千葉大学 名誉教授、千葉大学真菌医学研究センター 呼吸器生体制御解析プロジェクト 特任教授、千葉大学医学部 呼吸器内科 非常勤講師、国際医療福祉大学医学部・大学院 特任教授

日本呼吸器学会 呼吸器専門医・呼吸器指導医 日本循環器学会 会員

巽 浩一郎 たつみ こういちろう 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 呼吸器内科
  • 肺高血圧症・慢性閉塞性肺疾患
  • 気管支喘息・間質性肺疾患・睡眠時無呼吸症候群・呼吸器疾患の漢方治療

資格・学会・役職

日本呼吸器学会 呼吸器専門医・呼吸器指導医
日本循環器学会 会員
  • 千葉大学 名誉教授
  • 千葉大学真菌医学研究センター 呼吸器生体制御解析プロジェクト 特任教授
  • 千葉大学医学部附属病院 呼吸器内科
  • 千葉大学医学部 呼吸器内科 非常勤講師
  • 国際医療福祉大学医学部・大学院 特任教授
  • 日本呼吸器学会 功労会員
  • 日本内科学会 功労会員
  • 日本肺高血圧・肺循環学会 功労会員

所属病院

千葉大学医学部附属病院

  • 内科 アレルギー・膠原病内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 千葉県千葉市中央区亥鼻1丁目8-1
  • JR中央・総武線 千葉 JR各線、千葉都市モノレールも乗り入れ  東口 京成バス 千葉大学病院、千葉大学病院経由南矢作行き 千葉大学病院下車 バス15分 JR京葉線 蘇我 内房線、外房線も乗り入れ  東口 小湊バスまたは千葉中央バス 千葉大学病院行き 大学病院下車 バス15分
  • 043-222-7171
公式ウェブサイト
千葉大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1979年 千葉大学医学部 卒業
1979年 千葉大学医学部呼吸器内科 入局
1989年 米国コロラド大学ヘルスサイエンスセンター心肺血管研究室 留学
2008年 千葉大学大学院医学研究院 呼吸器内科学 教授
2019年 千葉大学真菌医学研究センター 特任教授

論文

【論文】
巽浩一郎. COPDと喘息のオーバーラップ症候群.日本医事新報 2017;4844:40-47.
巽浩一郎. COPDの疾患概念と患者管理の変遷.日本臨牀. 2016; 74: 723-727.
巽浩一郎. 肺高血圧症. SRL 宝函. 2016;37:22-30.
巽浩一郎. 難治性喘息における吸入抗コリン薬適応. 日本医事新報. 2016;4807:50.
巽浩一郎. リンパ脈管筋腫症の治療. 日本薬事新報. 2016;4810:48.
巽浩一郎. 肺高血圧症の治療. 日本医事新報. 2016;4813:48.
巽浩一郎. 重症睡眠呼吸障害の治療. 日本医事新報. 2016;4818:50.
巽浩一郎. 成人に対する肺炎球菌ワクチンPCV13接種. 日本医事新報. 2016;4821:58.
巽浩一郎. 肺線維症の治療. 日本医事新報. 2016;4825:50.
巽浩一郎. 呼吸と循環の接点:肺高血圧症. 日本内科学会雑誌. 2015;104:1944-1952

著書

【著書】
中高年のたばこ病COPD、保健同人社、2008年
「いびき」はからだの「赤信号」、保健同人社、2009年
プライマリケアのためのCOPD診療、メディカルレビュー、2010年
呼吸器疾患 漢方治療のてびき、協和企画、2006年
(編集分担)
ガイドライン/ガイダンス COPD こう診る・こう考える、日本医事新報社、2010年
一歩先のCOPDケア さあ始めよう、患者のための集学的アプローチ、医学書院、2016年
Q&AでよくわかるCOPD 概念・診断・治療・管理まで、メジカルビュー、2016年
(監修分担)
病気がみえる 呼吸器 第二版、メディッメディア、2020年

その他

  • 【受賞】 胸部疾患学会奨励賞 1994年:女性ホルモンの呼吸調節におよぼす基礎的、臨床的研究

  • 【受賞】Pneumo Forum賞 2002年:COPDにおける急性増悪の治療IGF-1投与の治療応用への可能性

  • 【受賞】臨床呼吸生理研究会賞 2004年:COPDの発症要因とTNF-αおよびVEGF遺伝子多型

  • 【受賞】日本臨床生理学会優秀論文賞 2007年:Vascular Endothelial Growth Factor in Obstructive Sleep Apnea Syndrome

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。