新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国際医療福祉大学医学部 血液内科学 主任教授、国際医療福祉大学成田病院 血液内科 部長

日本血液学会 血液専門医・血液指導医 日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医 日本造血細胞移植学会 造血細胞移植認定医 日本輸血・細胞治療学会 日本輸血・細胞治療学会認定医 日本臨床腫瘍学会 会員 日本癌学会 会員 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

中世古 知昭 なかせこ ちあき 先生

公開日
2020/06/26

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 血液内科
  • 中世古先生の白血病に関する得意な領域
    • 化学療法
    • チロシンキナーゼ阻害剤
  • 中世古先生の多発性骨髄腫に関する得意な領域
    • 新規薬剤を用いた多発性骨髄腫の治療
  • 中世古先生の悪性リンパ腫に関する得意な領域
    • 化学療法
  • 血液内科全般
  • 造血幹細胞移植
  • 【疾患】骨髄増殖性疾患【治療法】同種及び自家造血幹細胞移植、抗体薬によるがん免疫療法

資格・学会・役職

日本血液学会 血液専門医・血液指導医
日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医
日本造血細胞移植学会 造血細胞移植認定医
日本輸血・細胞治療学会 日本輸血・細胞治療学会認定医
日本臨床腫瘍学会 会員
日本癌学会 会員
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 国際医療福祉大学医学部 血液内科学 主任教授
  • 国際医療福祉大学成田病院 血液内科 部長
  • 日本血液学会 代議員
  • 日本骨髄腫学会 副理事長 代議員
  • 日本造血細胞移植学会 評議員
  • 日本臨床分子医学会 評議員
  • 日本腫瘍循環器学会 評議員
  • 米国血液学会

所属病院

国際医療福祉大学成田病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 外科 心療内科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 血管外科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 千葉県成田市畑ケ田852
  • JR成田線「成田駅」 車15分
  • 0476-35-5600
国際医療福祉大学成田病院

来歴等

略歴

1988年 千葉大学医学部 卒業
1988年 千葉大学医学部第二内科
1992年 米国フレッドハッチンソンがん研究センター 留学
1994年 千葉県がんセンター血液化学療法科
1999年 千葉大学大学院 医学博士取得 修了
2000年 千葉大学医学部血液内科 助手
2009年 千葉大学医学部血液内科 講師
2010年 千葉大学医学部血液内科 科長・診療教授
2013年 千葉大学医学部血液内科 准教授
2017年 国際医療福祉大学医学部血液内科学 主任教授
2020年 国際医療福祉大学成田病院 血液内科 部長

論文

  • Suppressive effects of anagrelide on cell cycle progression and the maturation of megakaryocyte progenitor cell lines in human induced pluripotent stem cells. Haematologica. 2020 May;105(5):e216-e220

    Takaishi K, Takeuchi M, Tsukamoto S, Takayama N, Oshima M, Kimura K, Isshiki Y, Kayamori K, Hino Y, Oshima-Hasegawa N, Mitsukawa S, Takeda Y, Mimura N, Ohwada C, Iseki T, Nakamura S, Eto K, Iwama A, Yokote K, Nakaseko C, Sakaida E

  • Randomized study of imatinib for chronic myeloid leukemia: comparing standard dose escalation with aggressive escalation. Blood Adv. 2019 Feb 12;3(3):312-319.

    Miyamura K, Ohnishi K, Ohtake S, Usui N, Nakaseko C, Fujita H, Fujisawa S, Sakura T, Okumura H, Iriyama N, Emi N, Fujimaki K, Honda S, Miyazaki Y, Naoe T.

  • Genetic and transcriptional landscape of plasma cells in POEMS syndrome. Leukemia 2019 Jul;33(7):1723-1735.

    Nagao Y, Mimura N, Takeda J, Yoshida K, Shiozawa Y, Oshima M, Aoyama K, Saraya A, Koide S, Rizq O, Hasegawa¬ Y, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Nishijima D, Isshiki Y, Kayamori K, Kawajiri-Manako C, Oshima-Hasegawa N, Tsukamoto S, Mitsukawa S, Yusuke Takeda, Chikako Ohwada, Masahiro Takeuchi, Tohru Iseki1, Sonoko Misawa, Miyano S, Ohara O, Yokote K, Sakaida E, Kuwabara S, Sanada M, Iwama A, Ogawa S, Nakaseko C.

  • KDM2B in polycomb repressive complex 1.1 functions as a tumor suppressor in the initiation of T-cell leukemogenesis. Blood Adv. 2019 Sep 10;3(17):2537-2549.

    Isshiki Y, Nakajima-Takagi Y, Oshima M, Aoyama K, Rizk M, Kurosawa S, Saraya A, Kondo T, Sakaida E, Nakaseko C, Yokote K, Koseki H, Iwama A.

  • Long-term evaluation of physical improvement and survival of autologous stem cell transplantation in POEMS syndrome. Blood 2018 May 10; 131(19):2173-2176

    Ohwada C, Sakaida E, Kawajiri-Manako C, Nagao Y, Oshima-Hasegawa N, Togasaki E, Muto T, Tsukamoto S, Mitsukawa S, Takeda Y, Mimura N, Takeuchi M, Shimizu N, Misawa S, Iseki T, Kuwabara S, Nakaseko C.

  • Clonal immunoglobulin λ light-chain gene rearrangements detected by next generation sequencing in POEMS syndrome. Am J Hematol 2018 Sep;93(9):1161-8

    Kawajiri-Manako C, Mimura N, Fukuyo M, Namba H, Rahmutulla B, Nagao Y, Togasaki E, Shimizu R, Oshima-Hasegawa N, Tsukamoto S, Mitsukawa S, Takeda Y, Ohwada C, Takeuchi M, Iseki T, Misawa S, Yokote K, Tsuiji M, Kuwabara S, Sakaida E, Kaneda A, Nakaseko C.

  • Treatment-free remission after two-year consolidation therapy with nilotinib in patients with chronic myeloid leukemia: STAT2 trial in Japan. Haematologica 2018 Nov; 103(11): 1835-42

    Takahashi N, Nishiwaki K, Nakaseko C, Aotsuka N, Sano K, Ohwada C, Kuroki J, Kimura H, Tokuhira M, Mitani K, Fujikawa K, Iwase O, Ohishi K, Kimura F, Fukuda T, Tanosaki S, Takahashi S, Kameoka Y, Nishikawa H, Wakita H, and the STAT study group.

  • Impact of combinatorial dysfunctions in epigenetic regulators Tet2 and Ezh2 on the epigenome in the pathogenesis of myelodysplastic syndrome. Leukemia 2017 Apr; 31(4):861-71.

    Hasegawa N, Oshima M, Sashida G, Matsui H, Koide S, Saraya A, Wang C, Muto T, Takane K, Kaneda A, Shimoda K, Nakaseko C, Yokote K, Iwama A.

  • Frequent somatic mutations in epigenetic regulators in newly-diagnosed chronic myeloid leukemia. Blood Cancer J 2017 Apr 28;7(4):e559.

    Togasaki E, Takeda J, Yoshida K, Shiozawa Y, Takeuchi M, Oshima M, Saraya A, Iwama A, Yokote K, Sakaida E, Hirase C, Takeshita A, Imai K, Okumura H, Morishita Y, Usui N, Takahashi N, Fujisawa S, Shiraishi Y, K Chiba K, Tanaka H, Kiyoi H, Ohnishi K, Ohtake S, Asou N, Kobayashi Y, Miyazaki Y, Miyano S, Ogawa S, Matsumura I, Nakaseko C, Naoe T for the Japan Adult Leukemia Study Group (JALSG).

  • Dual inhibition of EZH2/1 sensitizes PRC2-dependent tumors to proteasome inhibition. Clin Cancer Res. 2017 Aug 15; 23(16): 4817-4830.

    Rizq O, Mimura N, Oshima M, Saraya A, Koide S, Kato Y, Aoyama K, Nakajima-Takagi Y, Wang C, Chiba T, Ma A, Jin J, Iseki T, Nakaseko C, Iwama A.

  • A phase 1/2 study of bosutinib in Japanese adults with Philadelphia chromosome-positive chronic myeloid leukemia. Int J Hematol 2015;101(2):154-164.

    Nakaseko C, Takahashi N, Ishizawa K, Kobayashi Y, Ohashi K, Nakagawa Y, Yamamoto K, Miyamura K, Taniwaki M, Okada M, Kawaguchi T, Atsushi Shibata, Yosuke Fujii, Ono C, Ohnishi K.

  • Soluble LR11/SorLA represses thermogenesis in adipose tissue and correlates with BMI in humans. Nat Commun. 2015 Nov 20;6:8951.

    Whittle AJ, Jiang M, Peirce V, Relat J, Virtue S, Ebinuma H, Fukamachi I, Yamaguchi T, Takahashi M, Murano T, Tatsuno I, Takeuchi M, Nakaseko C, Jin W, Jin Z, Campbell M, Schneider WJ, Vidal-Puig A, Bujo H.

  • Autologous stem cell transplantation for POEMS syndrome. Clin Lymphoma Myeloma Leuk. 2014; 14(1): 21-23.

    Nakaseko C.

  • Early molecular response predicts outcomes in patients with chronic myeloid leukemia in chronic phase treated with frontline nilotinib or imatinib. Blood. 2014; 123(9): 1353-1360.

    Hughes TP, Saglio G, Kantarjian HM, Guilhot F, Niederwieser D, Rosti G, Nakaseko C, De Souza CA, Kalaycio ME, Meier S, Fan X, Menssen HD, Larson RA, Hochhaus A.

  • Concurrent depletion of Ezh2 and Tet2 propagates epigenomic alterations and accelerates development of myelodysplastic disorders in mice. J Exp Med. 2013; 210(12): 2627-2639.

    Muto T, Sashida G, Oshima M, Wendt GR, Mochizuki-Kashio M, Miyagi S, Nagae E, Sanada M, Nakaseko C, Yokote K, Shimoda K, Koseki H, Suzuki Y, Sugano S, Aburatani H, Ogawa S, Iwama A.

  • Ezh2 augments leukemogenecity by reinforcing differentiation blockage in acute myeloid leukemia. Blood. 2012; 120(5): 1107-1117.

    Tanaka S, Miyagi S, Sashida G, Chiba T, Yuan J, Mochizuki-Kashio M, Suzuki Y, Sugano S, Nakaseko C, Yokote K, Koseki H, Iwama A.

  • Incidence, risk factors and outcomes of bronchiolitis obliterans after allogeneic stem cell transplantation. Int J Hematol. 2011; 93(3): 375-382.

    Nakaseko C, Ozawa S, Sakaida E, Sakai M, Kanda Y, Oshima K, Kurokawa M, Takahashi S, Ooi J, Shimizu T, Yokota A, Yoshiba F, Fujimaki K, Kanamori H, Sakai R, Saitoh T, Sakura T, Maruta A, Sakamaki H and Okamoto S.

  • Identification of a novel TEL-Lyn fusion gene in primary myelofibrosis. Leukemia. 2010; 24(1):197-200.

    Tanaka H, Takeuchi M, Takeda Y, Sakai S, Abe D, Ohwada C, Sakaida E, Shimizu N, Saito Y, Miyagi S, Iwama A, Nakaseko C. (H.T. and M.T. are equally contributed to the study.)

  • Clonal expansion of non-leukemic cells expressing two novel MLL-ELL variants with distinct transforming activity. Leukemia 2008; 22(4):861-864.

    Takeuchi M, Nakaseko C, Miyagi S, Takeda Y, Ozawa S, Ohwada C, Cho R, Nishimura M, Saito Y, Iwama A.

  • Restricted usage of monoclonal immunoglobulin λ light chain germline in POEMS syndrome. Blood 2008; 112(3):836-839.

    Abe D, Nakaseko C, Takeuchi M, Tanaka H, Ohwada C, Sakaida E, Takeda Y, Oda K, Ozawa S, Shimizu N, Masuda S, Cho R, Nishimura M, Misawa S, Kuwabara S, Saito Y.

  • Acute fulminant myocarditis after allogeneic peripheral blood stem cell transplantation with reduced-intensity conditioning for acute myelogenous leukemia. Ann Hematol. 2007; 86(1): 67-69.

    Nakaseko C, Sakaida E, Shimizu N, Ohwada C, Ozawa S, Takeuchi M, Cho R, Yokota A, Saito Y, Nishimura M.

  • Chronic graft-versus-host disease after allogeneic bone marrow transplantation from an unrelated donor: incidence, risk factors, and association with relapse. A report from the Japan Marrow Donor Program. Br J Haematol 2007; 137(2): 142-151.

    Ozawa S, Nakaseko C, Nishimura M, Maruta A, Cho R, Ohwada C, Sakamaki H, Sao H, Mori S, Okamoto S, Miyamura K, Kato S, Kawase T, Morishima Y, Kodera Y. (OS and NC were equally contributed to the study).

  • Successful cord blood transplantation in a minor BCR-ABL+ CML patient who had been in lymphoid blast crisis at presentation. Bone Marrow Transplant. 2006; 37(5): 535-536.

    Nakaseko C, Sakaida E, Uehara T, Shono K, Ohwada C, Ozawa S, Takeuchi M, Cho R, Saito Y, Nishimura M.

  • Late-onset noninfectious pulmonary complications after allogeneic stem cell transplantation are significantly associated with chronic graft-versus-host disease and with the graft-versus-leukemia effect. Blood 2003; 102(12): 4236-4242.

    Sakaida E, Nakaseko C, Harima A, Yokota A, Cho R, Saito Y, Nishimura M.

  • Cytotoxic T lymphocyte antigen 4 (CTLA-4) engagement delivers an inhibitory signal through the membrane-proximal region in the absence of the tyrosine motif in the cytoplasmic tail. J Exp Med. 1999; 190(6): 765-774.

    Nakaseko C, Miyatake S, Iida T, Hara S, Abe R, Ohno H, Saito Y, Saito T.

  • Tyrosine phosphorylation controls internalization of CTLA-4 by regulating its interaction with clathrin-associated adaptor complex AP- 2. Immunity. 6(5): 583-589, 1997.

    Shiratori T, Miyatake S, Ohno H, Nakaseko C, Isono K, Bonifacino JS, Saito T.

  • Signalling defect in FMLP-induced neutrophil respiratory burst in myelodysplastic syndromes. Br J Haematol. 95(3): 482-488, 1996.

    Nakaseko C, Asai T, Wakita H, Oh H, Saito Y.

著書

  • 中世古知昭 第8章血液・造血器疾患 アミロイドーシス 新臨床内科学第10版 監修:矢崎義雄,医学書院,東京, p1112-1114, 2020

  • 中世古知昭 第8章血液・造血器疾患 H(重)鎖病 新臨床内科学第10版 監修:矢崎義雄,医学書院,東京,p1115-1116, 2020

  • 中世古知昭.  21 造血器腫瘍 1. 急性白血病. What’s New in Oncology がん治療エッセンシャルガイド 改訂4版 P348-364, 編集:佐藤隆美,藤原康弘,古瀬純司,大山優, 南山堂,東京,2019

  • 中世古知昭. 21 造血器腫瘍 2. 慢性骨髄性白血病 What’s New in Oncology がん治療エッセンシャルガイド 改訂4版 p365-372, 編集:佐藤隆美,藤原康弘,古瀬純司,大山優, 南山堂,東京,2019

  • 中世古知昭  IX章 白血球系疾患:腫瘍性疾患 28. 多発性骨髄腫の類縁疾患 血液専門医テキスト 改訂第3版 編集:一般社団法人日本血液学会 p382-386, 南江堂,東京, 2019

  • 栢森健介,大和田千桂子,中世古知昭 V. 多発性骨髄腫と関連疾患 11. POEMS症候群の治療 EBM血液疾患の治療,編集:金倉譲,木崎昌弘,鈴木律郎,神田善伸,中外医学社,東京,2018: 412-416

  • 中世古知昭 リンパ系腫瘍 2章 成熟B細胞性腫瘍 9. 形質細胞腫瘍 5) 単クローン性免疫グロブリン沈着病 ③POEMS症候群.WHO血液腫瘍分類~WHO分類2017をうまく活用するために 改訂版,医薬ジャーナル社,大阪,2018:240-243

  • 中世古知昭 リンパ系腫瘍 2章 成熟B細胞性腫瘍 9. 形質細胞腫瘍 5) 単クローン性免疫グロブリン沈着病 ④TEMPI症候群 WHO血液腫瘍分類~WHO分類2017をうまく活用するために 改訂版,医薬ジャーナル社,大阪,2018:243-244

  • 大和田千桂子,中世古知昭. III-23 造血系・リンパ系疾患 原発性マクログロブリン血症.血液疾患 最新の治療2017-2019 編集:小澤敬也,中尾眞二,松村到,p213-216, 南江堂,東京,2017

  • 三村尚也,中世古知昭 第2章 各種治療薬の使い方・考え方 7. パノビノスタット 多発性骨髄腫 新規治療薬の使い方・考え方,編集:石田禎夫, 先端医学社, page 124-133,2017

  • 大和田千桂子,中世古知昭. 日本臨牀増刊号 多発性骨髄腫学―最新の診療と基礎研究― 第VIII章. 特殊病型と類縁疾患の診断と治療 6. POEMS症候群. p535-539, 日本臨牀社,大阪,2016

  • 長谷川渚,堺田恵美子,中世古知昭.日本臨牀2016年12月増刊号 白血病学(下)―最新の基礎,臨床研究―.第Ⅷ章 白血病の治療:各論(化学療法と分子標的療法),12. 移行期・急性転化期の慢性骨髄性白血病,p167-71,編集:谷脇雅史,2016

  • 武内正博,中世古知昭.診断と治療のABC 113 慢性骨髄性白血病・骨髄増殖性腫瘍 第3章 診断,3. その他の骨髄増殖性腫瘍の診断, 企画:木村文彦,最新医学社,大阪,p85-91, 2016

  • 中世古知昭. 血液科研修ノート 第5章 血液疾患の診療, C. 白血球系疾患:脾腫陽性疾患,3. 血球貪食症候群 監修:永井良三,編集:神田善伸,p,診断と治療社,東京,2016

  • 中世古知昭. II.臨床編 b 移植合併症 9.非感染性呼吸器合併症 みんなに役立つ造血幹細胞移植の基礎と臨床改訂 神田善伸編 医薬ジャーナル社,大阪,p530-537, 2016

  • 中世古知昭 今日の治療指針2015年版 第10章 血液疾患,顆粒球減少症(無顆粒球症) 医学書院, 東京、p671-2, 監修:山口徹,北原光夫,総編集:福井次矢,高木誠,小室一成,2015

  • 武内正博,中世古知昭.白血病診療Q & A 一つ上を行く診療の実践. V. 慢性骨髄性白血病 (CML) 3. 初発時に付加的染色体異常を認めたCML-CPの治療は? 編集:松村到,中外医学社,東京,p200-202, 2015

  • 武内正博,中世古知昭. V. 慢性骨髄性白血病 (CML) 4. CML-CPにおける移植の位置づけは?白血病診療Q & A 一つ上を行く診療の実践. p203-206,編集:松村到,中外医学社,東京, 2015

  • 永尾侑平,中世古知昭. 臨床編-多発性骨髄腫と類縁疾患- 6. レナリドミド 7) POEMS症候群. IMiDs 基礎と臨床2015 p144-149,メ ディカルレビュー社,東京,2015

  • 川口岳晴、中世古知昭 「レナリドミド」 血液領域の分子標的療法 第3章骨髄腫,最新醫學別冊 診断と治療のABC 102 p162-168,編集:畠清彦,最新医学社,東京,2015

  • 中世古知昭 3. 治療 3-8. 自家末梢幹細胞移植の実際と課題.ブラッシュアップ多発性骨髄腫 p143-151, 編集:木崎昌弘, 中外医学社,東京,2015 

  • 中世古知昭 Ⅱ. CMLの臨床 1. 病態診断 2) 治療効果判定. 慢性骨髄性白血病(CML)の基礎と臨床~幹細胞の特性から最新薬物療法まで~ p70-77, 編集:松村到,医薬ジャーナル社,東京,2015

  • 川尻千華,中世古知昭. 5章 疾患の病因,病態,診断と治療,C. リンパ腫と骨髄腫,6. 原発性アミロイドーシス. Principles and Practice 血液・造血器・リンパ系 医学生・レジデントのための必修エッセンス p311-317, 文光堂,東京, 2015

  • 中世古知昭. What’s New in Oncology がん治療エッセンシャルガイド 21 造血器腫瘍 急性白血病. P734-755, 編集:佐藤隆美,藤原康弘,百瀬純司,大山優, 南山堂,東京,2015

  • 中世古知昭. What’s New in Oncology がん治療エッセンシャルガイド 21 造血器腫瘍 慢性骨髄性白血病 p756-768, 編集:佐藤隆美,藤原康弘,百瀬純司,大山優, 南山堂,東京,2015

  • 中世古知昭  第4章 管理・治療 自家移植療法 最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 84 血液10 多発性骨髄腫 編集:畠清彦,最新医学社 p156-165, 2014

  • 中世古知昭 多発性骨髄腫Updating 第4巻 移植適応骨髄腫の治療 Ⅲ.自家末梢血幹細胞移植 4. 末梢血幹細胞採取,3) Plerixafor 編集:清水一之,医薬ジャーナル社,大阪,p92-96, 2014

  • 中世古知昭 多発性骨髄腫Updating 第4巻 移植適応骨髄腫の治療 V.同種造血幹細胞移植の今後の展望~ハイリスク症例,形質細胞白血病に対する移植~ 編集:清水一之,医薬ジャーナル社,大阪,p184-191, 2014

  • 中世古知昭 多発性骨髄腫Updating 第4巻 移植適応骨髄腫の治療 V.同種造血幹細胞移植の今後の展望 ここに注目! 同種移植後の新規薬剤とGVHD 編集:清水一之,医薬ジャーナル社,大阪,p192-196, 2014

  • 中世古知昭 多発性骨髄腫Updating第6巻 ALアミロイドーシス,多発性骨髄腫の類縁疾患. II. POEMS症候群 2. 診断・診断基準 ALアミロイドーシス,多発性骨髄腫の類縁疾患 p187-195, 編集:清水一之,医薬ジャーナル社,東京,2014

  • 中世古知昭 多発性骨髄腫Updating第6巻 ALアミロイドーシス,多発性骨髄腫の類縁疾患. II. POEMS症候群 3. 治療~化学療法・移植療法・新規薬剤を含む~ ALアミロイドーシス,多発性骨髄腫の類縁疾患 p196-205, 編集:清水一之,医薬ジャーナル社,東京,2014

  • 中世古知昭 EBM血液疾患の治療 2015-2016 骨髄腫類縁疾患(Castleman病,POEMS症候群)の治療 編集:金倉譲,木崎昌弘,鈴木律郎,神田善伸,中外医学社、東京、p401-406, 2014

  • 中世古知昭. みんなに役立つGVHD(移植片対宿主病)の基礎と臨床. Ⅲ. 臨床編:予防・治療 8. 肺GVHDの診断・治療.編集:豊嶋崇徳,医薬ジャーナル社,東京, p284-293, 2013

  • 中世古知昭. 多発性骨髄腫Updating 第4巻:移植適応骨髄腫の治療 ~新規薬剤の時代における移植適応患者の治療戦略~ 3. 自家造血幹細胞移植 4)末梢血幹細胞採取 ③Plerixafor. 編集:清水一之,医薬ジャーナル社,東京, p92-96, 2013

  • 中世古知昭. 多発性骨髄腫Updating 第4巻:移植適応骨髄腫の治療 ~新規薬剤の時代における移植適応患者の治療戦略~5. 同種造血幹細胞移植の今後の展望 ~ハイリスク症例,形質細胞性白血病に対する移植~ 編集:清水一之,医薬ジャーナル社,東京, p184-191, 2013

  • 中世古知昭. 多発性骨髄腫Updating 第4巻:移植適応骨髄腫の治療 ~新規薬剤の時代における移植適応患者の治療戦略~ ここに注目:同種移植後の新規薬剤とGVHD. 編集:清水一之,医薬ジャーナル社,東京, p192-196, 2013

  • 中世古知昭 カラーテキスト血液病学 第2版 第8章 造血器腫瘍と関連疾患 H. 多発性骨髄腫と類縁疾患: POEMS症候群(Crow-Fukase症候群、高月病) 木崎昌弘編著 p582-585, 2013

  • 中世古知昭. What’s New in Oncology がん治療エッセンシャルガイド  各論21. 白血病:急性骨髄性白血病. p671-691,編集:佐藤隆美,藤原康弘,百瀬純司,大山優, 南山堂,東京,2012.

  • 中世古知昭. What’s New in Oncology がん治療エッセンシャルガイド各論21. 白血病:慢性骨髄性白血病. p691-702,編集:佐藤隆美,藤原康弘,百瀬純司,大山優, 南山堂,東京,2012.

  • 中世古知昭. 多発性骨髄腫の診療指針 第3版. 研究的治療-同種移植(ミニ移植含む). p60-62, 日本骨髄腫学会編,文光堂,東京,2012

  • 中世古知昭. 多発性骨髄腫の診療指針 第3版. V 類縁疾患 POEMS症候群(crow-Fukase症候群,高月病)に対する治療方針.  p74-76, 日本骨髄腫学会編文光堂,東京,2012

  • 中世古知昭. EBM 血液疾患の治療2013-2014 IV. 多発性骨髄腫と関連疾患. 5. 多発性骨髄腫に対する同種造血幹細胞移植の可能性., p394-399,編集:金倉譲,木崎昌弘,鈴木律朗,神田善伸,中外医学社,東京,2012.

  • 中世古知昭. II.臨床編 b 移植合併症 9.非感染性呼吸器合併症 みんなに役立つ造血幹細胞移植の基礎と臨床改訂 神田善伸編 医薬ジャーナル社,大阪,p466-473, 2012

  • 中世古知昭 多発性骨髄腫治療マニュアル Ⅲ. 多発性骨髄腫の治療手段. C. 多発性骨髄腫に対する造血幹細胞移植療法. 南江堂,p120-135, 2012

  • 阿部大二郎、中世古知昭.チーム医療で行う造血幹細胞移植プラクティカルガイド II. 造血幹細胞移植の基本的手順 K. 慢性GVHDの診断、治療. 編集:神田善伸,南江堂, p78-83, 2010

  • 中世古知昭 症候群ハンドブック POEMS症候群 中山書店, p346-347, 2010

  • 中世古知昭 症候群ハンドブック 生着症候群 中山書店, p350, 2010

  • 中世古知昭. 白血病治療マニュアル 改訂第3版 特発性間質性肺炎と閉塞性細気管支炎 監修:大野竜三、小寺良尚、編集:宮脇修一、中尾眞二、南江堂、東京、 p262-266, 2009

  • 中世古知昭. 臨床に直結する血液疾患診療のエビデンス 骨髄線維症に対する造血幹細胞移植の適応は?編集:神田善伸、文光堂、東京、328-332, 2009.

  • 中世古知昭. POEMS症候群(骨硬化型骨髄腫).WHO分類をうまく活用するために リンパ腫・骨髄腫編 編集:直江知樹,朝長万左男,中村栄男,飯田真介,大島孝一,木下朝博,吉野正.医薬ジャーナル社、大阪、p339-344, 2009

  • 堺田恵美子、中世古知昭. II.臨床編 b 移植合併症 8.呼吸器合併症 みんなに役立つ造血幹細胞移植の基礎と臨床 神田善伸編 医薬ジャーナル社, p365-369, 2008

  • 小澤真一、中世古知昭. 治療抵抗性慢性GVHDに対する有用な治療法は? EBM血液疾患の治療2008-2009 東京, 中外医学社 p645-649, 2007

  • 中世古知昭. 自家末梢血幹細胞移植後にM蛋白が残存した多発性骨髄腫. 岡本真一郎, 高橋聡, 神田善伸, 淡谷典弘, 森毅彦(編集) 症例から学ぶ造血幹細胞移植 東京. 中外医学社; p72-77, 2006.

  • 中世古知昭. EBM血液疾患の治療 2005-2006.急性リンパ性白血病 50歳以下の症例で移植可能なHLA一致同胞ドナーがいた場合には、移植は第一寛解期に行うべきか? 押見和夫, 別所正美, 岡本真一郎, 加藤淳(編集), 東京, 中外医学社; p284-291, 2004. 

  • 中世古知昭. 新しい造血細胞移植のテクニック, 第一版. 第3章 同種骨髄移植, 第6章自家造血幹細胞移植 I合併症の診断と治療、第8章 参考資料. 新しい造血細胞移植のテクニック 東京: 南江堂; 1996. 第3章 同種骨髄移植, 第6章自家造血幹細胞移植 I合併症の診断と治療、第8章 参考資料, 高久文麿監修, 王伯銘、浅井隆善編集, pp29-32, 57-92, 123-124, 133-142,南山堂, 東京, 1996

  • 中世古知昭, 王伯銘. 骨髄移植の看護, 浅野茂隆, 吉田尚監修, 第一版, pp1-285, ライフサイエンスリサーチ社, 東京, 1995

その他

  • 【受賞】2004年 日本造血細胞移植学会奨励賞

  • 【受賞】2009年 日本骨髄腫学会加納賞

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。