公平直樹先生が診療にかける思い

DOCTOR’S
STORIES

公平直樹先生が診療にかける思い

個々の患者さんに合わせた最適な治療を

沼津市立病院 泌尿器科
公平 直樹 先生

日本において近年急速に増加している前立腺がん。記事1『前立腺がんとは?その症状、原因、治療選択』では前立腺がんの症状や治療選択について、記事2『前立腺がんに対する手術の種類−開腹手術から腹腔鏡手術、ロボット手術へ』では手術の種類についてご説明しました。静岡県にある沼津市立病院では、2019年4月より泌尿器科の入院診療を再開します。同科に赴任される公平直樹先生は「最新の医療を学び続ける努力、時間は惜しまない」と話します。公平先生が診療において心がけていることや今の思いを伺いました。

医師になり、泌尿器科を選んだ理由

父の影響で医療にはもともと関心があった

父は医師で、研究者として薬の開発に携わっていました。そんな父の背中をみて育ったので、もともと医療には関心があり、迷いなく医師を志しました。

泌尿器科は幅広い疾患に対し内科的・外科的にアプローチできる

泌尿器科に進んだのは、1人の患者さんについて、診療から外科的治療や内科的治療までを広くみたいと思ったからです。また、泌尿器科は尿路疾患から生殖器系、女性の骨盤疾患まで、幅広い疾患を守備範囲としています。そのようにさまざまな疾患を扱う分野で、患者さんの治療に向き合いたいと思いました。

診療において心がけていること

最新の医療を学び続ける努力、時間は惜しまない

現在、医師の長時間労働が社会的に問題視されていますが、個人的にはあまり問題とは考えていません。患者さんに標準的で質の高い治療を提供するためには、日々研鑽することが重要であり、その時間は決して惜しみません。自分の勉強不足によって患者さんに最適な治療が提供できない、という状況が生まれることのないよう、私たちは常にそのときの最新の医療を学び続ける使命があると考えています。

患者さんに適切なタイミングで治療を提供したい

現在、ゲノム・遺伝子・免疫などの基礎医学分野は大きく進歩し、さらに医療機器開発が進展したことで、医療が大きく変化しようとしています。

このように医療が大きく変化している時代において臨床現場に立っていると、医療格差、医療の一極集中は大きな問題であると思われます。大病院に新しい医療機器が導入されて患者さんが2倍3倍と集中した場合に、医療機関も2倍3倍、医療スタッフも2倍3倍になればよいのですが、現実的にはそうなりません。実際には、残念ながら患者さんの待ち期間が延びるだけです。

大学病院・研究センターなどの医療機関でなければ提供できない医療もありますが、標準的医療とされているものは、地域の基幹病院であれば、地域の患者さんに提供できるようにするべきだと考えます。手術によっては3人、4人と人員を要する場合がありますが、幸いにも静岡県内には関連病院・協力病院が多数ありますから、医師を招集して適切な体制を整え、最善の医療・手術を提供しています。

市民公開講座など情報発信にかける思い

沼津市立病院では、定期的に市民公開講座などの情報発信を行っています。病院から地域の患者さんに向けてしっかりと情報発信を行い、病院が得意とする治療をアピールすることで、患者さんが治療にたどり着ける可能性があるため、その重要性は大きいと考えています。

また、地域の開業医の先生方とも緊密な連携を築けるように心がけています。もし、気になることがありましたら、かかりつけの開業医の先生に相談されるか、当院の医療連携室にご連絡をください。受診の手配が得られるかと思います。

市民公開講座はこれからも定期的に実施していきます。また、これからは地域内の病院間の連携をスムーズに行うために、直接お話をする機会を増やしたいと考えています。

次回の市民公開講座は、2019年3月16日(土)を予定しています。テーマは「泌尿器科の診療再開について」、場所は沼津市立図書館の予定です。

 

この記事を見て受診される場合、

是非メディカルノートを見たとお伝えください!

  • 沼津市立病院 泌尿器科

    高知医科大学卒業後、2000年より京都大学医学部附属病院泌尿器科学教室に入局。泌尿器科医師としてのキャリアを始める。関連病院で研鑽した後に、東京女子医科大学病院にて...

    公平 直樹 先生に受診について相談する

    公平 直樹 先生の所属医療機関

    沼津市立病院

      • 内科
      • 血液内科
      • リウマチ科
      • 外科
      • 神経内科
      • 脳神経外科
      • 呼吸器外科
      • 腎臓内科
      • 心臓血管外科
      • 小児科
      • 小児外科
      • 整形外科
      • 形成外科
      • 皮膚科
      • 泌尿器科
      • 産婦人科
      • 眼科
      • 耳鼻咽喉科
      • リハビリテーション科
      • 放射線科
      • 歯科口腔外科
      • 麻酔科
      • 呼吸器内科
      • 循環器内科
      • 消化器内科
      • 糖尿病内科
      • 内分泌内科
      • 代謝内科
      • 膠原病内科
      • 脳神経内科
      • 頭頸部外科
    • 静岡県沼津市東椎路春ノ木550
    • JR東海道本線(熱海~浜松)「沼津駅」 南口 富士急シティバス  沼津市立病院行き、ららぽーと沼津行き他 沼津市立病院下車 バス25分 JR東海道本線(熱海~浜松)「片浜駅」 南口 ららぽーと・原団地・原駅線 沼津市立病院下車 バス
    • 055-924-5100

医師のストーリー医師には医師のドラマがある

患者さんの近くで、予防から治療まで真摯に向き合いたい

イーヘルスクリニック新宿院 院長、...

天野 方一 先生

ステージ4の乳がん患者さんに1%でも可能性のある治療を

関西医科大学 乳腺外科学講座 診療...

岸本 昌浩 先生

新生児科医としての長い道のりを支えた喜びと使命感

千葉市立海浜病院 新生児科 統括部長

岩松 利至 先生

地域の子どもたちが日常生活を楽しめるようにサポートしたい

千葉市立海浜病院 小児科 部長

小野 真 先生

他の医師を見る

同じ所属病院の医師

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • <お客様がご相談される疾患について>、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • <受診の際には原則>、紹介状をご用意ください。