新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国際医療福祉大学成田病院 耳鼻咽喉科 教授

日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医・耳鼻咽喉科専門研修指導医 日本アレルギー学会 アレルギー専門医・アレルギー指導医

岡野 光博 おかの みつひろ 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 耳鼻咽喉科
  • 岡野先生のアレルギー性鼻炎に関する得意な領域
    • アレルゲン免疫療法
    • 薬物療法
    • 生物学的製剤
    • 手術療法
  • 岡野先生の慢性副鼻腔炎に関する得意な領域
    • 手術療法
    • 薬物療法
  • 岡野先生の嗅覚障害に関する得意な領域
    • 薬物療法
    • 手術療法
    • 嗅覚トレーニング

資格・学会・役職

日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医・耳鼻咽喉科専門研修指導医
日本アレルギー学会 アレルギー専門医・アレルギー指導医
  • 国際医療福祉大学成田病院 耳鼻咽喉科 教授
  • 日本アレルギー学会 理事・広報委員会委員長
  • 日本鼻科学会 理事・国際委員会委員長
  • 日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 理事・ガイドライン委員会委員長
  • 日本職業・環境アレルギー学会 理事
  • 岡山大学 客員教授

所属病院

国際医療福祉大学成田病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 外科 心療内科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 血管外科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 千葉県成田市畑ケ田852
  • JR成田線「成田駅」 東口 路線バス 国際医療福祉大学成田病院下車 バス15分
  • 0476-35-5600
国際医療福祉大学成田病院

医療記事

来歴等

略歴

1989年 香川医科大学医学部  卒業
1993年 岡山大学大学院  修了
1993年 医学博士 取得
1995年 ハーバード大学大学院公衆衛生学部  客員研究員
1998年 岡山大学耳鼻咽喉科  助手
2003年 岡山大学耳鼻咽喉科  講師
2004年 岡山大学耳鼻咽喉科  助教授(2007年より准教授)
2017年 国際医療福祉大学耳鼻咽喉科  教授
2020年 国際医療福祉大学成田病院 教授

論文

  • Significance of IgG4-positive cells in severe eosinophilic chronic rhinosinusitis. Allergology International 2019; 68: 216-224.

    Koyama T, Kariya S, Sato Y, Gion Y, Higaki T, Haruna T, Fujiwara T, Takao S, Orita Y,Kanai K, Taniguchi M, Nishizaki K, Okano M.

  • Role of saliva in the efficacy of sublingual immunotherapy in seasonal allergic rhinitis. Allergology International 2019; 68: 82-89.

    Haruna T, Kariya S, Fujiwara T, Yuta A, Higaki T, Zhao P, Ogawa Y, Kanai K, Hitara Y,Oka A, Nishizaki K, Okano M.

  • Association between impaired IL-10 production following exposure to Staphylococcus aureus enterotoxin B and disease severity in eosinophilic chronic rhinosinusitis. Allergology International 2019; 67: 392-398.

    Haruna T, Kariya S, Fujiwara T, Higaki T, Makihara S, Kanai K, Fujiwara R, Iwasaki S,Noguchi Y, Nishizaki K, Okano M.

  • Evaluation of a new and simple classification for endoscopic sinus surgery. Allergy and Rhinology 2017; 8: 118-125.

    Kanai K, Okano M, Haruna T, Higaki T, Omichi R, Makihara SI, Tsumura M, Kariya S, Hirata Y, Nishizaki K.

  • IL-22/IL-22R1 signaling regulates the pathophysiology of chronic rhinosinusitis with nasal polyps via alteration of MUC1 expression. Allergology International 2017; 66: 42-51.

    Noyama Y, Okano M, Fujiwara T, Kariya S, Higaki T, Haruna T, Makihara S, Kanai K, Koyama T, Taniguchi M, Ishitoya J, Kanda A, Kobayashi Y, Asako M, Tomoda K, Nishizaki K.

  • Effect of prostaglandin D2 on VEGF release by nasal polyp fibroblasts.Allergology International 2016; 65: 414-419.

    Kanai K, Okano M, Fujiwara T, Kariya S, Haruna T, Omichi R, Makihara S, Hirata Y, Nishizaki K.

  • Effect of intranasal corticosteroid on pre-onset activation of eosinophils and mast cells in experimental Japanese cedar pollinosis. Allergology International 2016;65:269-265.

    Noyama Y, Okano M, Fujiwara T, Kariya S, Makihara S, Haruna T, Kanai K, Higaki T,Nishizaki K.

  • Regulatory effect of TLR3 signaling on staphylococcal enterotoxin-induced IL-5, IL-13, IL-17A and IFN- production in chronic rhinosinusitis with nasal polyps. Allergology International 2016; 65: 96-102.

    Okano M, Fujiwara T, Kariya S, Higaki T, Makihara S, Haruna T, Noyama Y, Koyama T, Omichi R, Orita Y, Miki K, Kanai K, Nishizaki K.

  • Staphylococcal protein A-formulated immune complexes suppress enterotoxin-induced cellular responses in nasal polyps. Journal of Allergy and Clinical Immunology 2015; 136: 343-350.

    Okano M, Fujiwara T, Kariya S, Haruna T, Higaki T, Noyama Y, Makihara S, Kanai K, Nishizaki K.

  • Cellular responses to Staphylococcus aureus alpha-toxin in chronic rhinosinusitis with nasal polyps. Allergology International 2014; 63: 563-573.

    Okano M, Fujiwara T, Kariya S, Higaki T, Haruna T, Matsushita O, Noda Y, Makihara S, Kanai K, Noyama Y, Taniguchi M, Nishizaki K.

  • Local expression of IL-17A is correlated with nasal eosinophilia and clinical severity in allergic rhinitis. Allergy and Rhinology 2014; 5: 22-27.

    Makihara S, Okano M, Fujiwara T, Noda Y, Higaki T, Miyatake T, Kanai K, Haruna T, Kariya S, Nishizaki K.

  • Determining minimal clinically important differences in Japanese cedar/cypress pollinosis. Allergology International 2013; 62:487-493.

    Higaki T, Okano M, Kariya S, Fujiwara T, Haruna T, Hirai H, Murai A, Gotoh M, Okubo K, Yonekura S, Okamoto Y, Nishizaki K.

  • Early interventional treatment with intranasal corticosteroids is superior to post-onset treatment in pollinosis. Annals of Allergy Asthma and Immunology 2012; 109: 458-464.

    Higaki T, Okano M, Makihara S, Fujiwara T, Haruna T, Noda Y, Kariya S, Nishizaki K.

  • Characterization of IL-18 expression and release in the pathogenesis of chronic rhinosinusitis. International Archives of Allergy and Immunology 2013; 160:275-286.

    Okano M, Fujiwara T, Makihara S, Fujiwara R, Higaki T, Kariya S, Noda Y, Haruna T, Nishizaki K.

  • COX/PGE 2 axis critically regulates effects of LPS on eosinophilia-associated cytokine production in nasal polyps. Clinical and Experimental Allergy 2012; 42: 1217-1226.

    Higaki T, Okano M, Fujiwara T, Makihara S, Kariya S, Noda Y, Haruna T, Nishizaki K.

  • Makihara S, Okano M, Fujiwara T, Kimura M, Higaki T, Haruna T, Noda Y, Kanai K, Kariya S, Nishizaki K. Early interventional treatment with intranasal mometasone furoate in Japanese cedar/cypress pollinosis: a randomized placebo-controlled trial. Allergology International 2012; 61; 295-304.

    Makihara S, Okano M, Fujiwara T, Kimura M, Higaki T, Haruna T, Noda Y, Kanai K, Kariya S, Nishizaki K. Makihara S, Okano M, Fujiwara T, Kimura M, Higaki T, Haruna T, Noda Y, Kanai K, Kariya S, Nishizaki K. Early interventional treatment with intranasal mometasone furoate in Japanese cedar/cypress pollinosis: a randomized placebo-controlled trial. Allergology International 2012; 61; 295-304.

  • Characterization of pollen antigen-induced IL-31 production by peripheral blood mononuclear cells in allergic rhinitis. Journal of Allergy and Clinical Immunology 2011; 127: 277-279.

    Okano M, Fujiwara T, Higaki T, Makihara S, Haruna T, Noda Y, Kanai K, Kariya S, Yasueda H, Nishizaki K.

  • Role of fungal antigens in eosinophilia-associated cellular responses in nasal polyps:comparison with enterotoxin. Clinical and Experimental Allergy 2011; 41: 171-178.

    Okano M, Fujiwara T, Haruna T, Kariya S, Makihara S, Higaki T, Nishizaki K.

  • Regulation and characterization of IL-17A expression in chronic rhinosinusitis and its relationship with eosinophilic inflammation. Journal of Allergy and Clinical Immunology 2010; 126:397-400.

    Makihara S, Okano M, Fujiwara T, Kariya S, Noda Y, Higaki T, Nishizaki K.

  • PGE 2 suppresses staphylococcal enterotoxin-induced eosinophilia-associated cellular responses dominantly via an EP2-mediated pathway in nasal polyps. Journal of Allergy and Clinical Immunology 2009; 123: 868-874.

    Okano M, Fujiwara T, Haruna T, Kariya S, Makihara S, Higaki T, Nishizaki K.

著書

  • 【共著】岡野光博. 鼻副鼻腔炎.今日の治療指針 2019年度版 医学書院 2019年

  • 【共著】岡野光博. 本態性鼻炎.今日の耳鼻咽喉科・頭頸部外科治療指針 第4版 医学書院 2018年

  • 【共著】岡野光博. 小児アレルギー性鼻炎.小児耳鼻咽喉科. 金原出版 2017年

特許

  • インターロイキン10産生促進剤. 岡野光博、西崎和則、藤原田鶴子.

    2018年9月21日登録. 特許第6404821号

  • 口腔細菌叢の簡易予測法. 岡野光博、湯田厚司

    2017年9月21日出願. 特願 2017-181000号

その他

  • 【受賞】2000年9月 第7回日本鼻科学会学会賞

  • 【受賞】2002年5月 岡山医学会賞(砂田賞) 

  • 【受賞】2006年12月 第10回日本ヒスタミン研究会 和田記念賞

  • 【受賞】2013年11月 日本医師会医学研究奨励賞

  • 【受賞】2015年11月 Auris Nasus Larynx Outstanding Reviewer

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。