新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
きれぢ

切れ痔

同義語
裂肛
最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

切れ痔とは、肛門から近い部位が切れた状態を指します。固い便が肛門を通過するときに切れることが多く、排便に伴って出血や痛みを自覚するようになります。切れ痔は別名「裂肛(れっこう)」とも表現され、女性に多い病気といわれています。

切れ痔が慢性化してしまうと潰瘍(かいよう)肛門ポリープ、肛門狭窄(きょうさく)といった合併症を併発することもあります。慢性的な下痢や便秘などが原因で生じる病気であり、排便習慣を整えることが切れ痔の発症予防につながります。

切れ痔による症状は比較的はっきりしたものであるため、病状を重症化させないためにも早い段階で医療機関を受診し、病状に合わせた治療を受けることが大切といえます。

原因

切れ痔とは、排泄の際などに歯状線と肛門の間に存在する上皮が裂けてしまい、傷ついた状態を指します。口から取り入れられた食べ物が糞便として排泄される肛門から少し消化管のなかに入ると、歯状線(しじょうせん)と呼ばれる肛門と大腸の境目が存在します。

肛門上皮の傷である切れ痔は、硬い便を排泄することと関連して生じることが多いです。特に女性の場合、便秘になりやすいことと関係して発症することが多いといわれます。さらに、出産に関連して切れ痔が起こることもあります。

また便秘だけでなく、下痢が原因となって切れ痔が生じることもあります。また、クローン病と呼ばれる炎症性腸疾患では、炎症が肛門に生じることもあり、このことと関連して切れ痔が生じることもあります。

肛門上皮(皮の部分)に傷がつくことは決してまれなことではなく、多くの方が経験されることです。しかし、排便習慣の異常が持続して、慢性的に肛門上皮への障害が繰り返されると、なかなか傷が完治しません。このような状態になると、潰瘍形成を伴うようになったり肛門の出口が狭くなったり、肛門ポリープを合併する切れ痔へと発展します。

症状

硬い便などをきっかけとして排便時に切れ痔を発症すると、強い痛みを自覚します。なぜなら切れ痔が生じる部位は、痛みを感知する神経が豊富に分布しているからです。排便が終わった後もしばらく痛みが持続することもありますし、次の排便時にも痛みが再燃(治まっていた症状が再び悪化すること)することあります。

さらに、切れ痔では肛門上皮が傷つくことと関連して、排便時に出血も伴います。ただし、トイレットペーパーに血が付着する程度のことが多いです。一度切れ痔を起こすと、排便のたびに痛み・出血が生じるため、排便を我慢することがあります。そのため便秘が誘発され、次の排便時に再び切れ痔が生じるといった悪循環に陥ることもあります。

切れ痔が慢性的に経過することで、肛門潰瘍、肛門狭窄肛門ポリープなどの合併症を起こすことがあります。また、切れ痔による症状が慢性化したりし、ちょっとした排便でも出血や痛みを生じるようになります。肛門ポリープを発症すると、ポリープが体表に顔を出し触れるようになりますし、肛門周囲のかゆみを誘発するようにもなります。

検査・診断

切れ痔は、詳細な問診や局所の視診、触診などを基本として診断されます。

合併症として、肛門潰瘍、肛門ポリープなどが起こることもあるため、こうした合併症の有無を調べることもあります。さらに、出血が起こる疾患として肛門がん大腸がん大腸ポリープなどの疾患も存在するため、症状や年齢などに応じて内視鏡検査(大腸カメラ)や注腸検査なども行うことが検討されます。

治療

内科的な治療と外科的な治療に大きく分けることができます。

内科的な治療

排便習慣の異常と関連して発症することが多いため、便通のコントロールを図ることが大切です。具体的には整腸剤や軟下剤を使用したり、食物繊維に富んだ食事を心がけたりします。水分が不足すると便が硬くなるため、適度の水分摂取を行うことも大切です。肛門周囲の痛みを緩和したり、血流を改善させて傷の治りを促進したりするような塗り薬が使用されることもあります。また、肛門の緊張を和らげることを目的とした治療が行われることもあります。

外科的な治療

外科的な治療アプローチが選択される場合は、内括約筋(ないかつやくきん)(肛門を締めたりする働きをする筋肉)を切開したり、皮膚弁移動術と呼ばれる手術方法などが検討されたりします。

切れ痔の治療は、早期の段階で行うほうが合併症も少なく、治療効果も期待できるといわれています。排便時に痛みがある、出血があるなどの症状がある際には、早い段階での医療機関受診を検討することが大切です。

「切れ痔」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が14件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。