クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
メンケス病
メンケス病とは、銅の代謝障害をきたす先天性疾患です。基本的には男児にしか発症しませんが、まれに女児にも発症します。12万人~14万人に1人の希少疾患で、多くの場合メンケス病の患者さんは2~3歳で...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

メンケス病めんけすびょう

更新日時: 2017年04月25日【更新履歴
更新履歴
2017年04月25日
掲載しました。
閉じる

概要

メンケス病とは、銅の代謝障害をきたす先天性疾患です。基本的には男児にしか発症しませんが、まれに女児にも発症します。12万人~14万人に1人の希少疾患で、多くの場合メンケス病の患者さんは2~3歳で死亡します。

原因

銅の輸送を担う酵素(ATPase:ATP7Aと呼ばれる酵素タンパク)の異常が原因です。

通常、食べ物に含まれる栄養素は腸の粘膜から吸収され、全身に運ばれていきます。ところがATPaseに異常があるメンケス病では、腸から銅を吸収できません。そのため、銅が腸の粘膜に蓄積し、体内に輸送されません。

メンケス病の記事を読む

メンケス病の記事にご協力いただいている医師