久留米大学病院 副院長、久留米大学医学部 内科学講座 心臓・血管内科部門 主任教授

日本循環器学会 循環器専門医

福本 義弘 ふくもと よしひろ 先生

動脈硬化の大家であるハーバード大学Libby教授の研究室に留学。東北大学下川教授が開発した、動脈硬化性疾患の低侵襲治療「低出力体外衝撃波治療」と「超音波治療」の治験に参加。心臓・血管内科医師として多くの患者さんの診療にあたっている。久留米大学にて若手医師・医学生の教育を行いながら臨床の第一線で活躍。

基本情報

診療科

  • 循環器内科

主な領域

資格・所属学会

日本循環器学会 循環器専門医

役職など

  • 久留米大学病院 副院長
  • 久留米大学医学部 内科学講座 心臓・血管内科部門 主任教授
  • 医学博士 取得
  • 認定 内科医
  • 心臓リハビリテーション 認定医
  • 日本心臓病学会 FJCC
  • American Heart Association FAHA
  • European Society of Cardiology FESC

所属病院

久留米大学病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 福岡県久留米市旭町67
  • JR鹿児島本線(博多~八代)「久留米駅」 車5分
  • 0942-35-3311
久留米大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1991年 九州大学医学部卒業
1991年 九州大学循環器内科入局
1998年 医学博士取得
1998年 ハーバード大学ブリガムウィメンズ病院研究員
2001年 九州大学病院循環器内科勤務
2006年 東北大学病院循環器内科勤務
2011年 東北大学大学院医学系研究科循環器内科学 准教授
2013年 久留米大学医学部内科学講座心臓・血管内科部門 主任教授
2017年 久留米大学病院 副院長

論文

※2016年発表分
1.Umeki Y, Adachi H, Enomoto M, Fukami A, Nakamura S, Nohara Y, Nakao E, Sakaue A, Tsuru T, Morikawa N, Fukumoto Y. Serum albumin and cerebro-cardiovascular mortality during a 15-year study in a community-based cohort in Tanushimaru, a cohort of the Seven Countries Study. Intern Med. 2016; 55: 2917-2925.
2.Nakayoshi T, Ueno T, Sasaki K-I, Mitsutake Y, Kimura T, Fukumoto Y. Differential angioscopic findings of neointimal coverage among first-, second-, and next generation drug-eluting stents. Int J Cardiol. 2016; 223: 450-451.
3.Honda A, Tahara N, Nitta Y, Tahara A, Igata S, Bekki M, Nakamura T, Sugiyama Y, Kaida H, Kurata S, Fujimoto K, Abe T, Enomoto M, Adachi H, Narula J, Yamagishi S, Fukumoto Y. Vascular inflammation evaluated by [18F]-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography/computed tomography is associated with endothelial dysfunction. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2016; 36: 1980-1988.
4.Suzuki H, Matsumoto Y, Ota H, Sugimura K, Takahashi J, Ito K, Miyata S, Furukawa K, Arai H, Fukumoto Y, Taki Y, Shimokawa H. Hippocampus blood flow abnormality associated with depressive symptoms and cognitive impairment in patients with chronic heart failure. Circ J. 2016; 80: 1773-1780.
5.Yaoita N, Satoh K, Satoh T, Sugimura K, Tatebe S, Miyamichi-Yamamoto S, Aoki T, Miura M, Miyata S, Kawamura T, Horiuchi H, Fukumoto Y, Shimokawa H. Thrombin-activatable fibrinolysis inhibitor in chronic thromboembolic pulmonary hypertension. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2016; 36: 1293-1301.
6.Kai H, Kimura T, Fukuda K, Kakuma T, Fukumoto Y, Furukawa Y; CREDO-Kyoto Investigators. Impact of low diastolic blood pressure on risk of cardiovascular death in elderly patients with coronary artery disease after revascularization: The CREDO-Kyoto Registry Cohort-1. Circ J. 2016; 80: 1232-1241.
7.Tatebe S, Sugimura K, Aoki T, Miura M, Nochioka K, Yaoita N, Suzuki H, Sato H, Yamamoto S, Satoh K, Fukumoto Y, Shimokawa H. Multiple beneficial effects of balloon pulmonary angioplasty in patients with chronic thromboembolic pulmonary hypertension. Circ J. 2016; 80: 980-988.
8.Tadaki S, Sakata Y, Miura Y, Miyata S, Asakura M, Shimada K, Yamamoto T, Fukumoto Y, Kadokami T, Yasuda S, Miura T, Ando S, Yano M, Kitakaze M, Daida H, Shimokawa H. Prognostic impacts of metabolic syndrome in patients with chronic heart failure -A Multicenter Prospective Cohort Study-. Circ J. 2016; 80: 677-688.
9.Mitsutake Y, Ueno T, Ikeno F, Yokoyama S, Sasaki KI, Nakayoshi T, Itaya N, Chibana H, Sasaki M, Fukumoto Y. Serial changes of coronary endothelial function and arterial healing after paclitaxel-eluting stent implantation. Cardiovasc Interv Ther. 2016; 31: 21-28.
10.Nakayoshi T, Adachi H, Ohbu-Murayama K, Enomono M, Fukami A, Kumagai E, Nakamura S, Nohara Y, Nakao E, Sasaki K, Fukumoto Y. Plasma heat shock protein 27 is increased in renal dysfunction and habitual smoking in a Japanese general population Journal of Cardiology. J Cardiol. 2016; 67: 110-114.
11.Satake H, Sugimura K, Fukumoto Y, Fukuda K, Nakano M, Kondo M, Fukui S, Ogawa H, Shinozaki T, Shimokawa H. Effect of respiratory therapy on the prognosis of chronic heart failure patients complicated with sleep-disordered breathing - a pilot efficacy trial. Circ J. 2016; 80: 130-138.

著書

※2016年発表分
1.中村知久、福本義弘。XVIその他 3. 起立性低血圧 p496-498 循環器疾患最新の治療 2016-2017 監修 堀 正二 南江堂 2016年3月31日
2.永田隆信、福本義弘。第1章 C 勉強の仕方 1. 研修医の到達目標。 p39-41 循環器研修ノート シリーズ総監修・責任編集 永井良三 編集 伊藤浩、今井靖、尾崎行男、筒井裕之、廣井透雄、福本義弘 診断と治療社 2016年
3.大江征嗣、福本義弘。第4章 B 不整脈 1. 不整脈の種類と診断法。 2. 抗不整脈薬の選び方。 p258-265 循環器研修ノート シリーズ総監修・責任編集 永井良三 編集 伊藤浩、今井靖、尾崎行男、筒井裕之、廣井透雄、福本義弘 診断と治療社 2016年
4.田原宣広、田原敦子、本田亮博、新田良和、井形幸代、福本義弘。「Annual Review 2016」III. 虚血性心疾患 6. Molecular imagingによる冠動脈プラークの評価。 p119-128 編集者 小室一成・佐地 勉・坂田隆造・赤坂隆史 中外医学社 2016年

その他

  • 【受賞】American College of Cardiology/ Young Investigator Award 2002年

  • 【受賞】International Vascular Biology Meeting/ Young Investigator Award 2002年

  • 【受賞】日本循環器学会/第4回高安賞 2004年

  • 【受賞】日本内科学会/第17回内科学会奨励賞 2004年

  • 【受賞】日本心臓病学会/ Young Investigator Award 2004年

  • 【受賞】東北大学病院治験実施優良者 2010年

  • 【受賞】第8回 ふくおか「臨床医学研究賞」 2014年

  • 【受賞】第11回老年研究頴原賞 2014年

  • 【受賞】The American Journal of Cardiology/ Outstanding Reviewer Award 2015年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。