埼玉県立がんセンター 胸部外科 科長兼部長

日本外科学会 外科専門医・指導医 日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医・指導医 日本呼吸器学会 呼吸器専門医 日本胸部外科学会 認定医 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医 日本呼吸器内視鏡学会 会員 日本臨床外科学会 会員

平田 知己 ひらた ともみ 先生

基本情報

診療科

  • 呼吸器外科

主な領域

  • 平田先生の肺がんに関する得意な領域
    • 胸腔鏡下肺葉切除術+縦隔リンパ節郭清
    • 胸腔鏡下区域切除
    • 胸膜肺全摘術・胸膜全切除術
    • 胸腔鏡下縦隔腫瘍切除術
    • 胸骨正中切開による縦隔腫瘍切除術
  • 悪性胸膜中皮腫

資格・所属学会

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医・指導医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本胸部外科学会 認定医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本呼吸器内視鏡学会 会員
日本臨床外科学会 会員

役職など

  • 埼玉県立がんセンター 胸部外科 科長兼部長
  • 日本肺癌学会 関東支部会 評議員
  • 日本内視鏡外科学会 評議員
  • 日本石綿・中皮腫学会 会員
  • 世界肺癌学会 会員
  • 日本呼吸器外科学会 評議員

所属病院

埼玉県立がんセンター

  • 内科 血液内科 精神科 脳神経外科 消化器外科 胸部外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 消化器内科
  • 埼玉県北足立郡伊奈町小室780
  • ニューシャトル「丸山」 徒歩15分
  • 048-722-1111
埼玉県立がんセンター

医療記事

来歴等

略歴

1988年 北里大学医学部 卒業
1988年 日本医科大学武蔵小杉病院 外科研修医
1991年 日本医科大学武蔵小杉病院 外科助手
1999年 日本医科大学大学院 入学(外科学・呼吸器外科)
2003年 日本医科大学大学院 修了・医学博士取得
2003年 日本医科大学第二外科 助手
2004年 日本医科大学多摩永山病院 呼吸器外科部長
2005年 日本医科大学第二外科 講師・日本医科大学多摩永山病院 呼吸器外科部長
2008年 カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校 リサーチフェロー
2010年 日本医科大学第二外科 講師・日本医科大学多摩永山病院 呼吸器外科部長
2016年 埼玉県立がんセンター 胸部外科 科長兼部長

論文

  • Surgical Treatment for Pulmonary Metastasis of Head and Neck Cancer: Study of 58 Cases., Ann Thorac Cardiovasc Surg., 23( 4), 2017

    Nakajima, Y., Uramoto,H., Hirata, T. et al.

  • "Wnt7A is a putative prognostic and chemosensitivity marker in human malignant pleural mesothelioma." Oncology reports.33(4), (2015).

    Hirata, T., Q. Zheng, et al.

  • "The homeobox gene EMX2 is a prognostic and predictive marker in malignant pleural mesothelioma." Lung Cancer. (2014)

    Double First Author:Giroux Leprieur, E., T. Hirata, et al.

  • "Detection of E2A-PBX1 fusion transcripts in human non-small-cell lung cancer." Journal of experimental & clinical cancer research : CR 32: 29. (2013)

    Mo, M. L., Z. Chen, T. Hirata, et al.

  • "Targeting Gli transcription activation by small molecule suppresses tumor growth." Oncogene. (2013)

    Bosco-Clement, G., F. Zhang, T. Hirata, et al.

  • "Down-Regulation of SIX3 is Associated with Clinical Outcome in Lung Adenocarcinoma." PLoS One 8(8): e71816. (2013).

    Mo, M. L., J. Okamoto, T. Hirata, et al.

  • "Downregulation of EMX2 is associated with clinical outcomes in lung adenocarcinoma patients." Clinical lung cancer 12(4): 237-244. (2011).

    Okamoto, J., J. R. Kratz, T. Hirata, et al.

  • "Surgical results of completion pneumonectomy." Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia 17(1): 24-28. (2011).

    Haraguchi, S., K. Koizumi, T. Hirata, et al.

  • "Surgical treatment of metachronous nonsmall cell lung cancer." Ann Thorac Cardiovasc Surg 16(5): 319-325. (2010)

    Haraguchi, S., K. Koizumi, T. Hirata, et al.

  • "EMX2 is epigenetically silenced and suppresses growth in human lung cancer." Oncogene 29(44): 5969-5975. (2010)

    Double First Author:Okamoto, J., T. Hirata, et al.

  • "Inhibition of activated phosphatidylinositol 3-kinase/AKT pathway in malignant pleural mesothelioma leads to G1 cell cycle arrest." Oncol Rep 24(6): 1677-1681. (2010)

    Mikami, I., F. Zhang, T. Hirata, et al.

  • "Surgical results of lung cancer associated with postobstructive pneumonia." Ann Thorac Cardiovasc Surg 15(5): 297-303.

    Haraguchi, S., K. Koizumi, T. Hirata, et al. (2009).

  • "Characteristics of multiple primary malignancies associated with lung cancer by gender." Respiration 74(2): 192-195.

    Haraguchi, S., M. Hioki, T. Hirata, et al. (2007).

  • "Hereditary factors in multiple primary malignancies associated with lung cancer." Surg Today 37(5): 375-378.

    Haraguchi, S., K. Koizumi, T. Hirata, et al. (2007).

  • "Analysis of risk factors for postpneumonectomy bronchopleural fistulas in patients with lung cancer." J Nippon Med Sch 73(6): 314-319.

    Haraguchi, S., K. Koizumi, T. Hirata, et al. (2006).

  • "Surgical treatment for lung cancer patients with poor pulmonary function." Ann Thorac Cardiovasc Surg 11(2): 87-92.

    Koizumi, K., S. Haraguchi, T. Hirata, et al. (2005).

  • "Prognostic significance of the tumor suppressor gene maspin in non-small cell lung cancer." Ann Thorac Surg 79(1): 248-253.

    Hirai, K., K. Koizumi, T. Hirata, et al. (2005).

  • "Surgical treatment of superior sulcus tumors." Surg Today 35(5): 357-363.

    Koizumi, K., S. Haraguchi, T. Hirata, et al. (2005).

  • "Postoperative respiratory complications of video-assisted thoracic surgery for lung cancer." J Nippon Med Sch 71(1): 30-34.

    Haraguchi, S., K. Koizumi, T. Hirata, et al. (2004).

  • "Surgical treatment of lung cancer with vertebral invasion." Ann Thorac Cardiovasc Surg 10(4): 229-234.

    Koizumi, K., S. Haraguchi, T. Hirata, et al. (2004).

  • "Surgical treatment of lung cancer combined with interstitial pneumonia: the effect of surgical approach on postoperative acute exacerbation." Ann Thorac Cardiovasc Surg 10(6): 340-346.

    Koizumi, K., T. Hirata, et al. (2004).

  • "Amplification, up-regulation and over-expression of C3G (CRK SH3 domain-binding guanine nucleotide-releasing factor) in non-small cell lung cancers." J Hum Genet 49(6): 290-295.

    Hirata, T., H. Nagai, et al. (2004).

  • "Lobectomy by video-assisted thoracic surgery for lung cancer patients aged 80 years or more." Ann Thorac Cardiovasc Surg 9(1): 14-21.

    Koizumi, K., S. Haraguchi, T. Hirata, et al. (2003).

  • "Video-assisted lobectomy for a lung cancer patient with chronic obstructive pulmonary disease." Jpn J Thorac Cardiovasc Surg 51(11): 569-576.

    Koizumi, K., S. Haraguchi, T. Hirata, et al. (2003).

  • "Changes in hemodynamics in patients who underwent extended mediastinal lymphadenectomy through median sternotomy for primary lung cancer." Jpn J Thorac Cardiovasc Surg 51(5): 178-185.(学位論文)

    Hirata, T., K. Koizumi, et al. (2003).

  • "Video-assisted lobectomy in elderly lung cancer patients." Jpn J Thorac Cardiovasc Surg 50(1): 15-22.

    Koizumi, K., S. Haraguchi, T. Hirata, et al. (2002).

  • "Comparison of changes in hemodynamics between unilateral and bilateral lung volume reduction for pulmonary emphysema." Ann Thorac Cardiovasc Surg 7(5): 266-272.

    Koizumi, K., S. Haraguchi, T. Hirata, et al. (2001).

著書

  • 【分担執筆】総合診療マニュアル第1版、金芳堂、2010 年 分担:気胸、467~469頁(平田知己、小泉 潔)

  • 【分担執筆】 専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ、呼吸器疾患第3版、日本医事新報社、2005年.a.分担:CASE30:繰り返す肺炎を主訴として来院した49才男性、313~319頁(平田知己) b. 分担CASE31: 労作時呼吸困難、血痰を主訴に来院した33才女性、320~328頁(平田知己)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。