S200x200 309febf8 b0ac 4fa5 9be9 cf7f9b7fea78

大阪大学大学院医学系研究科教授(形成外科学)

細川 亙 先生

ストーリー記事を読む

専門分野

形成外科全般における手術治療 
各種の瘢痕・変形・顔面骨折・甲状腺眼症・直腸膣瘻・膀胱直腸瘻・唇裂口蓋裂・眼瞼下垂症・小耳症

紹介

大阪大学医学部卒業後、住友病院形成外科医長、関西労災病院形成外科部長などを歴任し、現在は大阪大学大学院医学系研究科にて形成外科学教授を務める。類型に当てはまらない疾患などの治療経験に富み、新たに開発した手術治療法を国内外に向けて多数公表している。日本形成外科学会の理事長を務めるなど、形成外科学におけるオピニオンリーダーとして活躍する一方、臨床医として常に患者さんの声に寄り添う診療にも力を注いでおり、医療者・患者さん双方からの高い信頼を得ている。
弟子の育成にも定評があり、各地の大学の形成外科に教授や診療科長を輩出している。2017年に日本人として初めて(世界でも7人目)のアメリカ形成外科学会名誉会員となった。

略歴

1979年 大阪大学医学部医学科卒業
1980年(財)住友病院形成外科 医員
1985年 香川医科大学形成外科 助手
1990年(財)住友病院形成外科 医長
1993年 関西労災病院形成外科 部長
1994年 大阪大学医学部皮膚科 講師  
1997年 大阪大学医学部皮膚科 助教授
1999年 大阪大学医学部形成外科 教授

所属学会・資格・役職など

【所属学会・役職】
以下の役職を歴任
日本形成外科学会       理事長 
日本形成外科手術手技学会   理事長 
日本マイクロサ-ジャリ-学会 副理事長
日本頭蓋顎顔面外科学会    理事 監事
日本創傷外科学会       理事
日本褥創学会         評議員
日本美容外科学会       評議員
日本抗加齢医学会       評議員
日本形成外科学会機関誌    編集委員長
Journal of Plastic Surgery and Hand Surgery Editorial Board
雑誌「形成外科」克誠堂    編集者
アメリカ形成外科学会 名誉会員

【資格】
日本形成外科学会       専門医 
日本頭蓋顎顔面外科学会   専門医
日本創傷外科学会      専門医
日本形成外科学会      皮膚腫瘍外科指導専門医
Doctor of Doctors Network  優秀専門臨床医

受賞・著書・論文など

【編集・著書】
最新医学大辞典(第3版)医歯薬出版 2005
スキンサージャリーの基本手技 克誠堂出版 2007
黒アザ治療パーフェクトガイド(PEPARS No.24)全日本病院出版会 2008
腋臭症・多汗症治療実践マニュアル 全日本病院出版会 2012
美容医療の合併症から学ぶ(形成外科58:9,10)克誠堂出版 2015
わが国の形成外科とその進歩(日医雑誌145:3)杏林舎 2016
    ほか多数
【論文】
形成外科の歴史と現況 細川亙 日医雑誌 145(3):451-453, 2016
  ほか多数

所属している医療機関

大阪大学医学部附属病院

大阪府吹田市山田丘2-15
大阪高速鉄道(大阪モノレール)国際文化公園都市線(彩都線)「阪大病院前」駅 徒歩1分
JR東海道本線(京都線)「茨木」駅 バス利用可能(近鉄バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車) 車15分

診療時間

  • 曜日
  • 診察時間
  • 08:30〜11:00
  • 08:30〜11:00
  • 08:30〜11:00
  • 08:30〜11:00
  • 08:30〜11:00
  • 面会時間

※ 8:30〜11:00 原則紹介制(予約は医療機関経由のみ) 科により異なる 臨時休診あり

細川 亙 先生の記事