新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

千葉大学医学部附属病院 感染制御部・感染症内科 講師

日本内科学会 総合内科専門医・指導医 日本感染症学会 感染症専門医・指導医 日本エイズ学会 会員 日本免疫学会 会員 日本環境感染学会 会員

谷口 俊文 たにぐち としぶみ 先生

千葉大学医学部を卒業後、在沖縄米国海軍病院、ワシントン大学セントルイス校感染症科フェローを経て千葉大学医学部附属病院の感染症内科講師を務める。EBM(根拠に基づいた治療)とは何か、日々の臨床的な疑問の解決や知識のアップデートはどのように行うのかに焦点を当て、日々の診療にも尽力している。「内科診療ストロング・エビデンス」の著者としても知られている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 感染症内科
  • 一般感染症
  • HIV/AIDS
  • 移植感染症
  • 旅行医学

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医・指導医
日本感染症学会 感染症専門医・指導医
日本エイズ学会 会員
日本免疫学会 会員
日本環境感染学会 会員
  • 千葉大学医学部附属病院 感染制御部・感染症内科 講師
  • 米国感染症学会 米国感染症専門医
  • 米国内科学会 米国内科専門医
  • 国際旅行医学会 Certificate in Travel Health

所属病院

千葉大学医学部附属病院

  • 内科 アレルギー・膠原病内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 千葉県千葉市中央区亥鼻1丁目8-1
  • JR中央・総武線「千葉駅」 東口 京成バス 千葉大学病院、千葉大学病院経由南矢作行き 千葉大学病院下車 バス15分 JR京葉線「蘇我駅」 東口 小湊バスまたは千葉中央バス 千葉大学病院行き 大学病院下車 バス15分
  • 043-222-7171
千葉大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

2001年 千葉大医学部卒
2001年 武蔵野赤十字病院初期研修医
2003年 在沖縄米国海軍病院
2005年 コロンビア大学附属セントルークス・ルーズベルト病院内科レジデント(ニューヨーク)
2008年 ワシントン大セントルイス校感染症科フェロー(セントルイス、ミズーリ州)
2013年9月  千葉大学大学院医学研究院博士課程修了(医学博士)
2013年10月 千葉大学大学院医学研究院 分化制御学教室 特任助教
2014年4月  千葉大学大学院医学研究院 疾患生命医学教室 特任助教
2014年10月 千葉大学医学部附属病院 感染制御部・感染症内科 助教
2018年4月 千葉大学医学部附属病院 感染制御部・感染症内科 講師

論文

1. Yahaba M, Yamagishi K, Yamazaki S, Takayanagi S, Kawasaki Y, Taniguchi T, et al. Antibiotics for hospitalized children with community-acquired pneumonia in Japan: Analysis based on Japanese national database. J Infect Chemother. 2020 Nov;
2. Taniguchi T, Takemoto M, Kubota Y, Motegi S-I, Taniguchi A, Nakagami H, et al. Management guideline for Werner syndrome 2020. 5. Infection associated with Werner syndrome. Geriatr Gerontol Int. 2020 Nov;
3. Igari H, Yamagishi K, Yamazaki S, Yahaba M, Takayanagi S, Kawasakis Y, et al. A retrospective observational study of antibiotics treatment for sepsis using a nationwide claim database in Japan. J Infect Chemother. 2020 Nov;26(11):1111–5.
4. Yoneoka D, Tanoue Y, Kawashima T, Nomura S, Shi S, Eguchi A, et al. Large-scale epidemiological monitoring of the COVID-19 epidemic in Tokyo. The Lancet Regional Health - Western Pacific. 2020 Oct;3:100016.
5. Imaeda T, Hattori N, Abe R, Iwase S, Saito D, Koizumi K, et al. Interhospital transportation of a COVID-19 patient undergoing veno-venous extracorporeal membrane oxygenation by helicopter. Am J Emerg Med. 2020 Oct;
6. Nomura S, Yoneoka D, Shi S, Tanoue Y, Kawashima T, Eguchi A, et al. An assessment of self-reported COVID-19 related symptoms of 227,898 users of a social networking service in Japan: Has the regional risk changed after the declaration of the state of emergency? The Lancet Regional Health - Western Pacific. 2020 Aug;1:100011.
7. Ishige T, Murata S, Taniguchi T, Miyabe A, Kitamura K, Kawasaki K, et al. Highly sensitive detection of SARS-CoV-2 RNA by multiplex rRT-PCR for molecular diagnosis of COVID-19 by clinical laboratories. Clinica Chimica Acta. 2020 Aug;507:139–42.
8. Takahashi N, Abe R, Hattori N, Matsumura Y, Oshima T, Taniguchi T, et al. Clinical course of a critically ill patient with severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2). J Artif Organs. 2020 Jun;
9. Yoneoka D, Kawashima T, Tanoue Y, Nomura S, Ejima K, Shi S, et al. Early SNS-based monitoring system for the COVID-19 outbreak in Japan: a population-level observational study. J Epidemiol. 2020 May;
10. Igari H, Yamagishi K, Yamazaki S, Murata S, Yahaba M, Takayanagi S, et al. A retrospective observational study of antimicrobial treatment for non-tuberculous mycobacteria disease using a nationwide claims database in Japan. J Infect Chemother. 2020 Apr;26(4):349–52.
11. Igari H, Yamagishi K, Yamazaki S, Murata S, Yahaba M, Takayanagi S, et al. Epidemiology and treatment outcome of pneumonia: Analysis based on Japan national database. J Infect Chemother. 2020 Jan;26(1):58–62.
12. Miyachi H, Taniguchi T, Matsue H. Syphilis imitating urticarial vasculitis. CMAJ. 2019 Dec;191(50):E1384.
13. Igari H, Yamagishi K, Yamazaki S, Murata S, Yahaba M, Takayanagi S, et al. Epidemiology and treatment outcome of pneumonia: Analysis based on Japan national database. J Infect Chemother. 2019 Jul;
14. Komatsu K, Kinai E, Sakamoto M, Taniguchi T, Nakao A, Sakata T, et al. Various associations of aging and long-term HIV infection with different neurocognitive functions: detailed analysis of a Japanese nationwide multicenter study. J Neurovirol. 2019 Apr;25(2):208–20.
15. Yamazaki S, Fujiwara M, Inoue C, Watanabe M, Takayanagi S, Taniguchi T, et al. [Adverse Events after the Introduction of Quadrivalent Influenza Vaccine in Comparison with AH1pdm Vaccine (2009) in Japan]. Yakugaku Zasshi. 2019;139(3):469–74.
16. Ogasawara T, Kohashi Y, Ikari J, Taniguchi T, Tsuruoka N, Watanabe-Takano H, et al. Allergic TH2 Response Governed by B-Cell Lymphoma 6 Function in Naturally Occurring Memory Phenotype CD4+ T Cells. Front Immunol. 2018;9:750.
17. Kinai E, Komatsu K, Sakamoto M, Taniguchi T, Nakao A, Igari H, et al. Association of age and time of disease with HIV-associated neurocognitive disorders: a Japanese nationwide multicenter study. J Neurovirol. 2017 Dec;23(6):864–74.
18. Ogasawara T, Hatano M, Satake H, Ikari J, Taniguchi T, Tsuruoka N, et al. Development of chronic allergic responses by dampening Bcl6-mediated suppressor activity in memory T helper 2 cells. Proc Natl Acad Sci USA. 2017 Jan;114(5):E741–50.
19. 谷口俊文. 非感染症医にも知っておいてほしいHIVの基礎知識 : 典型的なプレゼンテーションと診断,併存疾患のマネジメント (特集 感染症(2)) – (免疫不全). Hospitalist = ホスピタリスト. 2017;5(3):477–87.
20. Taniguchi T, Shacham E, Onen NF, Grubb JR, Overton ET. Depression severity is associated with increased risk behaviors and decreased CD4 cell counts. AIDS Care. 2014 Aug;26(8):1004–12.
21. Ikari J, Inamine A, Yamamoto T, Watanabe-Takano H, Yoshida N, Fujimura L, et al. Plant homeodomain finger protein 11 promotes class switch recombination to IgE in murine activated B cells. Allergy. 2014 Feb;69(2):223–30.
22. Taniguchi T, Grubb JR, Nurutdinova D, Önen NF, Shacham E, Donovan M, et al. Efavirenz outperforms boosted atazanavir among treatment-naive HIV-1-infected persons in routine clinical care. J Int Assoc Provid AIDS Care. 2013 Apr;12(2):138–41.
23. Escota GV, Taniguchi T, Stoner BP, Onen NF. P3.240 Does the Prevalence of Sexually Transmitted Diseases Adequately Reflect Sexual Transmission of Hepatitis C in the HIV-Infected Population? Sex Transm Infect. 2013 Jan 7;89(Suppl 1):A223–4.
24. 谷口俊文. 感染症薬 カリニ肺炎治療薬. Medicina. 2012 Nov 1;49(11):460–3.
25. Shacham E, Morgan JC, Önen NF, Taniguchi T, Overton ET. Screening anxiety in the HIV clinic. AIDS Behav. 2012 Nov;16(8):2407–13.
26. Önen NF, Barrette E-P, Shacham E, Taniguchi T, Donovan M, Overton ET. A review of opioid prescribing practices and associations with repeat opioid prescriptions in a contemporary outpatient HIV clinic. Pain Pract. 2012 Jul;12(6):440–8.
27. Taniguchi T, Nurutdinova D, Grubb JR, Önen NF, Shacham E, Donovan M, et al. Transmitted drug-resistant HIV type 1 remains prevalent and impacts virologic outcomes despite genotype-guided antiretroviral therapy. AIDS Res Hum Retroviruses. 2012 Mar;28(3):259–64.

著書

1. 医師として知らなければ恥ずかしい50の臨床研究 内科医編. 東京: メディカルサイエンスインターナショナル; 2016.
2. 医師として知らなければ恥ずかしい50の臨床研究. 東京: メディカルサイエンスインターナショナル; 2015.
3. 谷口俊文. 内科診療 ストロング・エビデンス. 東京: 医学書院; 2013.
4. 岩田健太郎. 感染症999の謎. 東京: メディカル・サイエンス・インターナショナル; 2010. 355–390 p.
5. 徳田安春, 青木眞, 岸本暢将, 本村和久, 堀之内秀仁. 日常診療での薬の選び方・使い方: 日頃の疑問に答えます. 東京: 羊土社; 2009. 223–227 p.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。