国立研究開発法人理化学研究所 生命医科学研究センター 副センター長、免疫器官形成研究チーム チームリーダー、千葉大学大学院医学研究院 先端研究部門 高次機能治療学研講座(細胞分子医学) 教授、慶應義塾大学医学部 客員教授

日本分子生物学会 会員 日本癌学会 会員 日本発生生物学会 会員 日本免疫学会 会員

古関 明彦 こせき はるひこ 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 【専門分野】発生生物学、免疫学、遺伝学、細胞生物学

資格・学会・役職

日本分子生物学会 会員
日本癌学会 会員
日本発生生物学会 会員
日本免疫学会 会員
  • 国立研究開発法人理化学研究所 生命医科学研究センター 副センター長
  • 免疫器官形成研究チーム チームリーダー
  • 千葉大学大学院医学研究院 先端研究部門 高次機能治療学研講座(細胞分子医学) 教授
  • 慶應義塾大学医学部 客員教授
  • Development 編集委員(2012年2月1 日~)
  • 独立行政法人科学技術振興機構 さきがけ領域アドバイザー(2009 年 6 月 2 日~)
  • 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会
  • 日本学術振興会 書面審査員・書面評価員(2016年8月1日~2017年7月31日)

所属病院

千葉大学医学部附属病院

  • 内科 アレルギー・膠原病内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 千葉県千葉市中央区亥鼻1丁目8-1
  • JR中央・総武線 千葉 JR各線、千葉都市モノレールも乗り入れ  東口 京成バス 千葉大学病院、千葉大学病院経由南矢作行き 千葉大学病院下車 バス15分 JR京葉線 蘇我 内房線、外房線も乗り入れ  東口 小湊バスまたは千葉中央バス 千葉大学病院行き 大学病院下車 バス15分
  • 043-222-7171
公式ウェブサイト
千葉大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1980年 千葉大学医学部 入学
1986年 千葉大学医学部 卒業
1986年 千葉大学大学院医学研究科博士課程(病理系) 入学
1990年 千葉大学大学院医学研究科博士課程(病理系) 修了
1990年 千葉大学医学部附属高次機能制御研究センター(免疫機能分野) 助手
1991年 ドイツ・マックスプランク免疫生物学研究所 ヒューマンフロンティア長期研究員
1997年 千葉大学医学部附属高次機能制御研究センター(高次神経分野) 助教授
1998年 千葉大学大学院医学研究科 発生生物学教授
2001年 独立行政法人理化学研究所 免疫・アレルギー科学総合研究センター 免疫器官形成研究グループ グループディレクター(非常勤)
2004年 独立行政法人理化学研究所 免疫・アレルギー科学総合研究センター 免疫器官形成研究グループ グループディレクター
2011年 独立行政法人理化学研究所 免疫・アレルギー科学総合研究センター 副センター長
2012年 横浜市立大学大学院 生命ナノシステム科学研究科 客員教授
2012年 慶應義塾大学医学部 客員教授
2013年 独立行政法人(現・国立開発研究法人)理化学研究所 統合生命医科学研究センター 副センター長・免疫器官形成研究グループ グ ループディレクター
2018年 国立開発研究法人理化学研究所 生命医科学研究センター 副センター長・免疫器官形成研究チーム チームリーダー
2019年 千葉大学大学院医学研究院 先端研究部門 高次機能治療学研究 講座(細胞分子医学) 教授

論文

  • "Synergy between Variant PRC1 Complexes Defines Polycomb-Mediated Gene Repression." Mol Cell, 74, 1-17(2019)

    Fursova NA, Blackledge NP, Nakayama M, Ito S, Koseki Y, Farcas AM, King HW, Koseki H, Klo

  • "Variant PRC1 competes with retinoic acid-related signals to repress Meis2 in the mouse distal forelimb bud." Development 145. pii: dev166348. doi: 10.1242/dev.166348(2018)

    Yakushiji-Kaminatsui N, Kondo T, Hironaka KI, Sharif J, Endo TA, Nakayama M, Masui O, Koseki Y, Kondo K, Ohara O, Vidal M, Morishita Y, Koseki H

  • "A Family of Vertebrate-Specific Polycombs Encoded by the LCOR/LCORL Genes Balance PRC2 Subtype Activities." Mol Cell. 70, 408-421.e8.(2018)

    Conway E, Jerman E, Healy E, Ito S, Holoch D, Oliviero G, Deevy O, Glancy E, Fitzpatrick DJ, Mucha M, Watson A, Rice AM, Chammas P, Huang C, Pratt-Kelly I, Koseki Y, Nakayama M, Ishikura T, Streubel G, Wynne K, Hokamp K1, McLysaght A, Ciferri C, Di Croce L, Cagney G, Margueron R, Koseki H, Bracken AP.

  • "PCGF3/5-PRC1 initiates Polycomb recruitment in X chromosome inactivation." Science 356, 1081-1084 (2017)

    Almeida M, Pintacuda G, Masui O, Koseki Y, Gdula M, Cerase A, Brown D, Mould A, Innocent C, Nakayama M, Schermelleh L, Nesterova TB, Koseki H, Brockdorff N.

  • "EPC1/TIP60-Mediated Histone Acetylation Facilitates Spermiogenesis in Mice." Mol Cell Biol, 37: e00082-17(2017)

    Dong Y, Isono KI, Ohbo K, Endo TA, Ohara O, Maekawa M, Toyama Y, Ito C, Toshimori K, Helin K, Ogonuki N, Inoue K, Ogura A,Yamagata K, Kitabayashi I, Koseki H.

  • "PCGF6-PRC1 suppresses premature differentiation of mouse embryonic stem cells by regulating germ cell-related genes." Elife 6, pii: e21064 (2017)

    Endoh M, Endo TA, Shinga J, Hayashi K, Farcas A, Ma KW, Ito S, Sharif J, Endoh T, Onaga N, Nakayama M, Ishikura T, Masui O, Kessler BM, Suda T, Ohara O, Okuda A, Klose RJ, Koseki H.

  • "Efficient regeneration of Human Vα24+ invariant NKT cells and their anti-tumor activity in vivo." Stem Cells 34, 2852-60 (2016)

    Yamada D, Iyoda T, Vizcardo R, Shimizu K, Sato Y, Endo TA, Kitahara G, Okoshi M, Kobayashi M, Sakurai M, Ohara O, Taniguchi M, Koseki H, Fujii SI.

  • "Activation of Endogenous Retroviruses in Dnmt1-/- ESCs Involves Disruption of SETDB1-Mediated Repression by NP95 Binding to Hemimethylated DNA." Cell Stem Cell 19, 81-94 (2016)

    Sharif J, Endo TA, Nakayama M, Karimi MM, Shimada M, Katsuyama K, Goyal P, Brind’Amour J, Sun M-A, Sun Z, Ishikura T, Mizutani-Koseki Y, Ohara O, Shinkai Y, Nakanishi M, Xie H, Lorincz MC, Koseki H.

  • "RING1 proteins contribute to early proximal-distal specification of the forelimb bud by restricting Meis2 expression." Development 143, 276-85 (2016)

    Yakushiji-Kaminatsui N, Kondo T, Endo TA, Koseki Y, Kondo K, Ohara O, Vidal M, Koseki H.

  • "Variant PRC1 complex-dependent H2A ubiquitylation drives PRC2 recruitment and polycomb domain formation." Cell 157, 1445-1459 (2014)

    Blackledge NP, Farcas AM, Kondo T, King HW, McGouran JF, Hanssen LL, Ito S, Cooper S, Kondo K, Koseki Y, Ishikura T, Long HK, Sheahan TW, Brockdorff N, Kessler BM, Koseki H, Klose RJ.

その他

  • 【受賞】 2018 年 第 55 回ベルツ賞(医学・医療におけるエピジェネティクスの研究)

    医学・医療におけるエピジェネティクスの研究

  • 【受賞】2018 年 平成 30 年度産業連携貢献賞(「iPS-NKT 細胞医薬」に関する実施契約による研究成果の普及)

    「iPS-NKT 細胞医薬」に関する実施契約による研究成果の普及

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。