新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

JR東京総合病院 整形外科 部長

日本整形外科学会 整形外科専門医 日本交通医学会 会員

三浦 俊樹 みうら としき 先生

東京大学医学部を卒業後、数々の病院で臨床医として研鑽を重ねる。米国ニューメキシコ大学、東京大学医学部附属病院を経て、JR東京総合病院整形外科部長を務める。年間300件の手術を行なう「手外科」のエキスパート。NHK「きょうの健康」出演など、手外科専門医の立場からの情報発信を行なっている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 整形外科
  • 【疾患名】母指CM関節症【治療法】手術療法

資格・学会・役職

日本整形外科学会 整形外科専門医
日本交通医学会 会員
  • JR東京総合病院 整形外科 部長
  • 医学博士 取得
  • 日本手外科学会 認定手外科専門医/代議員
  • 日本交通医学会 評議員
  • 関東整形災害外科学会 会員

所属病院

JR東京総合病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 膠原病内科 脳神経内科 血管外科 総合診療科
  • 東京都渋谷区代々木2丁目1-3
  • 都営大江戸線「新宿駅」 A1出口 徒歩1分 JR山手線「新宿駅」 南口、甲州街道改札、新南改札 徒歩5分 JR山手線「代々木駅」 徒歩5分 小田急線「南新宿駅」 徒歩5分
  • 03-3320-2210
JR東京総合病院

医療記事

来歴等

略歴

1992年 東京大学医学部卒業
1992年 医学博士取得 東京大学医学部整形外科 入局
1993年- JR東京総合病院麻酔科研修医
1993年- 東芝林間病院
1994年- 都立墨東病院
1996年- 東大病院分院
2001年- 名戸ヶ谷病院
2003年- 米国ニューメキシコ大学整形外科・手外科
2004年- 東京大学医学部附属病院 助手
2010年- 東京大学医学部附属病院 講師
2012年- JR東京総合病院整形外科 部長
その他: 東京大学医学部非常勤講師兼任(2013年-)

論文

Kawata M, Seki K, Miura T: Tenosynovitis with psammomatous calcification arising from the volar plate of the proximal interphalangeal joint of the finger. Pathol Int :64(10):539-541, 2014

Miura T: Extension block pinning using a small external fixator for mallet finger fractures. J Hand Surg Am :38(12):2348-2352, 2013

Miyamoto H, Miura T, Morizaki Y, Uehara K, Ohe T, and Tanaka S: Comparative study on the stiffness of transverse carpal ligament between normal subjects and carpal tunnel syndrome patients. Hand Surg :18(2):209-214, 2013

Uehara K, Miura T, Morizaki Y, Miyamoto H, Ohe T, and Tanaka S: Ultrasonographic evaluation of displaced neurovascular bundle in Dupuytren disease. J Hand Surg Am: 38(1):23-8, 2013

Miyamoto H, Miura T, Morita E, Morizaki Y, Uehara K, Ohe T, and Tanaka S: Fungal arthritis of the wrist caused by Candida parapsilosis during infliximab therapy for rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol:22:903-906, 2012

Tanaka S, Miyamoto H, Morizaki Y, Uehara K, Ohe T, Miura T: Necrotizing fasciitis of an upper extremity starting as pyogenic flexor tenosynovitis with a horseshoe appearance in the hand: A case report. Jpn J of Trauma & Emerg. Med.:3:51-54, 2012

Miyamoto H, Miura T, Isayama H, Masuzaki R, Koike K, and Ohe T: Stiffness of the first annular pulley in normal and trigger fingers. J Hand Surg Am:36:1486-91, 2011

Osuka K, Miura T, Morizaki Y, Uehara K, Takamure H, and Ohe T: Significance of screw position in clinical cases of volar plating for distal radius fractures. Jpn J of Trauma & Emerg. Med.:2:13-18, 2011

Ohe T, Miura T: The impact of holding one finger in full extension or flexion on the movement of the remaining fingers in healthy volunteers. J Hand Surg Eur:36(2):165-6, 2011

Ishiyama N, Moro T, Ohe T, Miura T, Ishihara K, Konno T, Ohyama T, Yoshikawa M, Kyomoto M, Saito T, Nakamura K, and Kawaguchi H: Reduction of peritendinous adhesions by hydrogel containing biocompatible phospholipid polymer MPC for tendon repair. J Bone Joint Surg (Am) 93: 142-149, 2011

Taketomi S, Nakagawa T, Takeda H, Nakajima K, Nakayama S, Fukai A, Hirota J, Kachi Y, Kawano H, Miura T, Fukui N, Nakamura K: Anatomical placement of double femoral tunnels in anterior cruciate ligament reconstruction: anteromedial tunnel first or posterolateral tunnel first? Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 19(3):424-31, 2011

Itoh S, Miura T, Oka H, Nakagawa T, Nakamura K: Reproducibility of measurements of thumb abduction. Hand Surg: 15(1): 7-10, 2010

Ishiyama N, Moro T, Ishihara K, Ohe T, Miura T, Konno T, Ohyama T, Kimura M, Kyomoto M, Nakamura K, Kawaguchi H: The prevention of peritendinous adhesions by a phospholipid polymer hydrogel formed in situ by spontaneous intermolecular interactions. Biomaterials:31(14): 4009-16, 2010

Shinoda Y, Kawaguchi H, Higashikawa A, Hirata M, Miura T, Saito T, Nakamura K, Chung U, Ogata N: Mechanisms Underlying Catabolic and Anabolic Functions of Parathyroid Hormone on Bone by Combination of Culture Systems of Mouse Cells. J Cell Biochem;109(4):755-63, 2010

Miura T, Tokuyama N, Ohya J: Spontaneous rupture of the flexor digitorum superficialis tendon of the little finger with aplasia of the flexor digitorum profundus tendon. J Hand Surg Eur:35(3):238-9, 2010

Morizaki Y, Miura T: Unusual pattern of dislocation of the trapeziometacarpal joint with avulsion fracture of the trapezium. Hand Surg: 14(2-3): 149-152, 2009

Nakagawa T, Takeda H, Nakajima K, Nakayama S, Fukai A, Kachi Y, Kawano H, Miura T, Nakamura K: Intraoperative 3-dimensional imaging-based navigation-assisted anatomic double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction. Arthroscopy: 24(10): 1161-7, 2008

Miura T, Osuka K, Itoh S, Nakagawa T, Kawano H, Nakamura K: Early functional improvement after a modified ligament reconstruction tendon interposition arthroplasty for thumb basal joint arthritis. Hand Surg: 13(3): 153-158, 2008

Yamashita T, Kobayashi Y, Mizoguchi T, Yamaki M, Miura T, Tanaka S, Udagawa N, Takahashi N: MKK6-p38 MAPK signaling pathway enhances survival but not bone-resorbing activity of osteoclasts. Biochem Biophys Res Commun: 365(2008): 252-257, 2007

Miura T, Firoozbakhsh K, Cheema T, Moneim M, Edmunds M, Meltzer S: Dynamic Effects of Joint-Leveling Procedure on Pressure at the Distal Radioulnar Joint. J Hand Surg Am: 30(4): 711-718, 2005

Ogata T, Iijima S, Hoshikawa S, Miura T, Yamamoto S, Oda H, Nakamura K, Tanaka S: Opposing extracellular signal-regulated kinase and Akt pathways control schwann cell myelination. J Neurosci: 24(30): 6724-32, 2004

Miura T, Ohe T, Masuko T: Comparative In Vivo Kinematic Analysis of Normal and Osteoarthritic Trapeziometacarpal Joints. J Hand Surg Am: 29(2): 252-257, 2004

Seto H, Kamekura S, Miura T, Yamamoto A, Chikuda H, Ogata T, Hiraoka H, Oda H, Nakamura K, Kurosawa H, Chung UI, Kawaguchi H, Tanaka S: Distinct roles of Smad pathways and p38 pathways in cartilage-specific gene expression in synovial fibroblasts. J Clin Invest: 113(5): 718-26, 2004

Ogata N, Koshizuka Y, Miura T, Iwasaki M, Hosoi T, Shiraki M, Seichi A, Nakamura K, and Kawaguchi H: Association of polymorphisms of bone metabolism regulatory factor genes with susceptibility to and severity of ossification of the posterior longitudinal ligament of the spine. Spine: 27(16): 1765-71, 2002.

Yamamoto A, Miyazaki T, Kadono Y, Takayanagi H, Miura T, Nishina H, Katada T, Wakabayashi K, Oda H, Nakamura K, Tanaka S.: Possible involvement of IkappaB kinase 2 and MKK7 in osteoclastogenesis induced by receptor activator of nuclear factor kappaB ligand. J Bone Miner Res: 17(4): 612-21, 2002

Miura T, Tanaka S, Seichi A, Arai M, Goto T, Katagiri H, Asano T, Oda H, and Nakamura K: Partial functional recovery of paraplegic rat by adenovirus-mediated gene delivery of constitutively active MEK1. Exp Neurol: 166(1): 115-126, 2000

Arai M, Goto T, Seichi A, Miura T, Nakamura K: Comparison of spinal cord evoked potentials and peripheral nerve evoked potentials by electric stimulation of the spinal cord under acute spinal cord compression in cats. Spinal Cord: 38(7): 403-408, 2000

Miura T, Nakamura K, Tanaka H, Kawaguchi H, Takeshita K, Kurokawa T: Resection of cervical spinal neurinoma including affected nerve root: recovery of neurological deficit in 15 cases.. Acta Orthop Scand: 69(3): 280-282, 1998

Kashiyama T, Miura T, Sugawara R, Uehara K: Ultrasonographic
classification of scapholunate interosseous ligament injury associated
with distal radius fracture. J Hand Surg Am : S0363-5023(20)30320-8,2020

Miura T, Ando M, Tanaka S, Uehara K: Assessment of dorsal subluxation
in thumb carpometacarpal osteoarthritis. Journal of Hand and
Microsurgery 10(3);125-9:2018

Kojima R, Miura T, Fukatani.E: Insufficiency fractures of the distal
tibia and fibula following total hip arthroplasty: A case report. J
Orthop Case Rep 7(2);11-13:2017

Tanaka Y, Oka H, Nakayama S, Ueno T, Matsudaira K, Miura T, Tanaka K,
Tanaka S: Improvement of walking ability during postoperative
rehabilitation with the hybrid assistive limb after total knee
arthroplasty: A randomized controlled study. SAGE Open Med 5;1-6:2017

田代俊之、深谷英世、三浦俊樹、鴨川盛秀:変形性膝関節症が旅行能力に及ぼす影響:交通医学:68(3・4):31-36, 2014

石倉久年、三浦俊樹、毛利貫人、田代俊之、深谷英世、鴨川盛秀:学童期に発症した化膿性股関節炎の1例:関東整形外科学会雑誌:45(4):227-229,2014

河田学、田代俊之、毛利貫人、福田直子、深谷英世、三浦俊樹、鴨川盛秀:膝関節に発生した滑膜性軟骨腫症の2例: 関東整形災害外科学会雑誌44(2) : 52-56、2013

三浦俊樹:母指CM関節症に対するligament reconstruction tendon interposition法:整形外科最小侵襲手術ジャーナル No.67:31-37, 2013

三浦俊樹:手の変形性関節症: 診断と治療 98巻11号:1869-1875, 2010

三浦俊樹、森崎裕、伊藤祥三、大数加光治、石山典幸 : 母指CM関節症における骨関節形態変化: 日本手の外科学会雑誌 26巻2号 : 1001-1004, 2009

三浦俊樹、黒島永嗣、小林康一、下赤隆、井上秀也:対立位における母指掌側皮膚可動性の推測: 日本手の外科学会雑誌14(3):532-534、1997

三浦俊樹、鳥居俊、穴水依人、大庭浩、中道健一:第2中手骨、第2中足骨MD法にて評価した高齢女性の骨密度: 関東整形災害外科学会雑誌25(6) : 705-707、1994

三浦俊樹、佐々木哲也、森本修平、高取吉雄、飯島卓夫、織田弘美、星野雄一、黒川高秀:骨軟骨骨折後に生じたと思われる大腿骨頭骨内ガングリオンの1例: 関東整形災害外科学会雑誌25(2) : 183-186、1994

高群浩司、十字琢夫、森俊仁、関敦仁、三浦俊樹:関節リウマチに対する手関節固定術後の合併症 固定法別の問題点:日本手外科学会雑誌 第29巻 第5号 547-551、2013

大数加光治, 三浦俊樹, 石山典幸, 大江隆史, 中村耕三: 橈骨遠位端骨折手術における術中CアームCTの有用性について: 日本手の外科学会雑誌 24巻5号 : 593-596, 2008

高本康史, 三浦俊樹, 大数加光治, 田中栄, 中村耕三: 上腕骨滑車中央部に生じた無症候性離断性骨軟骨炎の1例: 関東整形災害外科学会雑誌 39巻4号 : 143-147, 2008

大堀靖夫, 緒方徹, 山本真一, 三浦俊樹, 伊藤順一, 上野高明, 星地亜都司, 田中栄, 赤居正美, 中村耕三: リハビリテーション医学2007 最近10年の動向とエビデンス 基礎医学・診断・評価 脊髄の再生: 総合リハビリテーション 35巻10号 : 999-1005, 2007

河野慎次郎, 田中栄, 石山典幸, 亀倉暁, 三浦俊樹, 織田弘美, 中村耕三: Erosive osteoarthritisの2例 : リウマチ科 35巻6号 : 608-613, 2006

平尾雄二郎, 大江隆史, 辰巳徹志, 三浦俊樹 : 重大な骨脆弱性骨折を生じた成人ダウン症者の2例 :関東整形災害外科学会雑誌 36巻5号 : 226-229, 2005

中村耕三, 三浦俊樹, 大堀靖夫, 荒居聖子, 星地亜都司, 田中栄, 緒方徹, 山本直哉, 山本真一, 中福雅人 : 脊髄再生の試みと現状 :リハビリテーション医学 42巻1号 : 45-49, 2005

五嶋孝博、新井真、星地亜都司、三浦俊樹、中村耕三:ネコにおける急性脊髄圧迫が下行性分節性脊髄誘発電位に及ぼす影響: 脊髄電気診断学別冊21(1) : 28-31、1999

穴水依人、鳥居俊、三浦俊樹、他:女性変形性膝関節症に対する足底板の装着が下肢アライメントに及ぼす影響: 関節外科 17(5) : 647-649、1998

捶井隆、黒島永嗣、小林康一、大江隆史、三浦俊樹:”Artery only”指再接着からみた組織生存のための血流量: 日本手の外科学会雑誌14(3):567-569、1997

小林康一、黒島永嗣、井上秀也、三浦俊樹、本村朋英:母指対立運動に伴う第1指間の皮膚のねじれ: 日本手の外科学会雑誌13(6):1021-1023、1997

鳥居俊、三浦亮、倉茂聡徳、大庭浩、穴水依人、三浦俊樹:Freiberg病によると思われる第2趾変形を伴った外反母趾の2例: 関東整形災害外科学会雑誌26(5) : 505-509、1995

鳥居俊、三浦俊樹、穴水依人、他:人工関節置換後の第2中足骨の骨塩量変化: 関東整形災害外科学会雑誌25(4) : 427-430、1994

小峰彩也香、上原浩介、三浦俊樹、大江隆史、田中栄、森崎裕:大菱形骨全切除によるLRTI変法後の舟状小菱形骨間関節の経時的変化. 日手会誌
36(4);496-499:2020

小峰彩也香、上原浩介、大数加光治、三浦俊樹、大江隆史、森崎裕:更年期女性における手指の変形性関節症、狭窄性屈筋腱腱鞘炎、手根管症候群とエクオール産生能の関連についての検討.
日手会誌 36(2);206-209:2019

西村健、上原浩介、三浦俊樹、大江隆史、田中栄、森崎裕:母指CM関節症における手術に至る因子の検討. 日手会誌 35(2);111-113:2018

樫山尚弘、三浦俊樹、安藤麻紀、上原浩介、森崎裕: 母指CM関節形成術後におけるMP関節過伸展変形の変化. 日手会誌 34(5);811-814:2018

田平敬彦、上原浩介、三浦俊樹、大江隆史、森崎裕: 橈骨遠位端骨折の手術までの待機期間と術後成績の検討. 日手会誌34(5);771-774:2018

樫山尚弘、上原浩介、宮本英明、三浦俊樹、大江隆史、森崎裕: 母指CM関節症における関節内ステロイド注射と手術適応との関係. 日手会誌
33(4);558-560:2017

中山修一、深谷英世、三浦俊樹、樫山尚弘、八倉巻徹、安藤麻紀、内尾明博、三宅崇文、喜多岡亮太:超高齢者の人工膝関節全置換術後に生じた大腿骨顆上骨折に対して早期離床を目的とした腫瘍用人工関節による再置換を行なった1例.日本人工関節学会誌.
47.807-808. 2017.

その他

  • 日本整形外科学会奨励賞、2001年

  • Orthopaedic Research Society(米国) New Investigator Recognition Award 2001年

  • 日本手外科学会・米国手外科学会 トラベリングフェロー 2012年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。