ばくりゅうしゅ

麦粒腫

別名:ものもらい
目

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)とは、「ものもらい」とも呼ばれる病気のことです。まぶたに存在するまつげの毛根や汗を出す汗腺などに細菌(代表的には黄色ブドウ球菌)に感染することのよって発症します。

まぶたのなかでも、外側に存在するまつげの毛根、汗腺、脂腺に感染することによって発症した麦粒腫を「外麦粒腫」と呼びます。一方、より内側寄りに存在するマイボーム腺に細菌が感染したものを「内麦粒腫」と呼びます。内麦粒腫は、外麦粒腫に比較するとまれであると考えられています。

原因

麦粒腫の原因は、まぶたに細菌が感染することです。まぶたは、上まぶたと下まぶたに分かれています。まぶたにはまつげが連続して生えていますが、それ以外にも汗を出す汗腺、脂を分泌する脂腺が存在しています。さらに眼球に近いまぶたには、「マイボーム腺」と呼ばれる脂腺の一種も存在します。まぶたという狭い領域に、このような多種多様な構造物が存在するのです。こうした構造物が閉塞して細菌が感染することで麦粒腫を発症します。原因となる細菌の多くは、皮膚に常在する黄色ブドウ球菌です。

麦粒腫は、多くの場合は毛根や汗腺、脂腺などの局所における感染症で留まります。しかし、毛根に感染すると、炎症が広がり眼瞼(がんけん)(まぶたのこと)炎を併発することもあります。また、周囲皮下組織に感染症が拡大し、蜂窩織炎(ほうかしきえん)を合併することもあります。

症状

まぶたの構造物に細菌が感染すると、数日のうちに麦粒腫の症状を発症します。麦粒腫を発症すると、典型的には、まぶたの汗腺部位(まぶたのふちに当たる部分)に限局した膿の貯留、それに関連した腫れや赤みなどが現れます。それに加えて、涙目や光が眩しい、眼がゴロゴロするといった異物感、眼の痛みなどを自覚することもあります。さらに2〜4日ほど経過すると、膿が自然に排泄されることが多く、それに伴って痛みや腫れも改善していきます。

内麦粒腫でも、上記と似た症状が現れます。しかし、炎症所見がより強くなることがあり、発熱や悪寒を伴うこともあります。また膿が自然に排泄されることは、外麦粒腫よりもまれであると考えられています。

検査・診断

 

麦粒腫の診断は、基本的に臨床症状によって行います。しかし、この病気と同様にまぶたが腫れる病気として、霰粒腫(細菌感染を原因としないでマイボーム腺が腫れること)、涙嚢(るいのう)炎、涙管炎などがあります。このように、麦粒腫と似たような症状をもつ病気との鑑別を行うために、腫れている部分をより詳細に観察することが重要です。

治療

麦粒腫で頻度の高い外麦粒腫は、治療をしなくても自然に治ることが期待できます。一日のうち2〜3回、10分程度局所を暖めることで治癒を促すことできます。しかし、こうした保存的治療で治らない場合は、抗生物質(点眼薬や内服薬、塗り薬がある)を使用することもあります。また、切開排膿により膿を排泄することもあります。

内麦粒腫の場合、外麦粒腫ほどは自然治癒が期待できません。局所の治療では効果があまりみられないこともあるため、早期の段階から抗生物質の内服や排膿を促す処置を行います。

予防

麦粒腫は、黄色ブドウ球菌を代表とした常在菌に感染することで発症する病気です。そのため、局所の清潔を保つことが発症の予防や病気進行を抑えるために重要なことです。具体的には、治療期間中はコンタクトレンズの使用を避ける、または手指を清潔にした状態で使用することや、眼の周囲の化粧に注意を払うことなどが肝要です。

子どもが麦粒腫を発症することも多くあります。子どもは特に手指の衛生概念がしっかりしていない場合もあるため、周囲の大人が手洗いを促し、眼をこするなどの動作をした際は注意することが重要です。