Close banner icon
App icon

メディカルノートアプリ

期間限定 医療相談無料

インストール
S414x232 a25005cc 6e4f 40a3 82e5 a0f1ce9b22e4

疾患啓発(スポンサード)

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 a25005cc 6e4f 40a3 82e5 a0f1ce9b22e4
乳がん検診受診後の精密検査とは?
1975年以降、乳がんの罹患率は年々増加しています。国の方針では、40歳以上を対象として2年に1回、乳がん検診の定期的な受診が推奨されています。乳がん検診でより詳しい検査が必要と判断された場合に...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

公開日 : 2018 年 10 月 17 日
更新日 : 2018 年 10 月 17 日

目次

1975年以降、乳がんの罹患率は年々増加しています。国の方針では、40歳以上を対象として2年に1回、乳がん検診の定期的な受診が推奨されています。乳がん検診でより詳しい検査が必要と判断された場合には、精密検査を行います。

乳がん検診受診後の精密検査では、どのような検査を行うのでしょうか。戸塚共立第1病院附属サクラス乳腺クリニックの岡本直子先生にお話を伺いました。

サクラス乳腺クリニック 3-1

乳がん検診受診後の精密検査では、どのような検査を行うの?

画像検査を行い、必要に応じて組織検査を実施する

記事2でお話ししたように、乳がん検診(一次検診)でより詳しい検査が必要と判断された場合に、精密検査を行います。

乳がん検診受診後の精密検査では、必要に応じて、マンモグラフィ検査の追加撮影、エコー検査、MRI(核磁気共鳴像)検査などの画像検査を実施します。

画像検査の結果を受けてさらに精密検査が必要な場合には、組織検査(組織の一部を採取して顕微鏡で調べる検査)を行うことがあります。

組織検査には、エコー検査装置を用いるエコーガイド下生検、マンモグラフィを用いるステレオガイド下生検、MRIを用いるMRIガイド下生検などの種類があります。

精密検査の結果はどのくらいの期間で出るの?

ケースによって異なるため担当医からの説明を参考にしてほしい

当院では原則的に、精密検査でマンモグラフィ検査とエコー検査を行った場合は、当日に結果の説明を行います。また、組織検査を行った場合には、病理診断に2週間ほど要します。

いずれも、検査の内容は患者さんの状態によって異なるため、詳細は適宜、担当医からの説明を参考にしていただきたいと思います。

乳がんのページへ

2002年より外科医としてキャリアを始める。大学病院や市中病院、クリニックに勤務し様々な症例を経験し、乳がん診断・治療の実績を積んだ。2013年に学位を取得。2017年より現職となり、乳腺疾患の診断を中心に診療を行い、女性の患者様が話しやすく安心を持てるような診療を心がけている。

関連の医療相談が24件あります