えんし

遠視

目

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

遠視とは、目の屈折に関した異常のひとつであり、遠くのものを見たときにピントが網膜よりも後ろの位置であっている状態のことを指します。遠視では、近くのものも、遠くのものも見えにくいといった症状が出ます。また、常時ピントを合わせる必要性があるため、目が疲れやすくなります。

小児期において強い遠視が持続すると、視力の発達がうまく達成されず弱視になることもあります。これは適切な治療で回復可能なため、早期の段階で発見することが重要です。遠視の治療では、眼鏡やコンタクトレンズによる矯正を行うことが多いですが、程度によっては屈折矯正手術が適応になることもあります。
 

原因

目のはたらきをカメラに例えたとき、前方に存在する角膜と水晶体がレンズ、網膜はフィルムにあたります。角膜と水晶体を通して入る光が網膜に投影され、その情報が脳へと送られることで、ものとして視覚することが可能になります。

カメラにはピント調節する機能がついているため、ものの焦点をうまく合わせたりぼやかしたりすることができます。ヒトの目にも同じような調節機能が存在しています。焦点の調節を行っているのは主に水晶体であり、水晶体の周りにある筋肉が水晶体の厚さを変化させることで、ピントを合わせる仕組みとなっています。このようにピントを調節する機能のことを調節力と呼びます。

遠くのものを見る場合、水晶体が最も薄い状態でピントを合わせることになります。この状態で網膜にものの焦点がぴったりとあう状態のことを正視眼と呼びます。遠視とは、ピントが網膜の後ろで合ってしまっている状態です。新生児の段階では、眼球前の前後の長さが比較的短いため遠視がちですが、これは体の成長とともに解消されていくため、それほど問題視されていません。しかし眼球がうまく成長せず水晶体の屈折調整ができないと、遠視になります。
 

症状

遠視の患者さんでは、正常な視力を持つ方に比べて網膜の位置が近い状態にあります。したがって、眼鏡やコンタクトレンズを使ってピントが合う位置を調整しなければ、目に映るものがぼやけて見えることになります。

ただし、軽度の遠視で年齢が若い方は、網膜にピントが合った像を結べるように水晶体がカバーしてくれるため、遠くも近くも見えることがあります。目に負担がかかるものの、水晶体は柔軟性に富んでいますので、厚さを調節して網膜にピントが合った像を結べるように調節してくれるためです。ただし、常時水晶体を調整する必要が出てくるため、目が疲れやすくなります。

遠視の程度が小児期に強い場合、ものを見るに際して網膜へのピントを合わせるために寄り眼となり、内斜視を呈することもあります。長い間遠視が持続すると、視力の発達が障害を受け、弱視と呼ばれる状態になることがあります。ものを集中して見ることが疲れるため、小児期の遠視では、集中力がない、お絵描きが長続きしない、などの症状を認めることもあります。
 

検査・診断

遠視は弱視につながる可能性もあるため、早期発見が重要です。そのため、周囲の大人が遠視のサインを見落とさないよう気をつけるほか、三歳児健診や就学時健診で行われる眼科の検診をしっかり受けさせることも重要になりまです。

視力低下していることが疑われた際には、遠視による屈折異常なのかを確認するため精密検査が行われることになります。ものが見にくいという症状は必ずしも遠視のみで認める症状ではなく、近視や乱視なども原因となりえるからです。

遠視を含む屈折異常を確認するために、オートレフケラトメーターと呼ばれる機器を用いて、他覚的に遠視の程度を測定します。さらに筋肉の緊張をほぐす薬剤を用いて、屈折度を調べることもあります。この検査では、水晶体が最も薄い状態を保持したまま屈折度を検査することができるため、屈折障害を正確に判断することが可能です。
 

治療

遠視では、症状にあわせて治療方法を決定します。軽度の遠視であれば治療が行われないこともありますが、疲れやすい、集中力がない、内斜視がある、程度の強い屈折異常などを認める場合には、治療介入がなされます。

遠視の治療は、凸レンズ(プラスレンズ)メガネやコンタクトレンズで屈折を調整して、網膜にピントが合った像を結ぶように矯正するのが一般的です。年齢的な制限屈折異常の程度によっては、屈折矯正手術が適応になることもあります。

両眼の遠視の程度が異なる場合、程度の強いほうの眼を積極的に使用するよう、一日のうち一定時間、健康な眼をあえて眼帯などで覆うこともあります。遠視では、早期に介入することで視力の発達も期待できます。そのため、健診などを通して早期に治療介入を行い、早い段階で弱視予防の対策を講じることがとても大切です。
 

「遠視」に関連する他の記事
もっと見る