Close banner icon
App icon

メディカルノートアプリ

期間限定 医療相談無料

インストール

乳がん検診受診後の精密検査とは?

疾患啓発(スポンサード)

最終更新

2018/10/17

2018 年 10 月 17 日
掲載しました
乳がん検診受診後の精密検査とは?
岡本 直子 先生

戸塚共立第1病院附属 サクラス乳腺クリニック 院長

岡本 直子 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

1975年以降、乳がんの罹患率は年々増加しています。国の方針では、40歳以上を対象として2年に1回、乳がん検診の定期的な受診が推奨されています。乳がん検診でより詳しい検査が必要と判断された場合には、精密検査を行います。

乳がん検診受診後の精密検査では、どのような検査を行うのでしょうか。戸塚共立第1病院附属サクラス乳腺クリニックの岡本直子先生にお話を伺いました。

サクラス乳腺クリニック 3-1

乳がん検診受診後の精密検査では、どのような検査を行うの?

画像検査を行い、必要に応じて組織検査を実施する

記事2でお話ししたように、乳がん検診(一次検診)でより詳しい検査が必要と判断された場合に、精密検査を行います。

乳がん検診受診後の精密検査では、必要に応じて、マンモグラフィ検査の追加撮影、エコー検査、MRI(核磁気共鳴像)検査などの画像検査を実施します。

画像検査の結果を受けてさらに精密検査が必要な場合には、組織検査(組織の一部を採取して顕微鏡で調べる検査)を行うことがあります。

組織検査には、エコー検査装置を用いるエコーガイド下生検、マンモグラフィを用いるステレオガイド下生検、MRIを用いるMRIガイド下生検などの種類があります。

精密検査の結果はどのくらいの期間で出るの?

ケースによって異なるため担当医からの説明を参考にしてほしい

当院では原則的に、精密検査でマンモグラフィ検査とエコー検査を行った場合は、当日に結果の説明を行います。また、組織検査を行った場合には、病理診断に2週間ほど要します。

いずれも、検査の内容は患者さんの状態によって異なるため、詳細は適宜、担当医からの説明を参考にしていただきたいと思います。