埼玉県立小児医療センター 神経科 科長

日本小児科学会 小児科専門医 日本小児神経学会 小児神経専門医 日本てんかん学会 てんかん専門医 日本スポーツ協会 公認スポーツドクター

菊池 健二郎 きくち けんじろう 先生

公開日
2022/01/04

埼玉県内に適切な小児てんかん診療を普及させるために

埼玉県立小児医療センターの理念であるFor the future, for the children (子どもたちの未来は私たちの未来)を具現化するために、日々の診療に尽力。
人口10万人あたりの医師数が少ない埼玉県において、正しい情報の発信を通して、適切な小児てんかん診療の普及に努める。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 小児科
  • 菊池先生のWest症候群の専門領域
    • ACTH療法
    • ビガバトリン治療
  • 菊池先生の結節性硬化症の専門領域
    • mTOR阻害剤
    • ビガバトリン治療
  • 【診療科】小児神経【得意な領域】てんかん
  • 【疾患名】てんかん重積状態【治療法】病院前治療(非静脈的治療)、入院治療(経静脈治療)

資格・学会・役職

日本小児科学会 小児科専門医
日本小児神経学会 小児神経専門医
日本てんかん学会 てんかん専門医
日本スポーツ協会 公認スポーツドクター
  • 埼玉県立小児医療センター 神経科 科長

所属病院

埼玉県立小児医療センター

  • 感染免疫・アレルギー科 血液内科 精神科 脳神経外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 小児歯科 麻酔科 循環器内科 消化器内科
  • 埼玉県さいたま市中央区新都心1-2
  • JR京浜東北線 さいたま新都心 宇都宮線、高崎線も乗り入れ 徒歩5分 JR埼京線 北与野 徒歩6分
  • 048-601-2200
公式ウェブサイト
埼玉県立小児医療センター

医療記事

来歴等

略歴

2000年 東京慈恵会医科大学 医学部 卒業
2002年 埼玉県立小児医療センター 総合診療科 レジデント
2004年 埼玉県立小児医療センター 未熟児新生児科 研修生
2004年 東京慈恵会医科大学 小児科 助手
2008年 埼玉県立小児医療センター 神経科 医長
2015年 東京慈恵会医科大学 小児科 助教
2016年 東京慈恵会医科大学 小児科 講師
2019年 埼玉県立小児医療センター 神経科 医長
2021年 埼玉県立小児医療センター 神経科 科長

論文

  • 1. Effectiveness and safety of non-intravenous high-dose phenobarbital therapy for intractable epilepsy during childhood. Brain Dev 2011;33:379-383.

    Kikuchi K, Hamano S, Oritsu T, Koichihara R, Tanaka M, Minamitani M, Ida H.

  • 2. Epileptic focus in a case ofsubcortical band heterotopia: SISCOM and ictal EEG findings. Epilepsy & Seizure 2010;3:192-198.

    Kikuchi K, Hamano S, Goto F, Takahashi A, Ida H.

  • 3. Molybdenum cofactor deficiency mimics cerebral palsy: differentiating factors for diagnosis. Pediatr Neurol 2012;47:147-149.

    Kikuchi K, Hamano S, Mochizuki H, Ichida K, Ida H.

  • 4. Difficulty of early diagnosis and requirement of long-term follow-up in benign infantile seizures. Pediatr Neurol 2015;53:157-162.

    Kikuchi K, Hamano S, Higurashi N, Matsuura R, Suzuki K, Tanaka M, Minamitani M.

  • 5. Effects of various antiepileptic drugs in benign infantile seizures with mild gastroenteritis. Epilepsy & Seizure 2017;9:25-31.

    Kikuchi K, Hamano S, Matsuura S, Tanaka M, Minamitani M.

  • 6. Telemedicine in epilepsy management during the coronavirus disease 2019 pandemic. Pediatr Int (in press)

    Kikuchi K, Hamano SI, Horiguchi A, Nonoyama H, Hirata Y, Matsuura R, Koichihara R, Oka A, Hirano D.

  • 7. 小児けいれん重積およびけいれん頻発における静注用phenobarbitalの有効性と安全性.脳と発達 2010;42:304-6.

    菊池健二郎、浜野晋一郎、小一原玲子、折津友隆、田中学、南谷幹、井田博幸.

  • 8. 小児けいれん重積状態に対する静注用抗てんかん薬の選択と有効性の検討.日児誌 2012;116:687-92.

    菊池健二郎、浜野晋一郎、松浦隆樹、菅谷ことこ、田中学、南谷幹之、井田博幸.

  • 9. 過去25年間における新生児動脈性脳梗塞症例.日児誌 2012;116:1094-101.

    菊池健二郎、浜野晋一郎、松浦隆、清水正樹、作田亮一、井田博幸.

  • 10. 小児てんかん重積状態および発作群発に対する静注用phenobarbital維持療法の有用性と薬物動態についての検討.てんかん研究 2012;30:19-26.

    菊池健二郎、浜野晋一郎、松浦隆樹、鈴木ことこ、田中学、南谷幹之、井田博幸.

  • 11. 小児てんかん重積状態および発作頻発に対するfosphenytoinの有用性.てんかん研究 2014;31:491-497.

    菊池健二郎、浜野晋一郎、松浦隆樹、大場温子、田中学、南谷幹之、井田博幸.

  • 12. 小児てんかん重積状態からみる小児救急医療体制の現状と問題点.日児誌 2015;119:1226-1232.

    菊池健二郎,浜野晋一郎,樋渡えりか,平田佑子,大場温子,熊谷勇治,小一原玲子、田中学,南谷幹之,井田博幸.

  • 13. 小児けいれん重積治療ガイドライン発刊後の治療薬選択の現状と改訂の要望.日児誌 2020;124:1490-1498.

    菊池健二郎、浜野晋一郎、松浦隆樹、野々山葉月、代田惇朗、平田佑子、小一原玲子.

受賞

  • 1. 2013年 The 15th Annual Meeting of the Infantile Seizure Society, ISS Nihon-Koden Award

  • 2. 2014年 第48回日本てんかん学会, JES Prize

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。