堀江 重郎 先生のプロフィール

堀江 重郎 先生

ほりえ しげお

堀江 重郎 先生

順天堂大学大学院医学研究科 泌尿器外科学 教授

専門分野

泌尿器一般、泌尿器外科手術、ロボット(ダヴィンチ)支援手術(前立腺・腎臓・膀胱)、腎臓・膀胱の進行がんの根治手術、腸管利用代用膀胱、外傷後の尿路再建手術、がんの化学療法、多発性嚢胞腎の治療、男性医学(ED、男性更年期障害・LOH症候群)

紹介

男性更年期障害やED等、男性に特化した医療「メンズヘルス外来」を日本で初めて立ち上げるなど、日本の泌尿器科を牽引しているキーオピニオンリーダー。日米で医師免許を取得し、前立腺・腎臓・膀胱のロボット支援手術においては国内トップの執刀経験を有しており、機能を温存した低侵襲の手術の普及に貢献している。

略歴

1985年 東京大学医学部医学科卒業
1985年 東京大学医学部附属病院救急部研修医 
1986年 東京大学医学部附属病院泌尿器科助手
1988年-1991年 米国テキサス大学で腎臓学の研究、移植医療に従事。
1995年 国立がんセンター中央病院泌尿器科
1998年 東京大学医学部講師 
2002年 杏林大学医学部泌尿器科学教室助教授 
2003年 帝京大学医学部泌尿器科学教室 主任教授
2012年 順天堂大学大学院医学系研究科泌尿器外科学教授就任 現在に至る 

所属学会・資格・役職など

【資格】
Permanent Certificate Educational Commission of Foreign Medical Graduates, The United States of America.
日本泌尿器科学会指導医
日本腎臓学会指導医
泌尿器腹腔鏡技術認定医
【公的委員】
厚生労働省 医師試験委員、医道審議会医師分科会専門委員、保健医療専門審査員 、文部科学省 大学設置・学校法人審議会専門委員(大学設置分科会)、千葉県 健康ちば地域・職域連携推進協議会 委員 、日本学術振興会科学研究費委員会専門委員 、財団法人日本腎臓財団 CKD対策推進委員会委員 、日本医師会 医師賠償保険調査委員会専門委員 など
【所属学会】
アジア太平洋前立腺学会理事長、日本Men's Health医学会理事長
日本泌尿器科学会、日本腎臓学会、日本癌学会、日本癌治療学会、日本内視鏡外科学会、
日本性機能学会、日本抗加齢医学会、など

受賞・著書・論文など

【受賞】
第3回 日本泌尿器科学会賞 平成7年4月
First Prize in Research, 1991 Research Fellow Contest, Fellowship Program. National Kidney Foundation/American Society of Nephrology.
ベストプロフェッサー賞 平成26年度 順天堂大学医学部

【著書】
標準泌尿器科学 編集 医学書院
今日の治療薬≪分担≫南江堂
今日の治療指針≪分担≫医学書院
ホルモン力が人生を変える (小学館101新書 23)
男性の病気の手術と治療―診察室では聞けない前立腺・ED・がんの心得 (おとなのための医学読本)かまくら春秋社
ヤル気がでる! 最強の男性医療 (文春新書 919)

【論文】
主な原著論文

1. Horie S, Moe O, Tejedor A, Alpern RJ : Preincubation in acid medium increases Na/H antiporter activity in cultured renal proximal tubule cells. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of

【受賞】
第3回 日本泌尿器科学会賞 平成7年4月
First Prize in Research, 1991 Research Fellow Contest, Fellowship Program. National Kidney Foundation/American Society of Nephrology.
ベストプロフェッサー賞 平成26年度 順天堂大学医学部

【著書】
標準泌尿器科学 編集 医学書院
今日の治療薬≪分担≫南江堂
今日の治療指針≪分担≫医学書院
ホルモン力が人生を変える (小学館101新書 23)
男性の病気の手術と治療―診察室では聞けない前立腺・ED・がんの心得 (おとなのための医学読本)かまくら春秋社
ヤル気がでる! 最強の男性医療 (文春新書 919)

【論文】
主な原著論文

1. Horie S, Moe O, Tejedor A, Alpern RJ : Preincubation in acid medium increases Na/H antiporter activity in cultured renal proximal tubule cells. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 87:4742-4745, 1990
2. Horie S, Moe O, Miller RT, Alpern RJ: Long-term activation of protein kinase C causes chronic Na/H antiporter stimulation in cultured proximal tubule cells. The Journal of Clinical Investigation 89: 365-372, 1992
3. Benjamin I, Horie S, Greenberg ML, Alpern RJ, Williams RS: Induction of stress proteins cultured myogenic cells. Molecular signals for the activation of heat shock transcription factor during ischemia. The Journal of Clinical Investigation 89:1685-1689, 1992
4. Horie S, Moe O, Yamaji Y, Cano A, Miller RT, Alpern RJ: Role of protein kinase C and transcription factor AP-1 in the acid-induced increase in Na/H antiporter activity. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 89:5236-5240, 1992
5. Horie S, Higashihara E, Nutahara K, Mikami, Okubo A, Kano M, Kawabe K: Mediation of renal cyst formation by hepatocyte growth factor. Lancet 344: 789-791, 1994
6. Horie S, Kano M, Higashihara E, Moriyama N, Tanaka E, Hirose A, Kakizoe T, Kawabe K : Expression of Fas in renal cell carcinoma. Japanese Journal of Clinical Oncology 27:384-388, 1997
7. Horie S, Tobisu K, Fujimoto H, Doi N, Kakizoe T : Urinary incontinence following non nerve-spared radical prostatectomy with neoadjuvant androgen deprivation. Urology 53:561-567, 1999
8. Horie S, Aruga S, Kawamata S, Okui N, Kakizoe T, Kitamura T : Biological role of HGF/MET pathway in renal cell carcinoma. The Journal of Urology 161:990-997, 1999
9. Muto S, Horie S, Takahashi S, Tomita K, and Kitamura T : Genetic and epigenetic alterations in normal bladder epithelium in patients with metachronous bladder cancer. Cancer Research 60:4021-4025, 2000
10. Muto S, Aiba A, Saito Y, Nakao K, Nakamura K, Tomita K, Kitamura T, Kurabayashi M, Nagai R, Higashihara E, Harris PC, Katsuki M, Horie S : Pioglitazone improves the phenotype and molecular defects of a targeted Pkd1 mutant. Human Molecular Genetics 11:1731-1742, 2002
11. Azuma H, Ehata S, Miyazaki H, Watabe T, Maruyama O, Imamura T, Sakamoto T, Kiyama S, Kiyama Y, Ubai T, Inamoto T, Takahara S, Itoh Y, Otsuki Y, Katsuoka Y, Miyazono K, Horie S : Effect of Smad7 expression on metastasis of mouse mammary carcinoma JygMC(A) cells. Journal of the National Cancer Institute 97:1734-46, 2005
12. Horie S. ADPKD: molecular characterization and quest for treatment. Clinical and Experimental Nephrology 9:282-291, 2005
13. Horie S. Symptoms and Treatment of Andropause. The Japan Medical Association Journal 49:382-384, 2006
14. Muto S, Katsuki M, Horie S : Rapid induction of skin tumors in human but not mouse c-Ha-ras proto-oncogene transgenic mice by chemical carcinogenesis. Cancer Science 97:842-847, 2006
15. Muto S, Katsuki M, Horie S: Decreased c-kit function inhibits enhanced skin carcinogenesis in c-Ha-ras protooncogene transgenic mice. Cancer Science 98:1549-1556, 2007
16. Muto S, Kamiyama Y, Ide H, Okada H, Saito K, Nishio K, Tokiwa S, Kaminaga T, Furui S, Horie S: Real-time MRI of Orthotopic ileal neobladder voiding: preliminary findings. European Urology 53:363–369, 2008
17. Yasuda M, Ide H, Furuya K, Yoshii T, Nishio K, Saito K, Isotani S, Kamiyama Y, Muto S, Horie S. Salivary 8-OHdG: a useful biomarker for predicting severe ED and hypogonadism. Journal of Sexual Medicine 5:1482-91, 2008.
18. Ide H, Yu J, Lu Y, China T, Kumamoto T, Koseki T, Muto S, Horie S. Testosterone augments polyphenol-induced DNA damage response in prostate cancer cell line, LNCaP. Cancer Sci. 2011 Feb;102(2):468-71.
19. Horie S, Ito S, Okada H, Kikuchi H, Narita I, Nishiyama T, Hasegawa T, Mikami H, Yamagata K, Yuno T, Muto S. Japanese guidelines of the management of hematuria 2013. Clin Exp Nephrol. 2014 Oct;18(5):679-89.
20. Muto S, Kawano H, Higashihara E, Narita I, Ubara Y, Matsuzaki T, Ouyang J, Torres VE, Horie S. The effect of tolvaptan on autosomal dominant polycystic kidney disease patients: a subgroup analysis of the Japanese patient subset from TEMPO 3:4 trial. Clin Exp Nephrol. 2015 Feb 7. [Epub ahead of print]
21. Chapman AB, Devuyst O, Eckardt KU, Gansevoort RT, Harris T, Horie S, Kasiske BL, Odland D, Pei Y, Perrone RD, Pirson Y, Schrier RW, Torra R, Torres VE, Watnick T, Wheeler DC; Conference Participants. Autosomal-dominant polycystic kidney disease (ADPKD): executive summary from a Kidney Disease: Improving Global Outcomes (KDIGO) Controversies Conference. Kidney Int. 2015 Jul;88(1):17-27.

続きを見る

堀江 重郎先生 の所属する医療機関

順天堂大学医学部附属順天堂医院

TEL: 03-3813-3111

順天堂大学医学部附属順天堂医院

東京都文京区本郷3丁目1-3

JR中央線「御茶ノ水」駅 御茶ノ水口 東京メトロ丸ノ内線も利用可 徒歩5分

東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅 徒歩10分

- -

受付時間: 8:00~11:00 11:30~15:00 土曜14:30まで 原則、紹介予約制 科により異なる 第2土曜・創立記念日(5/15)休診 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

院長インタビュー

堀江 重郎 先生 の記事