ぼうこういぶつ

膀胱異物

泌尿器

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

膀胱異物とは、膀胱内に本来は存在しないものが入り込んでいる状態を指します。多くの場合、自慰行為と関連して発症します。排尿時に痛みが生じたり、血液が尿に混じることから尿が濁ってしまったりするなど、膀胱炎のような症状が現れます。

膀胱異物が確認された際には、膀胱鏡を用いて異物を摘出することが試みられます。膀胱鏡で摘出することが難しいケースでは、膀胱を切開して異物を摘出することが必要となります。

原因

多くの場合、自慰行為と関連して発症します。具体的には、自慰行為中に興味本位で異物を尿道から挿入してしまい、誤って膀胱内の奥深くまで入り込んでしまうことで発生します。

自慰行為で発症することもあれば、性行為中にパートナーが興味本位で入れてしまうようなケースもあります。

また、きわめてまれな例ですが、尿失禁の手術のために尿道の周りに埋め込んだバンドが膀胱を貫通したケースや、避妊や子宮脱予防のために膣内に挿入したリングが長期間放置されて周囲の炎症を誘発し膀胱内に迷入するといったケースもみられます。

症状

膀胱異物とは、膀胱内に本来は存在しないものが入り込んでいる状態であるため、排尿時に痛みが生じたり、血液が尿に混じることから尿が濁ってしまったりするなど、膀胱炎のような症状が現れます。また、頻尿傾向になることもあります。

下腹部の違和感を覚えることもあり、ときに、膀胱内の異物が膀胱の壁を突き破ってしまうこともあります。

検査・診断

多くの場合は自慰行為で発生するため、その状況を医療機関で説明することに抵抗があるかもしれません。しかし、適切な検査を受けるためにも状況を正確に説明することは大切です。

膀胱異物では、超音波検査やレントゲン写真(金属のものなどであれば異物として認識することが可能)などの画像検査が行われます。膀胱鏡によって実際に膀胱内をカメラで観察して、異物を確認することもあります。

異物が膀胱内に存在することで、膀胱炎の症状を伴うことになります。そのため、尿検査を行って膀胱炎のような所見がないかを確認することもあります。

治療

膀胱異物が確認された際には、膀胱鏡を用いて異物を摘出することが試みられます。しかし、膀胱内に入っているものの大きさや形状によっては膀胱鏡で摘出することが難しいケースもあります。その場合には、膀胱を切開して異物を摘出することが必要となります。

膀胱異物では、医療機関の受診をためらってしまい、受診までに時間が経過してしまうことも少なくありません。

しかし、膀胱内異物が膀胱を突き破ってしまうこともあります。また、膀胱異物によって、長いあいだ膀胱炎症状で苦しむ可能性も出てきます。そのため、早期の段階で医療機関を受診して、適切な処置を受けることが大切です。