新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

社会福祉法人 大阪暁明館病院 心臓血管病センター長

日本循環器学会 循環器専門医 日本内科学会 認定内科医・内科指導医

小松 誠 こまつ せい 先生

生活習慣病の患者さんと長くお付き合いし、その時々の流行に左右されすぎない医療を行っている。オリジナルな発想で、臨床現場にすぐに活かせるような研究により、これまで未知であった問題の本質を明らかにし、解決させるように取り組むことで知られている。研究マインドで診療を行い、新発見をしたい、若手医師の弟子入りも募集している。
1.大動脈の破綻プラークを血管内視鏡で同定する方法を児玉和久先生のグループで開発。
2.心臓CTのPlaque Mapというプラーク解析法を開発。また心臓CTで染まりをコントロールするCT Number-controlling Systemを発表。被ばく、造影剤量共に低減した低侵襲CTの方法論を開発。

基本情報

診療科

  • 循環器内科

主な領域

  • 循環器内科全般
  • 画像診断(血管内視鏡、心臓CT)

資格・所属学会

日本循環器学会 循環器専門医
日本内科学会 認定内科医・内科指導医

役職など

  • 社会福祉法人 大阪暁明館病院 心臓血管病センター長
  • 医学博士 取得
  • Fellow of American College of Cardiology FACC(特別会員)
  • Fellow of the Society of Cardiovascular Computed Tomography 会員(FSCCT)
  • 日本冠疾患学会  正会員(FJCA)
  • 日本心臓病学会 正会員(FJCC)
  • 日本高血圧学会 指導医・認定高血圧専門医・正会員(FJSH)
  • 世界心臓CT協会日本支部(SCCT Japan Reginal Committee) 事務局幹事
  • NPO日本血管映像化研究機構 監事
  • 近畿血管内視鏡研究会 代表世話人

所属病院

大阪暁明館病院

  • 内科 血液内科 外科 神経内科 脳神経外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 大阪府大阪市此花区西九条5丁目4-8
  • 大阪環状線「西九条駅」 JR桜島線(JRゆめ咲線)、阪神電鉄阪神なんば線も乗り入れあり 徒歩3分
  • 06-6462-0261
大阪暁明館病院

医療記事

来歴等

略歴

1995年 九州大学医学部卒、大阪警察病院心臓センター
1997年 理化学研究所
2001年 医学博士、大阪警察病院心臓センター
2007 - 2008年 ドイツエアランゲン大学。その後尼崎中央病院心臓血管センター長
2015年 大阪暁明館病院 心臓血管病センタ―長

論文

Komatsu S, Okazaki Y, Tateno M, Kawai J, Konno H, Kusakabe M, Yoshiki A, Muramatsu M, Held WA, Hayashizaki Y.
Methylation and downregulated expression of mac25/insulin-like growth factor binding protein-7 is associated with liver tumorigenesis in SV40T/t antigen transgenic mice, screened by restriction landmark genomic scanning for methylation (RLGS-M).
Biochem Biophys Res Commun. 2000 Jan 7;267(1):109-17.

Komatsu S, Kiyosawa H, Yoshiki A, Okazaki Y, Yoshino M, Tomaru Y, Watanabe S, Muramatsu M, Kusakabe M, Hayashizaki Y.
Identification of seven loci for static glucokinesis and dynamic glucokinesis in mice.
Mamm Genome. 2002 Jun;13(6):293-8.

Sei Komatsu, MD, PhD*, Atsushi Hirayama, MD, PhD*, FACC, Yosuke Omori, MD*, Yasunori Ueda, MD, PhD*, Isamu Mizote, MD*, Yasuo Fujisawa†, Masayoshi Kiyomoto†, Toshiaki Higashide†, and Kazuhisa Kodama, MD, PhD*, FACC: Detection of Coronary Plaque by Computed Tomography with the Novel Plaque Analysis System “Plaque Map” and Comparison with Intravascular Ultrasound and Angioscopy. Circ J 2005, 69 (1), 72-77.

Ropers U, Ropers D, Pflederer T, Anders K, Kuettner A, Stilianakis NI, Komatsu S, Kalender W, Bautz W, Daniel WG, Achenbach S. Influence of heart rate on the diagnostic accuracy of dual-source computed tomography coronary angiography. J Am Coll Cardiol. 2007 Dec 18;50(25):2393-8.

Stephan Achenbach, MD*,*, Ulrike Ropers, MD*, Axel Kuettner, MD , Katharina Anders, MD , Tobias Pflederer, MD*, Sei Komatsu, MD*, Werner Bautz, MD , Werner G. Daniel, MD*, Dieter Ropers, MD* Randomized Comparison of 64-Slice Single- and Dual-Source Computed Tomography Coronary Angiography for the Detection of Coronary Artery Disease J Am Coll Cardiol Img, 2008; 1:177-186.

Hirayama A, Saito S, Ueda Y, Takayama T, Honye J, Komatsu S, Yamaguchi O, Li Y, Yajima J, Nanto S, Takazawa K, Kodama K. Qualitative and Quantitative Changes in Coronary Plaques Associated with Atorvastatin Therapy Circ J 2009 Apr;73(4):718-25.

Kodama K, Komatsu S, Ueda Y, Takayama T, Yajima J, Nanto S, Matsuoka H, Saito S, Hirayama A. Stabilization and Regression of Coronary Plaques Treated with Pitavastatin Proven by Angioscopy and Intravascular Ultrasound- The TOGETHAR Trial Circ J 74(9), 1922-1928, 2010.

Sei Komatsu, Atsuko Imai, and Kazuhisa Kodama. MDCT May Accurately Estimate Plaque Vulnerability. Circ J 75(6),1515-21, 2011.

Komatsu S, Ohara T, Takahashi S, Takewa M, Minamiguchi H, Imai A, Kobayashi Y, Iwa N, Yutani C, Hirayama A, Kodama K. Early Detection of Vulnerable Atherosclerotic Plaque for Risk Reduction of Acute Aortic Rupture and Thromboemboli and Atheroemboli Using Non-Obstructive
Angioscopy. Circ J 79(4), 742-750, 2015.

Komatsu S, Ohara T, Takahashi S, Takewa M, Yutani C, Kodama K. Extraordinary Subintimal Bleeding After Coronary Stenting. JACC Cardiovasc Interv. 2016 Oct 24;9(20):e207-e209.

Ueda Y, Hiro T, Hirayama A, Komatsu S, Matsuoka H, Takayama T, Ishihara M, Hayashi T, Saito S, Kodama K. Effect of Ezetimibe on Stabilization and Regression of Intracoronary Plaque: The ZIPANGU Study. Circ J 2017 Oct 25;81(11):1611-1619.

Komatsu S, Yutani C, Ohara T, Takahashi S, Takewa M, Hirayama A, Kodama K. Angioscopic Evaluation of Spontaneously Ruptured Aortic Plaques. J Am Coll Cardiol. 2018 Jun 26;71(25):2893-2902.

小松 誠、高橋 覚、大原知樹、武輪光彦、平山篤志、由谷親夫、児玉和久.Acute Aortic Syndromeにおける先制診断の可能性 呼吸と循環 64(5)471-8, 2016.

小松誠、鎌田照哲、比江森裕司、高橋覚、武輪光彦、西河仙均、児玉和久 心臓CTの必要造影剤量を決める 映像情報メディカル 48(6)6-9, 2016.

児玉和久、小松誠. 血流維持型血管内視鏡による大動脈研究の展望. Angiology Frontier 15(3)1-4, 2016.

廣 高史, 小松 誠, 藤井 洋之, 高山 忠輝, 上田 恭敬, 樋口 義治, 阿部 七郎, 木村 茂樹, 角田 恒和, 佐藤 明, 松岡 宏, 川上 秀生, 池田 善彦, 朝倉 正紀, 林 宏光, 由谷 親夫, 齋藤 穎, 平山 篤志, 児玉 和久, (NPO 法人日本血管映像化研究機構大動脈内視鏡診断標準化委員会)血流維持型大動脈内視鏡診断標準化指針(NPO 法人日本血管映像化研究機構血流維持型大動脈内視鏡診断標準化委員会編 2017 年版) 心臓血管内視鏡 4(1):1-11;2018.

小松誠、由谷親夫、平山篤志、児玉和久. 再灌流時心筋障害の新たな機序…コレステロールクリスタル. Coronary Intervention 2018;14(6), 43-49.

著書

児玉和久・栗林幸夫監修 小室一成、小松 誠、平山篤志編集「即戦力 心臓CT実践ガイド」診断と治療社 2011.4.

児玉和久・栗林幸夫監修 小室一成、小松 誠、平山篤志、上田恭敬編集「心臓CTを活かした新しい冠動脈疾患戦略~こういう症例に活用する」メジカルビュー社 2010.2.

児玉和久・栗林幸夫監修 小松 誠・平山篤志、佐藤裕一・陣崎雅弘編集「Q&Aでやさしく学ぶ心臓CT」メジカルビュー社 2009.3.

児玉和久監修、栗林幸夫・平山篤志・山岸正和・小松 誠企画「心臓血管映像MOOK1-5」映像情報メディカル 2008.3.-2012.3

児玉和久監修、平山篤志編集、Stephan Achenbach協力編集 循環器疾患・インターベンションのためのMDCT 中山書店 (主要執筆)2007.3.

その他

  • 【受賞】 2018 公益財団法人大阪成人病予防医学協会 成人病医学研究助成研究会 成人病医学研究顕彰

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)特設サイト

特設サイトを見る

気になる症状をオンラインで医療チームに相談ができます

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

アプリから医療相談する
初回
無料

東京海上日動火災保険・ 東京海上日動あんしん生命のお客様 は、期間限定無料で医療相談が可能です。