新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

埼玉県立がんセンター 泌尿器科/副病院長

日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医 日本癌治療学会 会員 日本泌尿器内視鏡学会 会員 日本泌尿器腫瘍学会 会員 日本ロボット外科学会 会員

影山 幸雄 かげやま ゆきお 先生

公開日
2020/08/12

ロボット支援手術を軸に、患者さんの状況、要望に合わせた様々な低侵襲手術・臓器温存療法を提供

ロボット支援手術、腹腔鏡手術、ミニマム創手術等、様々な悪性腫瘍手術を実施。手術以外にも、強度変調放射線治療(IMRT)や密封小線源永久挿入治療(ブラキセラピー)、化学放射線治療、免疫チェックポイント阻害剤による治療を駆使する。進行精巣癌に対する抗癌剤治療では根治を目指した治療の実施により、患者さんの社会復帰を支援している。 埼玉県のがん診療をリードする都道府県がん診療連携拠点病院として、さまざまなニーズに応えるべく幅広い診療体制を整えている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 泌尿器科
  • 影山先生の前立腺がんに関する得意な領域
    • ロボット支援前立腺全摘手術
    • ミニマム創膀胱全摘手術
    • 強度変調放射線治療(IMRT)
    • 進行がんに対するホルモン治療・抗がん剤治療
  • 影山先生の膀胱がんに関する得意な領域
    • 筋層浸潤膀胱がんに対するロボット支援膀胱全摘手術(体腔内尿路変更)
    • ミニマム創膀胱全摘手術
    • 膀胱温存治療(化学放射線治療)
  • 影山先生の腎臓がんに関する得意な領域
    • 早期がんに対するロボット支援腎部分切除術
    • 腹腔鏡下根治腎摘術
    • ミニマム創根治腎摘術(進行がんに対する)
  • 腎盂尿管がんに対する腹腔鏡下腎尿管全摘術、ミニマム創腎尿管全摘術
  • 精巣がんに対する抗がん剤治療、射精機能温存後腹膜リンパ節郭清術

資格・学会・役職

日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医
日本癌治療学会 会員
日本泌尿器内視鏡学会 会員
日本泌尿器腫瘍学会 会員
日本ロボット外科学会 会員
  • 埼玉県立がんセンター 泌尿器科/副病院長
  • 日本泌尿器科学会 評議委員
  • アメリカ泌尿器科学会 会員

所属病院

埼玉県立がんセンター

  • 内科 血液内科 精神科 脳神経外科 消化器外科 胸部外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 消化器内科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 埼玉県北足立郡伊奈町小室780
  • ニューシャトル「丸山」 徒歩15分
  • 048-722-1111
埼玉県立がんセンター

来歴等

略歴

1979年 東京学芸大学付属高等学校 卒業
1985年 東京医科歯科大学医学部 卒業
1985年 東京医科歯科大学医学部附属病院泌尿器科 医員
1986年 春日部市立病院泌尿器科 医員
1988年 埼玉医科大学泌尿器科学教室 助手
1991年 東京医科歯科大学医学部附属病院泌尿器科 医員
1993年 東京医科歯科大学医学部附属病院泌尿器科 助手
2000年 東京医科歯科大学大学院尿路生殖機能学講座(泌尿器科) 助教授
2002年 National Cancer Institute(米国国立癌研究所) 客員研究員(文部科学省在外研究員) (2002年~2003年)
2004年 東京医科歯科大学大学院泌尿器科学講座 助教授
2006年 埼玉県立がんセンター泌尿器科 副部長
2008年 埼玉県立がんセンター泌尿器科 部長
2015年 埼玉県立がんセンター 副病院長

論文

  • HSP60 may Predict Good Pathological Response to Neoadjuvant Chemoradiotherapy in Bladder Cancer. Jpn J Clin Oncol. 2007, 37:56-81.

    Urushibara M, Kageyama Y, Akashi T, Otsuka Y, Takizawa T, Koike M, Kihara K.

  • Effects of steroidal and non-steroidal antiandrogens on wild-type and mutant androgen recepters. Prostate 2007, 67:799-807.

    Urushibara M, Ishioka J, Hyochi N, Kihara K, Hara S, Singh P, Isaacs JT, Kageyama Y.

  • Incorporation of TIP(paclitaxel, ifosphamide, cisplatin) into first line therapy for intermediate to poor risk testicular germ cell tumors with unfavorable marker decline after initial two cycles chemotherapy: a report of three cases.Int J Urol 2007, 14:455-457

    Ishioka J, Kageyama Y, Ichiyanagi N, Fukuda H, Higashi Y.

  • Cardiovascular events in survivors of high-dose chemotherapy for germ cell tumors. Int J Urol. 2008 Jul;15(7):642-5

    Ishioka J, Fujii Y, Kageyama Y, Fukuda H, Higashi Y, Kihara K.

  • Prognostic model for predicting survival after palliative urinary diversion in ureteral obstruction: Analysis of 140 cases. J Urol. 2008 Aug;180(2):618-21

    Ishioka J, Kageyama Y, Inoue M, Higashi Y, Kihara K.

  • Clinical Outcome of chemoradiotherapy for T1G3 bladder cancer. Int J Urol. 2008 Jul;15(8):747-750

    Inoue M, Ishioka J, Fukuda H, Kageyama Y, Saito Y, Higashi Y.

  • Rational design of novel antiandrogens for neutralizing androgen receptor function in hormone refractory prostate cancer.Prostate. 2008 Oct 1;68(14):1570-81.

    Singh P, Hallur G, Anchoori RK, Bakare O, Kageyama Y, Khan SR, Isaacs JT.

  • Suppression of mutant androgen receptors by flutamide Int J Urol. 2009 May;16(5):516-21

    Ishioka J, Hara S, Isaacs JT, Tomura A, Nishikawa K, Kageyama Y

  • Development of a novel interferon-α2b gene construct with a repetitive hypoxia-inducible factor binding site and its suppressive effects on human renal cell carcinoma cell lines in vitro.Int J Clin Oncol. 2013 Jun 6. [Epub ahead of print]

    Fukui N, Kageyama Y, Higashi Y,Kihara K, Kizaka-Kondoh S, Hiraoka M, Shinojima T, Suzuki K, Oya M.

  • Novel image monitoring system using a head-mounted display for assistants in da Vinci surgery. Int J Urol. 2015 May;22(5):520-1. doi: 10.1111/iju.12735. Epub 2015 Mar 17.

    Yoshida S, Fukui N, Saito K, Fujii Y, Kageyama Y, Kihara K.

  • The processus vaginalis transection method is superior to the simple prophylactic procedure for prevention of inguinal hernia after radical prostatectomy. Int J Clin Oncol. 2015 Aug 6.

    Kanda T, Fukuda S, Kohno Y, Fukui N, Kageyama Y.

  • Ureteral Involvement Is Associated with Poor Prognosis in Upper Urinary Tract Urothelial Carcinoma Patients Treated by Nephroureterectomy: A Multicenter Database Study.Eur Urol Focus. 2016 Aug;2(3):296-302. doi: 10.1016/j.euf.2015.10.008. Epub 2015 Nov 26.

    Waseda Y, Saito K, Ishioka J, Matsuoka Y, Numao N, Fujii Y, Sakai Y, Koga F, Okuno T, Arisawa C, Kamata S, Nagahama K, Masuda H, Yonese J, Kageyama Y, Noro A, Tsujii T, Morimoto S, Gotoh S, Kihara K.

  • Malignant melanoma of the male urethra with increased 5-Scysteinyldopa:A case report. IJU Case Reports (2019) doi: 10.1002/iju5.12086

    Aoki Y,Soma T,Nakamura Y,Fukui N,Sakai Y,KageyamaY

著書

  • 解剖を実践に生かす―図解泌尿器科手術、影山幸雄、医学書院、 2010年

  • 解剖を実践に生かす―図解前立腺全摘術、影山幸雄、医学書院 、2013年

その他

  • 【受賞】2010年 鈴木泌尿器科研究財団助成

  • 【受賞】2008年 日本泌尿器科学会総会賞

  • 【受賞】2008年 外科系連合学会会長賞

  • 【受賞】2009年 日本癌治療学会優秀演題賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。