おおたぼはん

太田母斑

皮膚

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

太田母斑(おおたぼはん)とは、顔面、特に眼球やひたいにあらわれることの多い青あざの一種です。太田母斑は生後半年頃に現れることが多く、思春期以降に青あざが現れることもあります 。日本人を含むアジア人に多いと報告されています。

太田母斑は、メラニンと呼ばれる色素を産生するメラノサイトが増殖することが原因で発症します。太田母斑では顔面のあざ以外にも眼球の白眼に当たる部分に色素が現れることがあり、眼球メラノーシスと呼ばれます。

太田母斑は基本的には自然消失することがなく、保険適応下での治療対象です。具体的にはレーザー治療が適応になり、Qスイッチレーザー(ルビーレーザーやアレキサンドライトレーザーなど)で治療が行われます。レーザー治療の経過中一時的に色が濃くなる時期もありますが、適切なレーザー治療を繰り返すことで色素が消失することが期待できます。

原因

メラノサイトが増殖しており、メラニンの量が通常と比べて増加することから発症します。皮膚を構成する細胞を細かくみると、メラニンと呼ばれる色素を形成するメラノサイトが存在しています。

通常メラノサイトは、真皮と呼ばれる部位には存在していません。なかにはGNAQGNA11といった遺伝子異常に関連して病気が発症することがあると報告されています。また、太田母斑の発症には内分泌環境が関与していると考える研究者もいます。なお、紫外線は病変の主座である真皮に位置するメラノサイトまで届かないため、紫外線のもたらす影響は小さいと考えられています。

太田母斑は生後半年までにあらわれることが多い反面、思春期以降や成人になってから現れることもあります。通常は片側性であることが多いですが、両側性に発症する場合もあります。特に成人期以降に発症する太田母斑は、遅発性両側性太田母斑様色素斑と呼ばれ、典型的な太田母斑とは別の疾患と考えられています。

症状

太田母斑は、青あざの一種として病変がみられます。顔面のなかでも三叉神経第1枝や第2枝の支配領域に片側性に青あざがみられます。

具体的には額や目の周辺、頬などに生じ、時に眼球結膜(白眼に当たる部分です)や鼓膜、鼻の粘膜、口腔内の粘膜にもあざがみられます。特に太田母斑での白眼の色素斑を眼球メラノーシスと呼びます。太田母斑でみる色素斑の色調は薄い黒色から青みがかっています。色の色調は均一ではなく、所々青色や褐色、赤色などが点在しています。

太田母斑は生後半年頃からあらわれることがありますが、成人になってからあらわれることもあります。基本的に症状が消えることはありません。軽症の太田母斑では、目の下にクマが症状としてあらわれることがあります。また、肝斑(かんぱん)といった色素性疾患と鑑別が難しいこともあります。

検査・診断

太田母斑の診断は、皮膚の色調や分布、皮膚の盛り上がりの有無などを丁寧に確認することから診断されます。そのほか、肝斑や雀卵斑(じゃくらんはん)(そばかす)、薬剤性(テトラサイクリン系)などほかの疾患が原因で青あざを呈していることもあります。こうした疾患は治療方法が異なりますので、慎重に診断を行うことが大切です。皮膚の組織を採取し、顕微鏡的に病変を確認する皮膚生検を行うことがあります。こうした病理検査を行い、真皮にメラノサイトの増殖が確認できる場合には、太田母斑の所見といえます。

治療

太田母斑の青あざは、レーザーを用いた治療対象になります。具体的にはレーザー治療が適応になり、Qスイッチレーザー(ルビーレーザーやアレキサンドライトレーザーなど)によって治療が行われます。一回のレーザー治療では完治は難しく、レーザー治療後は一時的に色素が濃くみえる時期もあります。一回のレーザー治療の間隔を3〜4か月ほど空けながら、5回程度のレーザー治療を重ねます。

レーザー治療を行うタイミングは、一定の決まった方法はありません。思春期に入る前に早い段階で治療をすることもひとつの方法ですが、レーザー治療は痛みを伴う方法であるため全身麻酔が必要になることもあります。また、一度治療によって消えた太田母斑が、年齢を経てから再発することもあり、再治療の必要性を否定することはできません。そのため、不要な麻酔のリスクを避けたい場合や、二度手間の可能性を危惧する場合は、ある程度年齢を経てからレーザー治療を行うことになります。