新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
てぃーえふしーしーそんしょう

TFCC損傷

別名
三角繊維軟骨複合体損傷,手関節捻挫
最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

TFCC損傷とは、転倒して手をついたり、バトミントンやテニスなど繰り返し手首をねじる動作をしたりして生じる手首の障害です。TFCC損傷は、「三角線維軟骨複合体損傷(Triangular Fibrocartilage Complex損傷)」の略です。また、手関節捻挫と呼称される場合もあります。

発症すると、腕をひねったり手首を小指側に曲げたりすることで、痛みを感じるようになります。治療では、サポーターを巻いたり、運動を制限したりすることで、局所の安静を保ちます。

原因

転倒して手をついたり、手首をひねったりするような動作を繰り返すことにより、手首を構成する三角線維軟骨複合体という組織が損傷を受け、TFCC損傷を発症します。

発症する状況

転倒して手をつくような外傷や、テニスやバトミントン・野球などのスポーツに関連して発症することが多いです。また、重たい中華鍋などを不適切な持ち方で使用し続けるような場合にも、TFCC損傷が引き起こされることがあります。加齢に伴って靭帯・軟骨が損傷を受けることで発症することもあります。

症状

腕をひねったり手首を小指側に曲げたりすると、手首に痛みが生じます。たとえば、ドアノブを回したり、車のキーを回したりするときに痛みが誘発されます。

特に、手首のなかでも「尺骨茎状突起」と呼ばれる小指側に当たる場所に、局所的に痛みが生じるのが特徴です。安静にしているときに痛みを感じることは、重症例以外ではあまりありません。

検査・診断

TFCC損傷では、身体診察により、痛みがどのように誘発されるかを評価します。また、より詳細に評価するために、MRI検査や関節造影検査を行うことがあります。

TFCC損傷は軟骨の損傷であるため、通常のレントゲン写真では明らかな障害を指摘することができません。ただし、「尺骨突き上げ症候群」という病気の併発が疑われる場合には、レントゲン撮影により骨の並び方の異常(尺骨が橈骨よりも長い)を確認します。

治療

保存的療法

サポーターを巻いたり、運動を制限したりすることで局所の安静を図ります。痛みが強い場合には、局所麻酔剤入りのステロイドを注射することもあります。こうした治療により、数か月で治癒します。

手術療法

保存的療法で痛みが軽減しないときには手術療法が検討されます。手術は内視鏡を使って行います。TFCC損傷の場合、損傷の部位が深い場所にあり、組織も小さいため、切開による手術よりも術野(手術を行うときの視野)がよく見えるためです。病変部位を正確に評価することが可能となるため、最終的な診断を行うことも可能です。

*細い管の先端にカメラやメスなどがついている手術用器機

「TFCC損傷」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

TFCC損傷を得意な領域としている医師