新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
じろう

痔瘻

最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

いわゆるとは、痔核(じかく)(いぼ痔のこと)、痔瘻(じろう)裂肛(れっこう)切れ痔のこと)のことを合わせて呼び、生活習慣病の側面もある良性の病気です。そのなかで痔瘻とは、肛門内の小さなくぼみから入った細菌が肛門腺の中で化膿(かのう)し、肛門の内と外がトンネル状につながって皮膚の出口から膿が出るものをいいます。痔瘻は、女性よりも男性に多い病気です。

痔核・痔瘻・裂肛といったいわゆる痔はどれも良性の病気ですが、そのなかで痔瘻は唯一、がんとの関連をもっています。長い経過で慢性の炎症を繰り返すことで、組織の悪性化がはじまるものと考えられています。10年以上の痔瘻の症状があり痛みなどの症状が変化してきた場合や、深部の痔瘻の場合などには注意が必要とされていますが、頻度としてはまれです。

原因

下痢をしていたりすると、歯状線の横にある肛門陰窩(いんか)という小さなくぼみに便が入り込みやすくなります。肛門陰窩の奥には肛門腺という線組織があり、便のなかの大腸菌などの細菌がこの肛門腺に感染して化膿します。

このように肛門周りに膿が溜まってしまった状態を肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)といいます。肛門周囲膿瘍が進行すると肛門に向かってトンネルが形成され、その穴から膿が出るようになり、痔瘻になります。過労などで抵抗力が落ちていたりすることも、感染や膿瘍の形成に関係します。

症状

肛門周囲膿瘍では、比較的急に肛門部の腫れ、痛み、発熱が起こります。「昨日下痢をしていたけれど今日になってどうもお尻が痛いな」といった様子で、比較的はっきりと症状を自覚します。溜まった膿瘍を切開排膿して膿を出すことで、症状は速やかに改善します。肛門周囲膿瘍は繰り返して痔瘻に進展する場合もあれば、1回の切開排膿で改善することもあります。

肛門周囲膿瘍のように皮膚の浅いところの膿であれば、肛門の痛みや腫れなど症状はわかりやすいことが多です。しかし、直腸周りや直腸の壁のなかなど、深いところに膿瘍ができた場合には自覚症状に乏しく発熱だけということもあります。これは直腸深部膿瘍や深部膿瘍と呼ばれ、膿が大きくなってはじめて肛門の違和感を覚えるようになるため、診断が遅れてしまうことがあります。

肛門周囲膿瘍が進展して痔瘻となると持続的に膿が出たり、時折、肛門周囲が腫れたり、押すと痛みを感じたりするといった症状が現れます。

検査・診断

視診、触診、肛門指診

痔瘻の診断では、まず視診(目で見て)、触診(触れて)、肛門指診(肛門に指を入れて診察する)を行います。なかでも指診は得られる情報が多く大切な検査です。肛門周囲膿瘍の場合、肛門指診は痛みを伴う可能性があります。

肛門鏡検査

肛門に短い筒を入れて、より詳細に観察を行います。

経肛門的超音波検査

肛門から超音波のプローブを挿入して検査します。痔瘻の部位や広がりなどを評価することができます。

CT、MRI

最近ではCT、MRIなどの画像診断による補助診断が有効だとされてきています。画像の解析能力の向上により、細かな変化もみることができ痔瘻の正確な位置やタイプを知ることができます。

治療

一回の肛門周囲膿瘍で切開排膿をして膿を出すだけで痔瘻に進展するというケースは少なく、排膿だけで治ってしまい繰り返さないのであれば、それ以上の治療(手術治療)は必要ありません。

しかし、痔瘻の状態となって肛門周囲膿瘍を繰り返す場合には、外科的治療が検討されます。活動性のある痔瘻を長年にわたって放置しておくことで、まれではありますが、痔瘻がんが発生したり、痔瘻が多発したり肛門が狭窄(きょうさく)(狭くなること)したりする場合には、治療を必要とします。

痔瘻治療の基本は外科的な手術治療です。肛門内と外がトンネルのような管(瘻管(ろうかん))でつながってしまい膿がでるのが痔瘻ですが、その位置やタイプにはさまざまなバリエーションがあります。そのため、手術の術式も多種類があり、ケースごとに術式が選択されます。以下に代表的ないくつかの手術の方法を示します。

瘻管開放術

膿の通り道である瘻管(ろうかん)を切り開いて開放する治療です。瘻管は開放されるものの、瘻管の壁の一部は残ることになります。切り開く際に、内括約筋の一部分が欠けることになるため、肛門を占める力は少し落ちることになります。しかし、後にその部分が盛り上がってきて(肉芽)、繊維組織に置き換わり(瘢痕化)、肛門管が再形成されます。

瘻管切除術

瘻管全体を切除する治療方法です。痔瘻を完治させる力は高いですが、肛門を閉める筋肉である肛門括約筋を傷つけてしまう可能性が高い術式です。痔瘻のタイプによっては、肛門括約筋を傷つけてしまうことを避けるために「瘻管くりぬき法」という方法が行われることがあります。

痔瘻結紮療法(シートン法)

膿の通り道である瘻管の中にゴムや糸を通して輪状にして縛り、ゴムが縮むことでゆっくりと時間をかけて組織を切っていく方法です。時間をかけて組織を切っていくので、同時に組織の修復も起こり、結果として肛門を閉める肛門括約筋の損傷が少なくてすみます。およそ2~3か月かけて瘻管を切っていきます。肛門括約筋損傷を少なくしながら、痔瘻をしっかりと治すという2つの面において、有効な手術方法とされます。

「痔瘻」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が13件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

痔瘻を得意な領域としている医師