Close banner icon
App icon

メディカルノートアプリ

期間限定 医療相談無料

インストール

1975年以降、乳がんの罹患率は年々増加しています。乳がんは、無症状の場合でも検診によって病変が発見されることがあり、一方で、早期に発見し適切な治療を行うことで良好な経過が期待できます。国の方針では、40歳以上を対象として2年に1回、乳がん検診の定期的な受診が推奨されています。

乳がん検診の内容や選択肢、乳がん検診にまつわるさまざまな疑問について、戸塚共立第1病院附属サクラス乳腺クリニックの岡本直子先生にお話を伺いました。

そもそも「乳がん検診」とは?

無症状の方を対象として、乳がんを早期発見・治療を行うための検診

がん検診とは、がんを早期発見し適切な治療を行うことで、がんによる死亡を減少させることを目的として行うものです。がん検診の対象は、無症状の方です。

一般的に、がん検診には、国や自治体が実施する「対策型」と、症状がなく個人で任意に受ける「任意型」の2種類があります。国の方針では、対策型の乳がん検診について、対象は40歳以上の方、推奨される受診間隔は2年に1回、おもな検診内容は問診とマンモグラフィとされています。

次項からは、当院で行う「任意型」乳がん検診についてご説明します。

任意型の乳がん検診(一次検診)ではどのような検査をするの?

年齢など受診者の背景を考慮し、検診内容を選択する

任意型の乳がん検診(一次検診)では、問診を通じて、年齢、自覚症状の詳細、過去の検診結果、乳房の構成など「受診者の背景」を考慮し、検査の内容を選択します。

乳房の構成・・・乳房内の乳腺実質の量と分布(脂肪の混在する程度)に関する評価で、病変が正常乳腺に隠されてしまう危険性の程度を示すもの。脂肪性、散在性、不均一高濃度、極めて高濃度に分類される。後者2分類が高濃度乳房(デンスブレスト)と呼ばれ、マンモグラフィ単独での病変の検出感度が低いとされる。

 

検診内容の選択肢は、以下の通りです。

  • 問診
  • 視触診
  • マンモグラフィ検査(乳房X線検査)
  • エコー検査(乳房超音波検査)※ケースに応じて併用することがある

マンモグラフィ検査(乳房X線検査)

マンモグラフィ検査とは、胸を圧迫して撮影するX線検査です。乳房を平らにして撮影することで、乳房内部の状態をより鮮明に写し出すことができます。

サクラス乳腺クリニック 2-2

エコー検査(超音波検査)

乳がん検診におけるエコー検査とは、乳房に超音波をあて、その反射を画像化する検査を指します。

2018年現在、乳がん検診の方法は基本的にマンモグラフィ検査であり、エコー検査を行うことでマンモグラフィ検査を省略できるわけではありません。しかし、高濃度乳房の場合にはマンモグラフィ検査の乳がん検出感度が低いため、エコー検査との併用が有用とされています。(詳しくは後述します。)

サクラス乳腺クリニック 3

一次検診の結果により、その後の方針を検討する

一次検診の結果により、経過観察で問題ないか、より詳しい検査が必要かを検討します。経過観察の場合は、ケースに応じて、定期的(3か月・6か月・12か月後など)な受診をご案内します。

より詳しい検査が必要と判断された場合には、精密検査を行います。(精密検査については、記事2をご覧ください。)

乳がん検診の流れ