わきが

ワキガ

別名:腋臭症
皮膚

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

ワキガとは、わきから特有のニオイを発する状態を指します。ワキガは医学的には腋臭症(えきしゅうしょう)とも呼ばれ、アポクリン腺という腺組織から発せられる汗を原因として発症します。

主に思春期頃から認めるようになりますが、日本を含めアジア地域ではワキガの方は少なく、だからこそワキガのニオイに悩む方の割合は多いと考えられています。

ワキガの治療には、外用薬や手術療法があります。自身の自覚症状や客観的に評価したニオイの程度などを総合的に判断し、治療方針を決定することになります。

原因

汗を分泌する汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。このうち、ワキガの発生に深く関与しているのはアポクリン腺です。アポクリン腺は、腋下や外陰部、外耳道(耳の中)など、限られた部位に分布する組織であり、有機物を含む汗を分泌します。

アポクリン腺から分泌される汗は、体外へと排出された時点ではほぼ無臭ですが、皮膚の常在菌(細菌)によって、汗に含まれる有機物が分解されることでニオイを生じるようになり、腋臭症(えきしゅうしょう)(ワキガ)を発症することになります。

ワキガが発生するかどうかは、耳垢(みみあか)の質が深く関与しています。耳垢には、湿っている「湿性耳垢」と、乾いてカサカサとしている「乾性耳垢」があります。このうち、前者の湿性耳垢の方においてワキガを認める可能性があります。

ワキガになる可能性があるかどうかは、ABCC11という遺伝子により決定されます。ワキガを発生するタイプの遺伝子を有する方は、日本を含めアジアでは少ないです。

症状

ワキガを病気として捉えるかは、本人がニオイを気にしているかどうかが重要となります。同じ程度のニオイであっても、本人が気にしていないようであれば病気としての治療対象にはなりません。

ワキガで生じるニオイには個人差があります。ニオイの感覚には主観的な要素も多いため、一律に表現することが難しい面もありますが、しばしば「すっぱいニオイ」や「濡れ雑巾のようなニオイ」と表現されることもあります。

検査・診断

何をもって腋臭症とするのか国際的に定められた診断基準は存在しません。そのため、治療をするかどうかを決めるための診察では「本人がニオイを気にしているか」という部分が重要な要素となります。

本人の自覚症状を評価し、同時に、ニオイに対する他人からの評価が一致しているかどうかを確認することも大切な観点です。

ワキガの診断では、ガーゼを脇にはさみニオイを調べるという検査を行います。腋下に1分間ガーゼを挟み、ガーゼのニオイを調べます。ニオイを客観的に評価する検査になるため、検査の前には制汗剤や芳香剤、消臭剤など、ニオイを覆ってしまうものを使用することを避ける必要があります。

治療

ワキガは、本人が気にしていないようであれば、治療対象にはなりません。また、客観的にはニオイがないにもかかわらず、本人が過度にニオイを気にする場合があります。この場合においても、ワキガとしての治療対象にはなりません。

ワキガの治療法には、主に以下のようなものがあります。

  • 制汗剤や外用薬(塗り薬)の使用
  • 内服薬
  • 手術治療

治療方針は、ニオイの程度に応じて決定されることになります。たとえば、ニオイの程度が軽度であれば制汗剤の使用などから開始します。ワキガの発生には、細菌感染が重要な役割を果たしているため、細菌増殖を抑える消毒液を使用することもあります。

また、抗不安剤などの内服薬、ボトックス(ボツリヌス菌)の局所注射も治療方法として選択されることがあります。この他にも、交感神経遮断術で、交感神経優位(緊張)時に発生する汗を抑える治療方法が行われることもあります。

こうした保存的な治療法で対処できないワキガに対しては、手術が選択されることになります。手術療法としては、皮膚切除術、皮弁法、小切開法といった方法がとられます。

「ワキガ」に関連する他の記事
もっと見る