ろうし

老視

目

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

老視とは、いわゆる「老眼」のことで、加齢によって引き起こされる視力の調節障害のことです。一般的に近くのものが見えづらくなり、老眼鏡と呼ばれる近用眼鏡が必要となります。

自覚症状が出現する年齢には個人差があり、30代半ば頃に視力障害が顕著に現れる方もいれば、60歳頃になってようやく症状を自覚する方もいます。多くは40代後半頃に発症するとされています。

老視はそれまでの視力の状態によっても症状の程度が異なり、元来近視の方は症状を自覚しにくく、遠視の方は症状を自覚しやすい傾向があります。

原因

老視の原因は、目の中にある水晶体というレンズが加齢によって弾力性を失い、物を見るときの焦点調節が適切に行えなくなることです。

私たちは物を見るとき、黒目の位置にある水晶体がレンズの役割を果たし、目に入ってきた像を屈折させて眼球後面にある網膜の上にピントを合わせます。その際、近くにあるものを見るときには焦点を近くにし、遠くのものを見るときには焦点を遠くに結ぶ調節が必要になります。水晶体には多数の線維を介して筋肉がつながっており、水晶体の厚みを調節して、見るものの位置によって焦点調節を行っています。

水晶体は弾力性がある構造物ですが、徐々に老化が始まり弾力性を失っていきます。このため、加齢が進むと水晶体の厚さ調節がスムーズに行えずに視力障害を引き起こします。

特に近くのものを見るときには、水晶体は厚くなるように調整され、屈折力が増して近方に焦点が合うようになります。加齢による水晶体の変性では、特に水晶体を厚くする調節を行いづらくなるため、老視では近くにあるものが見えづらくなります。

また、水晶体の厚さを調節するための筋肉も衰えるため、近くのものから遠くのものへ視線を移したときにピントが合うのに時間がかかります。また、光の調節を行う虹彩の機能が低下して、暗いところで物が見えづらくなるといった症状も現れます。

症状

典型的には、遠くのものはよく見えるのに、近くの細かい文字などがぼやけて見えづらくなります。また、目のピントを合わせる能力や光を調節する能力が全体的に衰えるため、近くのものを長時間見た後すぐに遠くのものを見ようとしても見えづらくなったり、明るい場所から暗い場所へ移動すると物が見えにくくなったりすることがあります。特に、夕方になると視野全体のものが見えにくくなり、これを「夕方老眼」とも呼びます。

その他にも、焦点を合わせるのに過度なエネルギーが必要となり、目が疲れやすくなります。悪化すると、頭痛や吐き気、肩こりなどの症状を引き起こします。

これらの症状を自覚する時期は人によって大きく異なり、近視の方は元から焦点が近方にあるため症状を自覚しにくく、反対に遠視の方は症状を自覚しやすいといわれています。

検査・診断

視力に障害を感じて眼科を受診すると、一般的には視力検査と細隙灯顕微鏡による角膜や水晶体などの観察が行われます。

老視も例外ではなく、通常の視力検査や細隙灯顕微鏡検査が行われ、老視が強く疑われる状況では近くのものを見る能力を評価するための近方視力検査が行われます。これは、小さな文字が書かれたものを用いてピントを合わせられる距離を調べる検査です。老視の場合には特にこの近方視力の悪化が認められます。

その他、眼圧検査や眼底検査などにより、視力障害を生じる他の病気がないかを調べることがあります。

また、急激に老視が進行した場合には、目の疲労が蓄積することで一時的に顕著な調節能力の低下が生じ、検査データ上近方視力が悪くなることがあります。このような場合には、水晶体の調節機能を麻痺させる目薬を用いて屈折率を計測します。

その他にも、老眼鏡を作る場合には、眼位検査や瞳孔間距離測定などの種々の検査が行われます。

治療

近用眼鏡によって焦点の調節を行うことが必要です。近用眼鏡は凸レンズであり、焦点を近方にずらすことが可能です。

また、近用眼鏡には遠方のものを見えやすくする性質はないため、以前から遠用眼鏡を使用していた近視の方は、眼鏡の使い分けや、いわゆる遠近両用眼鏡といわれる二重焦点眼鏡の使用による視力矯正が必要となります。

「老視」に関連する他の記事
もっと見る