Close banner icon
App icon

メディカルノートアプリ

医療相談 初回無料

インストール

ギラン・バレー症候群の検査と治療-予後に後遺症や再発はあるの?

インタビュー

最終更新

2017/11/02

2017 年 11 月 02 日
掲載しました
ギラン・バレー症候群の検査と治療-予後に後遺症や再発はあるの?
進藤 克郎 先生

倉敷中央病院 神経内科 主任部長

進藤 克郎 先生

ギラン・バレー症候群とは、手足のしびれや筋力の低下などの症状が現れる疾患ですが、どのような診断によって疾患は確定されるのでしょうか。

また、治療によって症状は大きく改善されるといいますが、後遺症や再発の可能性はあるのでしょうか。

今回は、倉敷中央病院の進藤 克郎先生にギラン・バレー症候群の診断から治療、予後にいたるまでお話しいただきました。

*ギラン・バレー症候群の原因や症状に関しては、記事1『ギラン・バレー症候群の原因や症状とは?』をご覧ください。

ギラン・バレー症候群の診断

病歴と診察から診断

診断

ギラン・バレー症候群は、主に病歴と診察から診断を行います。病歴では、主に3〜4週間前に何らかの感染があったかどうかを問診によって確認します。

さらに、足を叩いたときに反応して動くかどうかなど、体の反射反応があるかを確認します。また、筋力が低下していないかどうかを確認します。

さらに、あらゆる検査を実施していきますが検査の結果が揃ってから治療をスタートさせると、その間に疾患が進行してしまいます。

そのため、ギラン・バレー症候群では、お話ししたような診察と病例で診断をつけ、治療に入ることが多いでしょう。

ギラン・バレー症候群の主な検査

ギラン・バレー症候群の検査には、主に以下のようなものがあります。ギラン・バレー症候群の疑いがあると、5〜6時間ほどをかけ、これらの検査を実施していくケースが多いでしょう。

検査室

筋電図検査

筋電図検査とは、筋繊維の電気活動を調べる検査です。ギラン・バレー症候群における筋電図検査では、神経伝導検査が一番のポイントになります。神経伝導検査では、筋肉に電気をかけ、筋肉が動くかどうかを検査します。この検査によって、筋肉の動きが鈍いようであれば、どこかの神経が障害されている可能性があるといえるでしょう。

血液検査

血液検査では、ギラン・バレー症候群にみられる抗ガングリオシド抗体や抗糖脂質抗体などが検出されることがあります。

髄液検査

髄液検査は腰から長い針を刺して髄液を調べる検査です。ギラン・バレー症候群では、髄液におけるタンパクの値が向上するため、髄液検査によってタンパクの値を確認します。

徒手筋力テスト

徒手筋力テストでは、一つ一つの筋肉の筋力を検査します。この検査では、圧力をかけた状態で力をいれてもらい、どれくらい筋力があるかを確認していきます。

ほかにも、ギラン・バレー症候群の治療には点滴や薬剤をたくさん使用するので、心臓や腎臓の機能に問題がないかどうかを、検査によって確認します。