埼玉県立小児医療センター 代謝内分泌科 医長

日本小児科学会 小児科専門医・小児科指導医 日本糖尿病学会 会員 日本小児・思春期糖尿病学会 会員 日本小児内分泌学会 会員 日本内分泌学会 会員 日本先天代謝異常学会 会員

田嶼 朝子 たじま あさこ 先生

公開日
2022/03/11

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 小児科
  • 小児内分泌

資格・学会・役職

日本小児科学会 小児科専門医・小児科指導医
日本糖尿病学会 会員
日本小児・思春期糖尿病学会 会員
日本小児内分泌学会 会員
日本内分泌学会 会員
日本先天代謝異常学会 会員
  • 埼玉県立小児医療センター 代謝内分泌科 医長
  • 東京慈恵会医科大学小児科学講座 講師

所属病院

埼玉県立小児医療センター

  • 感染免疫・アレルギー科 血液内科 精神科 脳神経外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 小児歯科 麻酔科 循環器内科 消化器内科
  • 埼玉県さいたま市中央区新都心1-2
  • JR京浜東北線 さいたま新都心 宇都宮線、高崎線も乗り入れ 徒歩5分 JR埼京線 北与野 徒歩6分
  • 048-601-2200
公式ウェブサイト
埼玉県立小児医療センター

医療記事

来歴等

略歴

1998年 北海道大学医学部 卒業
1998年 国立病院東京医療センター 臨床研修医
2000年 東京慈恵会医科大学小児科学講座 助手
2010年 東京慈恵会医科大学臨床系大学院 医学博士取得
2012年 Department of Immunogenetics, Children’s Hospital of Pittsburgh of UPMC, Visiting Research Scholar
2014年 Institute of Cellular Therapeutics, Allegheny Health Network, Research Fellow
2016年 東京慈恵会医科大学小児科学講座 助教
2018年 東京慈恵会医科大学小児科学講座 講師
2018年 埼玉県立小児医療センター代謝内分泌科 医長(現在に至る)

論文

  • 1. A novel mutation of the arginine vasopressin receptor 2 gene in a patient with congenital nephrogenic diabetes insipidus. Clin Pediatr Endocr 14:27-33, 2005.

    Tajima A, Miyata I, Katayama A, Toyoda S, Eto Y.

  • 2. リンパ球性汎下垂体炎を呈する小児例の内分泌学的・病理学的検討およびその臨床経過について.ホルモンと臨床 2006; 54: 52-9.

    宮田市郎、作間美織、田嶼朝子、吉川秀樹、長村義之、衞藤義勝.

  • 3. Successful intrauterine therapy for fetal goitrous hypothyroidism during late gestation. Endocr J 2007;54:813-7.

    Miyata I, Abe-Gotyo N, Tajima A, Yoshikawa H, Teramoto S, Seo M, et al.

  • 4. Clinical and genetic features of Japanese patients with type 3 Gaucher disease. Mol Genet Metab 2009;97:272-7.

    Tajima A, Kaneshiro E, Yokoi T, Ito T, Ida H, Eto Y.

  • 5. Gaucher disease patient with myoclonus epilepsy and a novel mutation. Pediatr Neurol 42:65-8, 2010.

    Tajima A, Ohashi T, Hamano S, Higurashi N, Ida H.

  • 6. Compromised central tolerance of ICA69 induces multiple organ autoimmunity. J Autoimmun 2014;53:10-25.

    Fan Y, Gualtierotti G, Tajima A, Grupillo M, Coppola A, He J, et al.

  • 7. Evolution of hepatic steatosis to fibrosis and adenoma formation in liver-specific growth hormone receptor knockout mice. Front. Endocrinol 2014;5:218.

    Fan Y, Fang X, Tajima A, Geng X, Ranganathan S, Dong HH, et al.

  • 8. Bioengineering mini functional thymic units with EAK16-II/EAKIIH6 self-assembling hydrogel. Clin Immunol 2015;160:82-9.

    Tajima A, Liu W, Pradhan I, Bertera S, Bagia C, Trucco M, et al.

  • 9. Bioengineering thymus organoids to restore thymic function and induce donor-specific immune tolerance to allografts. mol ther 2015;23:1262-77.

    Fan Y, Tajima A, Goh SK, Geng X, Gualtierotti G, Grupillo M, et al.

  • 10. Promoting 3-D aggregation of FACS purified thymic epithelial cells with EAK 16-II/EAKIIH6 self-assembling hydrogel. J Vis Exp 2016;27:112.

    Tajima A, Liu W, Pradhan I, Bertera S, Lakomy RA, Rudert WA, et al.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。