新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

社会福祉法人大阪暁明館病院 名誉院長、公立大学法人奈良県立医科大学 名誉教授

日本泌尿器科学会 名誉会員・泌尿器科指導医

平尾 佳彦 ひらお よしひこ 先生

泌尿器腫瘍・尿路結石・排尿障害などの診療に幅広く携わっている。特に泌尿器科領域の内視鏡診療は長年、最新の低侵襲医療に積極的に取り組んできた。泌尿器科領域の医療の標準化を早期から手掛け、前立腺がん診療ガイドライン第2版では作成委員長として貢献した。日常臨床の課題解決には産学連携し、種々の機器を開発している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 泌尿器科
  • 前立腺疾患
  • 泌尿器腫瘍学
  • 泌尿器内視鏡学
  • 医療標準化(前立腺肥大症、前立腺癌などの診療ガイドライン作成)
  • 医工学(無拘束生体計測システムの開発など)

資格・学会・役職

日本泌尿器科学会 名誉会員・泌尿器科指導医
  • 社会福祉法人大阪暁明館病院 名誉院長
  • 公立大学法人奈良県立医科大学 名誉教授
  • 日本腎臓学会 功労会員
  • 日本癌治療学会 功労会員
  • 日本泌尿器内視鏡学会 名誉会員(元理事長)
  • 国際泌尿器科学会 (2006~2014理事、2012年年次総会副会長)
  • 日本泌尿器光力学研究会 顧問(前会長)
  • 医学博士 取得
  • 公益社団法人前立腺研究財団 専務理事
  • 尿路悪性腫瘍研究会 世話人
  • NPO法人 J-CaP研究会 理事
  • 公益社団法人大阪腎バンク 評議員/会長
  • 一般社団法人此花区医師会 監事

所属病院

大阪暁明館病院

  • 内科 血液内科 外科 神経内科 脳神経外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 総合診療科
  • 大阪府大阪市此花区西九条5丁目4-8
  • 大阪環状線「西九条駅」 JRゆめ咲線、阪神なんば線も乗り入れあり 徒歩3分
  • 06-6462-0261
大阪暁明館病院

医療記事

来歴等

略歴

1972年 奈良県立医科大学 卒業
1972年 奈良県立医科大学 助手 (泌尿器科学)
1977年 Northwestern Univ. Medical School research fellow (Pathology)
1983年 奈良県立医科大学 講師 (泌尿器科学)
1983年 奈良県立医科大学 助教授 (泌尿器科学)
1996年 奈良県立医科大学 教授 (泌尿器科学)
2012年 公立大学法人奈良県立医科大学 教授退任
2012年 公立大学法人奈良県立医科大学 名誉教授
2012年 社会福祉法人大阪暁明館病院 名誉院長

論文

  • Combined androgen blockade achieved better oncological outcome in androgen deprivation therapy for prostate cancer: Analysis of community-based multi-institutional database across Japan using propensity score matching.Onozawa M, Akaza H, Hinotsu S, Oya M, Ogawa O, Kitamura T, Suzuki K, Naito S, Namiki M, Nishimura K, Hirao Y, Tsukamoto T.Cancer Med. 2018 Oct;7(10):4893-4902.

  • Report of the Second Asian Prostate Cancer (A-CaP) Study Meeting. Kim CS, Lee JY, Chung BH, Kim WJ, Fai NC, Hakim L, Umbas R, Ong TA, Lim J, Letran JL, Chiong E, Wu TL, Lojanapiwat B, Türkeri L, Murphy DG, Gardiner RA, Moretti K, Cooperberg M, Carroll P, Mun SK, Hinotsu S, Hirao Y, Ozono S, Horie S, Onozawa M, Kitagawa Y, Kitamura T, Namiki M, Akaza H.Prostate Int. 2017 Sep;5(3):95-103.

  • The efficacy and safety of docetaxel-based chemotherapy combined with dexamethasone 1 mg daily oral administration: JMTO Pca 10-01 phase II trial. Tanaka N, Nishimura K, Okajima E, Ina K, Ogawa O, Nagata H, Akakura K, Fujimoto K, Gotoh M, Teramukai S, Hirao Y.Jpn J Clin Oncol. 2017 Mar 1;47(3):247-251.

  • Asia prostate cancer study (A-CaP Study) launch symposium. Akaza H, Hirao Y, Kim CS, Oya M, Ozono S, Ye D, Cooperberg M, Hinotsu S, Lee JY, Zhu G, Namiki M, Horie S, Chung BH, Chen CH, Fai NC, Hakim L, Chiong E, Letran J, Umbas R, Suzuki K, Nishimura K, Ong TA, Lojanapiwat B, Wu TL, Kim WJ, Murphy D, Ogawa O, Carroll P, Naito S, Tsukamoto T.Prostate Int. 2016 Sep;4(3):88-96.

  • Risk factors of PSA progression and overall survival in patients with localized and locally advanced prostate cancer treated with primary androgen deprivation therapy. Tomioka A, Tanaka N, Yoshikawa M, Miyake M, Anai S, Chihara Y, Okajima E, Hirayama A, Hirao Y, Fujimoto K.BMC Cancer. 2015 May 20;15:420.

  • Risk factors of PSA progression and overall survival in patients with localized and locally advanced prostate cancer treated with primary androgen deprivation therapy. Tomioka A, Tanaka N, Yoshikawa M, Miyake M, Anai S, Chihara Y, Okajima E, Hirayama A, Hirao Y, Fujimoto K.BMC Cancer. 2015 May 20;15:420.

  • Recent trends in the initial therapy for newly diagnosed prostate cancer in Japan. Onozawa M, Hinotsu S, Tsukamoto T, Oya M, Ogawa O, Kitamura T, Suzuki K, Naito S, Namiki M, Nishimura K, Hirao Y, Akaza H.Jpn J Clin Oncol. 2014 Oct;44(10):969-81.

  • Photodynamic diagnosis of shed prostate cancer cells in voided urine treated with 5-aminolevulinic acid.Nakai Y, Anai S, Kuwada M, Miyake M, Chihara Y, Tanaka N, Hirayama A, Yoshida K, Hirao Y, Fujimoto K.BMC Urol. 2014 Aug 3;14:59.

  • Nadir PSA level and time to nadir PSA are prognostic factors in patients with metastatic prostate cancer.Tomioka A, Tanaka N, Yoshikawa M, Miyake M, Anai S, Chihara Y, Okajima E, Hirayama A, Hirao Y, Fujimoto K.BMC Urol. 2014 Apr 29;14:33.

著書

  • よくわかって役に立つ前立腺肥大症のすべて(編) 永井書店 2009年

  • 前立腺がん診療ガイドライン2012年度版(日本泌尿器科学会作成委員長)金原出版 2012年

その他

  • 【受賞】鈴木泌尿器医学振興財団 鈴木泌尿器医学賞 2010年

  • 【受賞】厚生大臣感謝状 2010年

  • 【受賞】内視鏡医学研究振興財団 顕彰 2011年

  • 【受賞】日本泌尿器内視鏡学会 カールストルツ賞 2012年

  • 【受賞】日本泌尿器医学功労賞 2015年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。