新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

医療法人健康会くにもと病院 院長

日本外科学会 外科認定医・外科専門医・指導医 日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医 日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医・大腸肛門病指導医 日本消化器病学会 消化器病専門医 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

安部 達也 あべ たつや 先生

旭川医科大学医学部を卒業後、医療法人恵佑会札幌病院で消化器外科を研修し、2004年より医療法人健康会くにもと病院に診療部長として勤務。2005年に便失禁専門外来を、2011年には排便障害外来を開設し、慢性便秘症を中心とした排便障害全般の診療に注力している。2016年より同病院院長。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 肛門外科
  • 外科
  • 肛門外科全般
  • 大腸肛門機能性疾患

資格・学会・役職

日本外科学会 外科認定医・外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医
日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医・大腸肛門病指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 医療法人健康会くにもと病院 院長
  • 医学博士 取得
  • 旭川医科大学  臨床指導教授
  • 日本大腸肛門病学会 評議員

所属病院

くにもと病院

  • 内科 リハビリテーション科 胃腸内科 肛門外科
  • 北海道旭川市四条通5丁目右1号
  • JR函館本線(小樽~旭川) 旭川 JR宗谷本線・富良野線も利用可 最寄りのバス停:4条通4丁目 徒歩13分 JR函館本線(小樽~旭川) 旭川 JR宗谷本線・富良野線も利用可 車5分
  • 0166-25-2241
公式ウェブサイト
くにもと病院

医療記事

来歴等

略歴

1993年 旭川医科大学医学部卒業
1993年 医療法人恵佑会札幌病院 消化器外科医員
2004年 医療法人健康会くにもと病院 診療部長
2012年 旭川医科大学大学院卒業 医学博士取得
2016年 医療法人健康会くにもと病院 院長

論文

1) Abe T, Kunimoto M, Hachiro Y, Ebusawa Y. Injection sclerotherapy using aluminum potassium sulfate and tannic acid in the treatment of symptomatic rectocele: A prospective case series. Int J Surg. 2016; 30: 94-98.
2) Abe T, Kunimoto M, Hachiro Y, Ebisawa Y, Hishiyama H, Murakami M. Calcium polycarbophil in the management of fecal incontinence. British Journal of Medicine & Medical Research. 2016; 12: 17.
3) Abe T, Hachiro Y, Ebisawa Y, Hishiyama H, Murakami M, Kunimoto M. Efficacy of lubiprostone in chronic constipation: clinical and work productivity outcomes. Journal of Gastrointestinal and digestive system. 2014; 4: 223.doi: 10. 4172/ 2161-069X. 1000223.
4) Abe T, Hachiro Y, Ebisawa Y, Hishiyama H, Kunimoto M. Distal hemorrhoidectomy with ALTA injection: A new method for hemorrhoid surgery. International Surgery. 2014; 99: 295–298.
5) Abe T, Hachiro Y, Kunimoto M. Combined aluminum potassium sulfate and tannic asid sclerasing therapy and anal encirclent using an elastic artificial ligament for rectal prolapse. Disease of the Colon and Rectum. 2014; 57: 653–657.
6) Abe T, Hachiro Y, Ebisawa Y, Hishiyama H, Murakami M, Kunimoto M. Efficacy of itopride in the prevention of lubiprostone-induced nausea. Open Journal of Gastroenterology. 2014; 4: 305–309.
7) Abe T, Kono T, Hachiro Y, Kunimoto M, Furukawa H. Risk factors for internal anal sphincter dysfunction in Japanese adults. Open Journal of Gastroenterology. 2013; 3: 25–34.
8) Abe T, Kunimoto M, Hachiro Y, Ebisawa Y, Hishiyama H, Abe S. Open fistulectomy with sphincter fixation for anal fistula. Open Journal of Gastroenterology. 2013; 3: 223-226.
9) Abe T, Sato Y, Kunimoto M, Hachiro Y, Naito T. Effect of aging and gender on internal anal sphincter thickness. ANTI-AGING MEDICINE. 2008; 5: 46-48.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。