新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
こうもんきょうさく

肛門狭窄

最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

肛門狭窄とは、さまざまな原因で肛門が狭くなり、便が出にくくなったり細い便しか出なくなったりする状態です。通常の肛門は容易に人差し指一本が入りますが、肛門狭窄が起こると、ひどい場合には鉛筆程度の細さまで狭小化してしまいます。肛門狭窄が起こると便意があるのになかなか便が出なくなるなどの症状がみられます。

原因

肛門狭窄でもっとも多い原因は裂肛切れ痔)です。裂肛が慢性化し何回も繰り返されることにより、裂けた部分の治癒過程で組織が盛り上がり瘢痕化していきます。裂肛が生じ、治るたびにこの瘢痕化が重なることで徐々に肛門が狭くなっていきます。

また慢性裂肛により肛門括約筋に炎症が及ぶと、肛門が狭い状態で固まってしまうことがあります。

別の原因として、肛門部に細菌感染が起こり膿を形成することを痔瘻といいますが、この場合に、膿の部分が肛門を全周性に取り囲むことで肛門が狭窄することがあります。

さらに、慢性的な下痢を繰り返し、肛門小窩に炎症が生じることで肛門小窩炎となり肛門狭窄の原因となることがあります。肛門小窩とは、直腸と肛門の境目の歯状線と呼ばれる部位にある小さなくぼみのことです。

また、核などの手術後に吻合部位にずれが生じることで術後肛門狭窄が生じることがあります。特に痔核に対して以前よく行われていた手術法であるホワイトヘッド手術では、術後狭窄を起こす率が比較的高く、ホワイトヘッド肛門と呼ばれています。

症状

意識がある状態では肛門の太さは人差し指程の太さがあり、麻酔がかかり肛門括約筋の緊張がとれた状態では2本の指が入るのが通常です。肛門狭窄が起こることにより便意があるのになかなか便が出ず、便が出ても小指や鉛筆ほどの太さの便しか出ません。

さらに硬い便や太い便が通過することにより裂孔が生じ、肛門狭窄が引き起こされるという悪循環が起こることになります。

検査・診断

肛門狭窄の検査では、問診や視診、直腸診を中心に診断を進めていきます。

クローン病などほかの炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうしっかん)腫瘍性病変(しょようせいびょうへん)との鑑別(見分ける)のため大腸内視鏡検査を行う場合もあります。

*クローン病とは、口腔内、小腸、大腸など、消化管のいたるところに慢性的な炎症をきたす病気です。潰瘍性大腸炎とならび、代表的な炎症性腸疾患の一つとして知られています。

治療

まずは予防が重要です。便秘による裂孔を防ぐために、緩下剤の使用やバナナや野菜などの高繊維食の摂取、定期的な運動が奨励されます。また肛門括約筋を弛緩させる軟膏が有効な場合もあります。これら保存的治療が奏功しない場合はブジーといって少しずつ肛門を広げていく方法が考慮されます。

これらの治療で改善しない場合は手術療法の適応となります。狭窄が軽度な場合は内肛門括約筋側方切開術(LSIS法)といって肛門括約筋に軽く切開を加えることで肛門を広げる方法が推奨され、外来でできる手術法になります。

狭窄が重度な場合はスライディング・スキン・グラフト法(SSG法)という方法が取られます。手術では、狭窄の原因となっている硬い瘢痕を取り除き、外側の皮膚の一部を移動することにより肛門を拡張します。通常は1週間程度の入院が必要となります 。

これらの手術により一時的に症状が改善しても、健常な人の肛門と比較すると狭いことには変わりありません。引き続き生活習慣の改善や緩下剤によるコントロールにより便秘を予防することが大切です。

「肛門狭窄」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

肛門狭窄を得意な領域としている医師