、しっかりとしたエビデンスに基づいたものなのかということを、ガイドラインを活用しながら確認して、日々患者さんの治療にあたっています。

日本乳癌学会では、2017年現在、2018年版の乳癌診療ガイドラインの作成を進めています。2018年版は、2015年版の作成方法とは異なる手法で、より患者さんのためになるガイドラインを目指しています。記事2『患者さんと医師が治療方針を決める材料となる 2018年版乳癌診療ガイドラインの特徴とは』では、2018年版乳癌診療ガイドラインの特徴や作成方法について詳しくご説明します。

受診について相談する
  • 愛知県がんセンター 副院長兼乳腺科部長

    岩田 広治 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「乳がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。