新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

埼玉県立がんセンター 婦人科長兼副部長

日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医 日本癌治療学会 会員 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本産科婦人科内視鏡学会 会員 日本内視鏡外科学会 会員

堀江 弘二 ほりえ こうじ 先生

公開日
2020/07/15

婦人科系の悪性腫瘍に対し、手術(ロボット支援手術含む)、化学療法、放射線治療を症状に応じて提供している。また、婦人科系の悪性腫瘍それぞれの段階の診療において、自覚症状を最大限緩和するような治療を実施できるよう努めている。さらに、必要に応じて院内の緩和ケアチームや緩和ケア科と連携しながら、婦人科チームが共働して診療にあたっている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 婦人科
  • 堀江先生の子宮頸がんに関する得意な領域
    • 手術 ※1
    • 放射線療法 ※2
    • 化学療法 ※3
    • ※1 広汎子宮全摘、準広汎子宮全摘、単純子宮全摘、子宮頚部円錐切除術(子宮頚部上皮内腫瘍に対する腹腔鏡下単純子宮全摘術)
    • ※2 根治照射(放射線単独)、根治照射(同時化学放射線療法)←いずれも必要に応じ腔内照射を含む術後補助療法としての放射線療法
    • ※3 再発例・進行例の治療目的
  • 堀江先生の子宮体がんに関する得意な領域
    • 手術 ※1
    • 放射線療法 ※2
    • 化学療法 ※3
    • ※1 根治その他の目的の子宮体部悪性腫瘍手術(術前評価低リスク症例に対する腹腔鏡下子宮体がん手術、場合によりロボット支援子宮体がん手術)
    • ※2 主として症状緩和目的
    • ※3 主として術後補助療法または再発例・進行例の治療目的
  • 堀江先生の卵巣がんに関する得意な領域
    • 手術 ※1
    • 症状緩和(緩和ケア)治療 ※2
    • ※1 (他臓器合併切除を含む)と化学療法を組み合わせた集学的治療
    • ※2 進行例や再発例に対する症状緩和(緩和ケア)治療(併用)を含む
  • 卵管がん
  • 腹膜原発がん
  • 家族性婦人科悪性腫瘍(遺伝性乳癌卵巣癌、リンチ症候群など)

資格・学会・役職

日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医
日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
日本癌治療学会 会員
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本産科婦人科内視鏡学会 会員
日本内視鏡外科学会 会員
  • 埼玉県立がんセンター 婦人科長兼副部長
  • リンパ浮腫研修 修了
  • 緩和ケア研修 修了
  • JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ) 婦人科腫瘍施設コーディネーター

所属病院

埼玉県立がんセンター

  • 内科 血液内科 精神科 脳神経外科 消化器外科 胸部外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 消化器内科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 埼玉県北足立郡伊奈町小室780
  • ニューシャトル「丸山」 徒歩15分
  • 048-722-1111
埼玉県立がんセンター

来歴等

略歴

1996年 東京大学医学部附属病院 研修医
1997年 長野赤十字病院産婦人科 医員
1998年 関東中央病院産婦人科 医師
2002年 焼津市立総合病院産婦人科 医師
2003年 東京大学医学部大学院 生殖発達加齢医学専攻 医学博士
2003年 東京大学医学部附属病院 女性外科 医員・助手
2004年 埼玉県立がんセンター 婦人科・医員
2006年 埼玉県立がんセンター 婦人科・医長
2014年 埼玉県立がんセンター 婦人科・副部長
2019年 埼玉県立がんセンター 婦人科 科長兼部長

論文

  • Changes in the Clinicopathological Demographics of Vulvar Cancer in Japan: Increasing Oldest-Old, Stage Shifting, and Decreasing Cohort-Level Survival †.J Clin Med. 2019 Nov 29;8(12).

    Nishio S, Matsuo K, Shibata T, Yamaguchi S, Kanao H, Takehara K, Kado N, Tozawa A, Tokunaga H, Matsunaga T, Kato H, Horie K, Kikuchi A, Enomoto T, Mikami M.

  • Reduction in HPV16/18 prevalence among young women with high-grade cervical lesions following the Japanese HPV vaccination program.Cancer Sci. 2019 Dec;110(12):3811-3820

    Matsumoto K, Yaegashi N, Iwata T, Yamamoto K, Aoki Y, Okadome M, Ushijima K, Kamiura S, Takehara K, Horie K, Tasaka N, Sonoda K, Takei Y, Aoki Y, Konnai K, Katabuchi H, Nakamura K, Ishikawa M, Watari H, Yoshida H, Matsumura N, Nakai H, Shigeta S, Takahashi F, Noda K, Yoshikawa H; MINT Study Group.

  • A multi-institutional observational study on the effects of three-dimensional radiotherapy and weekly 40-mg/m2 cisplatin on postoperative uterine cervical cancer patients with high-risk prognostic factors.Int J Clin Oncol. 2019 May;24(5):575-582.

    Isohashi F, Takano T, Onuki M, Arimoto T, Kawamura N, Hara R, Kawano Y, Ota Y, Inokuchi H, Shinjo H, Saito T, Fujiwara S, Sawasaki T, Ando K, Horie K, Okamoto H, Murakami N, Hasumi Y, Kasamatsu T, Toita T.

  • 当院における腹腔鏡下子宮体癌手術例60例の検討.日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 (1884-9938)35巻Suppl.I (2019.08)

    堀江 弘二(埼玉県立がんセンター 婦人科)

  • 婦人科癌初回治療後再発例から見た治療後経過観察の期間及び要点に関する検討.日本癌治療学会誌 (0021-4671)39巻2号 (2004.09)

    堀江 弘二(東京大学医学部附属病院 女性外科)

  • Octreotide acetate administration for malignant bowel obstruction induces severe bradycardia in patients with terminal stage cancer: two case reports.J Palliat Med. 2013 Jun;16(6):596-7. doi: 10.1089/jpm.2012.0564. Epub 2013 Apr 21.

    Kubota K, Hasumi Y, Numata A, Tukazaki T, Horie K, Hashimoto K, Yokota H.

  • Application of deep learning to the classification of images from colposcopy.Oncol Lett. 2018 Mar;15(3):3518-3523. doi: 10.3892/ol.2018.7762. Epub 2018 Jan 10.

    Sato M, Horie K, Hara A, Miyamoto Y, Kurihara K, Tomio K, Yokota H.

  • UGT1A1 genotype-specific phase I and pharmacokinetic study for combination chemotherapy with irinotecan and cisplatin: a Saitama Tumor Board study. Eur J Gynaecol Oncol. 2013;34(2):120-3.

    Takano M, Goto T, Hirata J, Furuya K, Horie K, Takahashi M, Yokota H, Kino N, Kudoh K, Kikuchi Y.

  • Is a low dose of concomitant chemotherapy with extended-field radiotherapy acceptable as an efficient treatment for cervical cancer patients with metastases to the para-aortic lymph nodes? Int J Gynecol Cancer. 2011Nov;21(8):1465-71.

    Kazumoto T, Kato S, Yokota H, Hasumi Y, Kino N, Horie K, Yoshida D, MizukamiT, Saito Y.

  • 卵巣癌・卵管癌の存続・再発例に対する治療と予後に関する臨床的検討.日本癌治療学会誌 (0021-4671)45巻2号 (2010.09)

    堀江 弘二(埼玉県立がんセンター 婦人科)

  • Clinical significance of UDP-glucuronosyltransferase 1A1*6 for toxicities of combination chemotherapy with irinotecan and cisplatin in gynecologic cancers: a prospective multi-institutional study. Oncology. 2009;76(5):315-21.

    Takano M, Kato M, Yoshikawa T, Sasaki N, Hirata J, Furuya K, Takahashi M, Yokota H, Kino N, Horie K, Goto T, Fujiwara K, Ishii K, Kikuchi Y, Kita T.

  • 当科で治療した子宮体部肉腫及び癌肉腫40例の臨床病理学的検討(会議録).日本癌治療学会誌 (0021-4671)42巻2号 (2007.09)

    堀江 弘二(埼玉県立がんセンター 婦人科)

  • 「SUMO-1 conjugation to intact DNA topoisomerase Ⅰ amplifies cleavable complex formation induced by camptothecin」.Oncogene. 2002. Nov. 14.2 (54) 7913-22

    Horie K, Tomida A, et. all.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。