かんのうほう

肝のう胞

肝臓

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

肝のう胞とは、肝臓の一部に袋状に液体が溜まったものです。肝臓にのう胞ができる病気にはさまざまなものがあり、先天的なもの(生まれつきのもの)、外傷(けが)によるもの、炎症に伴うもの、寄生虫によるもの、腫瘍などがあります。また遺伝性の病気で肝臓に多数ののう胞をつくる多発性肝のう胞という病気もあります。

「肝のう胞」と一般にいわれているものは、先天性の肝のう胞を指します。多くは自覚症状がないため、他の目的で行われた画像検査でたまたま発見されることが多い病気です。肝のう胞の構造としては、その壁は一層の上皮組織からなっており、なかには比較的さらさらとした透明な液体(漿液性(しょうえきせい)の液体)を含んでいます。

原因

先天性(生まれつき)の肝のう胞は、胎生期に(生まれる前、体がつくられてくる過程で)残った肝臓内の胆管が拡張したものと考えられています。肝のう胞をもつ方が年齢とともに増加するのは、この遺残した肝内胆管が年齢とともに増大するためだと考えられています。

症状

多くは自覚症状がありません。10cmを超えるような大きな肝のう胞の場合には、のう胞が周りの組織を圧迫することで症状が出ることがあります。症状として最も多いのは、右のわき腹からみぞおちにかけての痛みです。また胃がのう胞で圧迫されることで吐き気や嘔吐を起こすこともあります。巨大な肝のう胞ではまれに破裂を起こす場合もあります。

多発した肝のう胞では、のう胞に細菌感染を起こして発熱や痛みを起こすこともあります。のう胞の位置によっては、胆汁の流れを妨げて黄疸(目や皮膚が黄色くなること)を起こす場合もありますが、比較的まれな病態です。

検査・診断

以下のような画像検査を行います。

腹部超音波検査(腹部エコー検査)

体表から超音波の出る装置をあてて肝のう胞の様子を観察します。簡単で体の負担が少ない検査であり最も一般的に行われます。肝のう胞では滑らかな辺縁(ふち)を持ち、中に液体が貯留している様子が観察できます。壁が厚い場合や、内腔に突出する構造物があれば、腫瘍の可能性も考えてCT検査やMRI検査などの詳しい検査を追加して行っていきます。

CT検査(とくに造影CT検査)、MRI検査

肝のう胞についてさらに詳細に調べるために行う検査です。特に造影剤を使用して行う造影CT検査では、血流の様子を調べることができるため、腫瘍性の肝のう胞であるかどうかを調べるのに有効です。

治療

肝のう胞の多くは大きさが変化せずに経過しますが、ときに緩やかに大きくなるケースもあります。一般的な肝のう胞(つまり先天性の肝のう胞)で、特に症状がない場合には経過観察でよいでしょう。しかし腹痛を代表とする何らかの症状を起こした場合や、腫瘍性の肝のう胞が疑われるような場合には、治療の対象となります。

肝のう胞の治療方法としては、穿刺吸引術、硬化療法、開窓術、切除術などがあり、状況によって選択されます。どの治療から優先して行うといった基準は特にありませんが、なるべく体への負担が少ないものから選択される傾向があります。

穿刺吸引術

超音波検査を行いながら体表からのう胞を針で刺して、中の液体をできるかぎり抜く方法です。比較的簡単に行うことができるため、高齢の方や、合併症のある方などに適した治療方法です。

硬化療法

超音波検査やレントゲン検査を行いながら体表からのう胞を針で刺し、細いチューブを留置して(置きとどめて)中の液体を排出させた後に、エタノールという純アルコールをのう胞の中に注入する方法です。エタノールによってのう胞の中で炎症が起こることを利用し、癒着(ゆちゃく)・固定する治療方法であり、ミノサイクリンという抗生物質や、界面活性剤であるethanolamine oleate(EO) が使用されることもあります。

開窓術

肝のう胞の壁を手術で開けて(開窓)、中の液体をお腹の中に流す治療です。お腹の中に流れたのう胞内の液体は、腹膜という組織で自然に吸収されていきます。開腹手術(お腹を大きく開いて行う手術)もしくは腹腔鏡手術(お腹に数か所の小さな穴を開けて手術器具や内視鏡を挿入して行う手術)で行われます。腹腔鏡手術はより患者さんの体への負担が少ない手術方法です。

切除術(肝のう胞核出術、肝切除術)

手術でのう胞や、のう胞を含めた一部の肝臓を切除する治療方法です。腫瘍性ののう胞が疑われる場合などに選択されます。体への負担が少なくない治療方法であるため、適応は慎重に検討されます。

のう胞が感染を起こしていた場合の治療

経皮的ドレナージ(超音波検査を行いながらのう胞を体表から針で刺し、チューブを留置して中の液体を持続的に体外に排出する治療です)を行いながら、抗菌薬を投与します。