新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

裂肛(切れ痔)の原因や、20〜40代の女性に多い理由とは?~便秘や下痢が関係している~

裂肛(切れ痔)の原因や、20〜40代の女性に多い理由とは?~便秘や下痢が関係している~
草間 香 先生

金沢医科大学病院 女性総合医療センター 特定教授/女性肛門病専門外来担当

草間 香 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

肛門(こうもん)やその周辺の病気の総称)の中の1つである裂肛は、俗に“切れ痔”とも呼ばれています。これは肛門周辺の皮膚が切れた状態で、排便時や排便後に痛みがしばらく続くことがあります。また、痛みのほかに出血が見られる場合もあり、排便後拭いた紙に鮮血が付いたり、便に線状に少し付着したりする程度です。

裂肛では痛みを避けるために排便を我慢してしまうことで、さらに便が硬くなるという悪循環に陥ってしまうこともあるため、注意が必要です。では、何が原因で裂肛になってしまうのでしょうか。

主な原因は便秘です。便秘によって硬くなった便を出すために強くいきむことで、肛門周辺の皮膚が切れてしまいます。

ほかにも、便秘とは反対に下痢のように勢いよく出る便が原因になることもあります。

急性裂肛

便秘で硬い便が出たときにできる浅い裂肛です。

慢性裂肛

裂肛が繰り返される中で慢性化し、深い潰瘍(かいよう)や見張りいぼ(細菌感染や炎症が肛門周囲に及ぶと肛門の外側にできる皮膚のたるみ)、肛門ポリープを生じる裂肛です。さらに繰り返すことで普通の便も出せない状態、肛門狭窄(こうもんきょうさく)になることがあります。

そのほかに、痔核(じかく)や肛門ポリープなどの繰り返す脱出により、肛門周囲の皮膚が引っぱられて生じる裂肛や、炎症性腸疾患などの症状が原因で現れる裂肛もあります。

裂肛の原因は多岐にわたりますが、前述の通り便秘や下痢などになりやすい人に発症しやすく、特に20~40代の女性に多いといわれています。

なぜなら女性は、月経前のホルモンの作用や妊娠などで便秘になったり、職場などで便意を我慢して便秘を生じやすかったりするためです。

裂肛を予防するには、裂肛になりやすい生活習慣を見直すことが重要です。そのため、原因である便秘や下痢を繰り返さないように食事に注意をしたり、排便習慣を改善したりすることが非常に大切です。

具体的には十分な水分や適度な食物繊維を摂取することが、スムーズな排便につながります。また、便意を催したら我慢せずトイレに行くように心がけましょう。それでもうまく排便ができないときには、軟便剤や整腸剤などを服用し排便をコントロールすることも大切です。

裂肛は原因に対する対策を行うことで予防することができるとされています。そのため、原因を正しく理解し、予防法を行うことを意識してみるとよいでしょう。

ただし、排便時の出血や痛みなどの症状は、実はがんやほかの病気である可能性もゼロではありません。そのため、気になる症状がある場合は医療機関を受診することも検討しましょう。診療科には肛門内科や肛門外科が挙げられますが、近くにない場合は外科や消化器外科でも問題ないです。放置せずに医師に相談するようにしましょう。

受診について相談する
  • 金沢医科大学病院 女性総合医療センター 特定教授/女性肛門病専門外来担当

    草間 香 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    「切れ痔」に関連する病院の紹介記事

    特定の医療機関について紹介する情報が掲載されています。

    関連の医療相談が14件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「切れ痔」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。