新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
しゃし

斜視

最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

斜視とは、正面のものを見ようとした際、片方の目が正面を向くにもかかわらず、もう片方の目が違う方向を向いている状態です。目の方向によって、内斜視や外斜視などと分けられます。また、斜視は、視覚機能に悪影響を与えることに加えて、美容的な意味合いの大きい病気でもあります。

小児期に発症する斜視は、弱視と深くかかわっています。視覚発達の感受性が高い時期に斜視が存在すると、両目でものを見る機能が阻害されて、視覚機能の発達に著しい影響を及ぼします。

成人で発症する斜視は、小児期に治療を受けず放置したことや、糖尿病高血圧などの病気が原因となります。目の疲れや、ものが二重に見えるなどの症状を伴うことがあります。放置することなく、治療を行うことが重要です。

原因

物を立体的に把握するためには、左右の目で見ることが重要です。正常な視覚機能を得るためには、左右の目の機能(屈折率など)に著しい差がなく、協調して動くことが重要です。斜視は、屈折率などに強い影響がある場合や、協調運動に障害を受けた場合などに起こります。

斜視は、以下のような場合に起こることがあります。

  • 小児期の遠視により、目が内側に寄る内斜視を発症
  • 片方の眼に視力障害があり、視力の悪い目が外側を向く外斜視を発症
  • 生まれつき、内斜視を発症(先天性内斜視)

など

また、目の動きに関連した筋肉や神経が原因となって発生する斜視もあります。

など

症状

弱視

小児期に斜視を発症すると、両目の視覚発達に影響が及ぶことから視力機能の異常が起こり、弱視と呼ばれる状態になります。弱視になると、視力低下や、立体的なものの見方がうまくできないという症状が現れます。そこで、テレビを近くで見ようとしたり、読書に集中できなかったりすることがあります。

複視

ものの見え方が左右の眼で一致しないため、ものがだぶって見える複視と呼ばれる症状が起こります。成人の場合、糖尿病動脈瘤などをきっかけとして斜視が出現し、複視が起こることがあります。

間欠性斜視

斜視は常時出現するとは限りません。ときどき現れる間欠性斜視という斜視もあります。間欠性斜視は、外に出ているときや、起きたばかりのときに現れやすいという特徴があります。

偽斜視(斜視のように見える状態)

偽斜視と呼ばれるタイプのものは、本来の意味の斜視とは異なります。偽斜視は、鼻の高さやまぶたの特性から一見して内斜視のように見えることがありますが、目の機能には異常のないものです。

検査・診断

斜視が疑われる場合は、通常の視力検査、屈折検査、遮閉試験、眼球運動検査などが行われます。視力検査は、視力不良そのものが斜視の原因となる場合があることから重要な検査です。屈折検査は、遠視などの屈折異常に伴い斜視を発症している場合があることから、点眼薬を用いて屈折率を評価する検査です。

そのほか、動脈瘤糖尿病高血圧多発性硬化症などの病気に関連して斜視を発症することがあります。このような病気を評価するためには、MRIや血液検査などが併用されます。

治療

斜視の治療は、原因や斜視のタイプによって異なりますが、眼鏡による視力矯正や手術が基本です。視覚機能の発達を促すこと、美容的な改善を得ることなどが治療の目標となります。

遠視や視力障害による斜視の治療

眼鏡による矯正が第一選択です。視力の左右差がある場合には、視力が悪いほうの目の機能発達を促すため、健康な目をあえて遮断する治療が行われることがあります。目の位置が大きくずれているときは、手術によって修正する場合があります。

糖尿病、脳動脈瘤、多発性硬化症などの病気に関連して発症した斜視の治療

それぞれの病気により特異的な治療方法が選択されます。糖尿病であればインスリンや血糖降下剤、脳動脈瘤であれば血管内治療など、多発性硬化症であればステロイドなどが選択されます。

「斜視」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が14件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

斜視を得意な領域としている医師