クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Female genitalia
萎縮性腟炎
女性ホルモンが減少した女性に起こる外陰部・腟の不快症状です。 何らかの原因(出産、薬剤、加齢など)により、女性ホルモン(エストラジオール)が低下すると、身体的・精神的にもさまざまな症状が出...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
女性器

萎縮性腟炎いしゅくせいちつえん

その他の関連する疾患はこちら

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

女性ホルモンが減少した女性に起こる外陰部・腟の不快症状です。

何らかの原因(出産、薬剤、加齢など)により、女性ホルモン(エストラジオール)が低下すると、身体的・精神的にもさまざまな症状が出現します。その症状のひとつに萎縮性腟炎が挙げられます。

更年期以降の女性に起こりやすく、また出産後の女性や、女性ホルモンを抑える薬剤を使用している女性、両側の卵巣を摘出した女性にも起こりうる症状です。

原因

女性ホルモンの低下と腟の感染が大きな原因とされています。

もともと腟の粘膜は女性ホルモンによって、湿潤状態を保っており、腟潤滑液の分泌を促しています。女性ホルモンが減少するため、腟粘膜は萎縮し、乾燥しやすい状態となるのです。

また、腟の中には大腸と同じように腟を守るための常在菌が存在しています。女性ホルモンが低下すると、その常在菌の平衡がくずれ、腟に感染症が起こりやすくなります。

症状

腟や外陰部が萎縮し、乾燥しやすくなるため炎症が起こりやすくなり、痒みや痛みを感じるようになります。

代表的な症状としては少量の不正性器出血、腟のひりひりとした感じや性交時痛です。

腟全体も萎縮しますが、腟の入り口も萎縮するため、男性器挿入時や性交渉時のピストン運動の摩擦で性交痛が生じやすくなり、セックスレスの原因になります。

治療

デリケートゾーンの問題であるため、なかなか相談しづらく受診が遅れることもしばしばあります。外陰部・腟の痒みや痛みが中心として出現している場合には、細菌性腟症の診断・治療を行ったうえで、エストロゲンを含有した腟錠(腟内に挿入する薬剤)を使用します。

外陰部・腟の症状のみならず、それ以外の女性ホルモン欠乏状態によっておこる症状(のぼせ・発汗、不眠、全身倦怠感、気持ちの落ち込み、イライラなど)がある場合には、全身へのホルモン補充療法を検討します。

上記のような症状を認めたときには、ぜひ婦人科を受診してみましょう。

より詳しい記事を読む

萎縮性腟炎の記事を読む

萎縮性腟炎の記事にご協力いただいている医師