へいそくぐうかくりょくないしょう

閉塞隅角緑内障

目

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

閉塞隅角緑内障は、緑内障のひとつです。緑内障とは眼球内の圧力が正常よりも高くなることから引き起こされる病気を指します。最も多いタイプの緑内障を「開放隅角緑内障」と呼びますが、それに対比するタイプの緑内障が「閉塞隅角緑内障」です。

開放隅角緑内障が年単位で進行するタイプの緑内障であるのに対して、閉塞隅角緑内障は急激な眼圧上昇を示すこともある緑内障です。一日のうちに急激な眼圧上昇を示し、眼球の腫れ、目の痛み、吐き気、嘔吐などの症状が現れることがあります。失明を避けるためにも早期の治療介入が必要です。

薬物療法が治療の第一選択である開放隅角緑内障と比べて、閉塞隅角緑内障ではレーザー治療や手術治療が必要になることが多いです。
 

原因

眼球内では房水(ぼうすい)と呼ばれる液体が循環しており、眼球に圧力を与えることで球状の形態を保つ働きをしています。房水は毛様体と呼ばれる眼球内の組織で作られ、シュレム管へと排出。眼球内で循環が保たれる仕組みになっています。房水の量が一定に保たれることで、眼圧を一定の範囲内に保つことができます。

房水がシュレム管にアクセスする段階では、隅角(ぐうかく)と呼ばれる物理的に狭い部位を通る必要があります。原発閉塞隅角緑内障は、この隅角が狭くなったり閉じてしまったりするために房水が流出できなくなり発生する緑内障です。

症状

閉塞隅角緑内障では、急に隅角が完全に閉塞してしまうために急激な眼圧上昇を引き起こすことがあり、これを「急性緑内障発作」と呼びます。急性緑内障発作が起こると急速に視力が悪化し、失明のリスクがあります。この発作では眼の痛みや眼のかすみ・充血はもちろんのこと、頭痛や吐き気が起こることも特徴的です。この発作の疑いがある場合は、すぐに眼科を受診する必要があります。

発作を引き起こす要因としては、自律神経系作用薬の使用やストレス、不眠や過労などがあります。さらに、目を長時間使用することで発作が生じる危険性が高まるともいわれています。
 

検査・診断

閉塞隅角緑内障の検査には、眼圧検査、隅角検査、眼底検査、光干渉断層計(OCT)、視野検査があります。眼圧が上がることが緑内障の発症要因なので、実際に眼圧が上昇しているかどうかを確認するための眼圧検査はとても重要です。特に、急性発作を起こしている場合には、眼圧が異常に高い値を呈することがあります。

また、閉塞隅角緑内障を判断する上で、隅角検査によって房水の通り道である隅角の形態を評価することが重要です。さらに、閉塞隅角緑内障では、視神経が障害を受けることから視野の状態が変化します。

これらを観察するための眼底検査や視野検査も、閉塞角緑内障の診療では重要な検査であるといえます。以上のような検査を組み合わせることで、複数のタイプがある緑内障のなかでも閉塞隅角緑内障であることを診断します。
 

治療

緑内障は眼圧が上昇している状態であるため、眼圧を下げることを目的とした治療介入がなされます。治療方法としては、薬物療法、レーザー治療、手術の3種類になります。

閉塞隅角緑内障では薬物療法が適応されることもありますが、効果がないことも少なくありません。このため、閉塞隅角緑内障では、レーザー治療や手術が適応されることが多いでしょう。たとえば、レーザー虹彩切開術や虹彩切除術、水晶体摘出術などの治療介入が行われます。

また、閉塞隅角緑内障に伴う急性緑内障発作では、無治療のまま放置すると、最悪の場合、急激な経過から失明にいたることがあります。そのため、場合によっては緊急手術により早期に眼圧を下げる必要があるといえます。