新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
はくいこうけつあつ

白衣高血圧

最終更新日
2018年09月11日
Icon close
2018/09/11
掲載しました。

概要

白衣高血圧とは、日常生活における血圧は正常範囲内であるにもかかわらず、病院や診療所などにおいてのみ血圧が高くなる状況を指します。

白衣高血圧では、常に血圧が高い状態へと移行することもあります。高血圧を放置すると、全身の血管障害が生じ、さまざまな病気の発症リスクが高まります。

血圧が高い場合には、睡眠を充分に取り規則正しい生活を心がけることが大切です。状況に応じて、降圧剤などによる薬物療法が行われます。

原因

さまざまな要因がありますが、医療機関で、白衣を着た医師や看護師を見て緊張することによって血圧が高くなることから「白衣高血圧」と呼ばれます。

また、普段は正常範囲内の血圧であっても、やや高めの傾向にある方においては白衣高血圧を生じやすいです。

時間経過とともに、病院や診療所以外でも高血圧が持続するようになることがあるため、高血圧のリスク因子である喫煙やアルコールの多飲、肥満、糖尿病脂質代謝異常なども、白衣高血圧のリスク因子であるといえます。

症状

病院や診療所で血圧を測定した際に、血圧が高めに出ます。名前を呼ばれただけでも血圧が急激に上昇することがあり、ストレスをきっかけとして血圧が上がりやすい状況にあるといえます。

白衣高血圧では、血圧がやや高め、ということ以外に明らかな症状がないことも少なくありません。しかし、血圧がやや高めな状況が長期間持続し、高血圧に移行することもあります。

慢性的な高血圧によって全身の血管が障害を受けると、脳血管障害虚血性心疾患を引き起こすこともあります。

検査・診断

病院や診療所における血圧測定のみでは、白衣高血圧の全容を把握することは困難です。日中の血圧変動を正確に評価することを目的として、自宅で血圧を測定することが大切です。

また、白衣高血圧が疑われる状況では、携帯型自動血圧計と呼ばれる機械を用いることもあります。これにより、24時間を通しての血圧の変動を把握することが可能となります。

高血圧の持続による合併症や臓器障害を評価するために、尿検査などが行われることもあります。

治療

病院や診療所において血圧が高めに計測されたときには、落ち着いた状態で再度血圧を測定することが大切です。こうすることで、血圧が下がることもあります。

しかし、白衣高血圧はストレスや喫煙、飲酒習慣、糖尿病脂質代謝異常を背景として、徐々に高血圧へと進行することもあります。

そのため、睡眠を充分に取り規則正しい生活を心がけることが大切です。また、禁酒や禁煙、適度な運動なども重要です。

家庭血圧と合わせて評価し、状況に応じて、降圧剤や血糖降下剤、高脂血症薬などによる薬物療法も行われます。

「白衣高血圧」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。