新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国際医療福祉大学成田病院 産科・婦人科

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医 日本婦人科腫瘍学会 専門医・指導医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本臨床細胞学会 細胞診専門医 日本産科婦人科内視鏡学会 会員 日本婦人科病理学会 会員 日本臨床腫瘍学会 会員 日本癌治療学会 会員 日本周産期・新生児医学会 会員

岡田 智志 おかだ さとし 先生

公開日
2020/06/29

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 婦人科
  • 岡田先生の子宮頸がんに関する得意な領域
    • 神経温存広汎子宮全摘
    • 放射線治療
    • 化学療法
  • 岡田先生の子宮体がんに関する得意な領域
    • 妊孕性温存治療
  • 岡田先生の卵巣がんに関する得意な領域

    外科や泌尿器科と共同して積極的な根治手術を行っている。再発腫瘍に対しても積極的に治療を行っている。

  • 岡田先生の腹膜がんに関する得意な領域

    外科や泌尿器科と共同して積極的な根治手術を行っている。再発腫瘍に対しても積極的に治療を行っている。

  • 卵管がん
  • 婦人科領域の希少がん

資格・学会・役職

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会 専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
日本産科婦人科内視鏡学会 会員
日本婦人科病理学会 会員
日本臨床腫瘍学会 会員
日本癌治療学会 会員
日本周産期・新生児医学会 会員
  • 国際医療福祉大学成田病院 産科・婦人科
  • 国際医療福祉大学 医学部 産婦人科学 准教授

所属病院

国際医療福祉大学成田病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 外科 心療内科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 血管外科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 千葉県成田市畑ケ田852
  • JR成田線「成田駅」 車15分
  • 0476-35-5600
国際医療福祉大学成田病院

医療記事

来歴等

略歴

1996年 東京大学医学部 卒業
2003年 東京大学医学部大学院 医学系研究科修了 医学博士取得
2004年 東京大学医学部附属病院 女性外科 助手
2006年 筑波大学臨床医学系 産婦人科 講師
2012年 国立がん研究センター中央病院 婦人腫瘍科 医員
2014年 東京都立墨東病院 産婦人科 医長
2016年 がん・感染症センター都立駒込病院 婦人科 医長
2018年 医療法人財団順和会 山王病院 女性腫瘍センター婦人科 副部長
2020年 国際医療福祉大学成田病院 産科婦人科 准教授(現職)

論文

  • Prognostic Factors and Optimal Therapy for Stages I-II Neuroendocrine Carcinomas of the Uterine Cervix: A Multi-center Retrospective Study. Gynecol Oncol. 148(1):139-146, 2018.

    Ishikawa M, Kasamatsu T, Tsuda H, Fukunaga M, Sakamoto A, Kaku T, Nakanishi T, Hasumi Y, Iwata T, Baba T, Nogawa T, Kudaka W, Kaneda H, Ono S, Saito F, Taniguchi T, Okada S, Mizuno M, Onda T, Yaegashi N.

  • Differentiation of Epithelial Ovarian Cancer Subtypes by Use of Imaging and Clinical Data: a detailed analysis. Cancer Imaging. 16: 3, 2016.

    Tanaka YO, Okada S, Satoh T, Matsumoto K, Oki A, Saida T, Yoshikawa H, Minami M.

  • A Metastatic Ovarian Tumor Mimicking Pregnancy Luteoma Found during Puerperium. Magn Reson Med Sci. 15(2):149-150, 2016.

    Tanaka YO, Okada S, Sakata A, Saida T, Nagai M, Yoshikawa H, Noguchi M, Minami M.

  • Uterine Cervical Cancer Volumetry Using T2- and Diffusion-weighted MR images in Patients Treated by Primary Surgery and Neoadjuvant Chemotherapy. Acta Radiol. 57(3):373-383, 2016.

    Tanaka YO, Okada S, Satoh T, Matsumoto K, Saida T, Minami M, Yoshikawa H.

  • 子宮内膜細胞診陽性のみを呈していたが、急速に腹腔内進展をきたした卵巣漿液 性腺癌の1例. 日本臨床細胞学会雑誌. 55(1):52-57, 2016.

    宮本 雄一郎、岡田 智志、石川 光也、池田 俊一、加藤 友康、隅蔵 智子、吉田 正行、笠松 高弘.

  • Diversity in Size and Signal Intensity in Multilocular Cystic Ovarian Masses: New Parameters for Distinguishing Metastatic from Primary Mucinous Ovarian Neoplasms. J Magn Reson Imaging. 38(4):794-801, 2013.

    Tanaka YO, Okada S, Satoh T, Matsumoto K, Oki A, Saida T, Yoshikawa H, Minami M.

  • Ovarian serous surface papillary borderline tumors form sea anemone-like masses. J Magn Reson Imaging. 33(3):633-640, 2011.

    Tanaka YO, Okada S, Satoh T, Matsumoto K, Oki A, Nishida M, Yoshikawa H, Saida T, Minami M.

  • Soild non-invasive ovarian masses on MR: histopathology and a diagnostic approach. Eur J Radiol. 80(2): e91-97, 2011.

    Tanaka YO, Okada S, Satoh T, Matsumoto K, Saida T, Oki A, Yoshikawa H, Minami M.

  • 【婦人科がん妊孕性・卵巣機能温存治療と妊娠・分娩】子宮頸癌1a1 期に対する円錐切除. 産婦人科の実際60巻2号p167-171, 2011.

    岡田智志、吉川裕之.

  • 婦人科癌進行期分類の問題点 子宮頸癌. 日本産科婦人科学会雑誌 62巻9号 :N217-221, 2010.

    岡田智志

  • Allelotype analysis of common epithelial ovarian cancers with special reference to comparison between clear cell adenocarcinoma with other histological types. Jpn J Cancer Res, 93: 798-806, 2002.

    Okada S, Tsuda H, Takarabe T, Yoshikawa H, Taketani Y, Hirohashi S.

  • Immature glandular features in squamous cell carcinoma of the uterine cervix as an independent indicator of resistance to radiotherapy. Int J Gynecol Cancer, 12: 277-285, 2002.

    Okada S, Tsuda H, Ohmi K, Kasamatsu T, Yamada T, Tsunematsu R, Sumi M, Tokuuye K, Yoshikawa H, Hirohashi S

著書

  • 【共著】EBMを考えた産婦人科ガイドラインUpdate、改定第2版 武谷雄二、藤井知行、大須 賀譲、織田克利、岡田智志、ほか メディカルビュー社 2006年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。