福岡山王病院 整形外科部長、国際医療福祉大学 教授

日本整形外科学会 整形外科専門医・認定運動器リハビリテーション医

副島 修 そえじま おさむ 先生

副島先生のストーリー記事

患者さんが人生の楽しみを取り戻すことが、整形外科医としての喜び
患者さんが人生の楽しみを取り戻すことが、整形外科医としての喜び

手の治療を専門とする副島 修先生のストーリー

基本情報

診療科

  • 整形外科

主な領域

  • テニス肘
  • 母指CM関節症
  • 音楽家の手の障害

資格・所属学会

日本整形外科学会 整形外科専門医・認定運動器リハビリテーション医

役職など

  • 福岡山王病院 整形外科部長
  • 国際医療福祉大学 教授
  • 福岡大学 整形外科臨床教授
  • 医学博士 取得
  • 福岡ソフトバンクホークス チームドクター
  • 日本体育協会 公認スポーツドクター
  • 日本整形外科学会 上腕骨外側上顆炎患者に対するPRP(多血小板血漿)療法検討ワーキンググループ委員
  • 日本手外科学会 手外科専門医/代議員/広報委員会(委員、委員長)/国際委員会(委員、委員長)
  • 日本整形外科スポーツ医学会 代議員/財務委員会委員
  • 日本肘関節学会 評議員/機能評価委員会委員/ガイドライン策定委員会委員
  • 九州手外科研究会 世話人
  • 福岡上肢の外科研究会 幹事
  • 七隈ハンドカンファランス 世話人
  • 福岡ロコモ研究会 世話人
  • 七隈ロコモティブシンドロームセミナー 世話人
  • 厚生労働省 医師臨床研修指導医
  • 国際手外科連合(IFSSH) 国際会員
  • 米国手外科学会(ASSH) 国際会員
  • アジア太平洋手外科学会連合(APFSSH) 国際会員
  • 国際手関節研究者ワークショップ(IWIW) メンバー
  • 第26回九州手外科研究会 会長

所属病院

福岡山王病院

  • 内科 糖尿病内科 代謝内科 内分泌内科 血液内科 腫瘍内科 肝胆膵内科 消化器内科 神経内科 呼吸器内科 循環器内科 腎臓内科 心療内科 外科 消化器外科 肝胆膵外科 肛門外科 乳腺外科 血管外科 心臓血管外科 呼吸器外科 整形外科 脳神経外科 形成外科 皮膚科 小児科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 リハビリテーション科 泌尿器科 耳鼻咽喉科 放射線科 放射線診断科 放射線治療科 麻酔科 ペインクリニック内科 病理診断科
  • 福岡県福岡市早良区百道浜3丁目6-45
  • 福岡市営地下鉄空港線「藤崎駅」 徒歩15分
  • 092-832-1100
福岡山王病院

医療記事

Q&A

Q
どのような症状が現れたら整形外科を受診すべきですか?
腰、肩、膝など手足の痛みやしびれが長引く際に受診を検討してください。
Q
先生の診療を受けるためには、紹介状が必要でしょうか?
紹介状は不要ですが、事前に予約を取っていただくと受診がスムーズです。
Q
治療の際に先生が心がけていらっしゃることは何ですか?
病状や治療法についての分かりやすい説明を心がけています。
Q
どのような症状が現れたらテニス肘を疑うべきですか?
物を持つ際や蛇口をひねる際に肘外側の痛みが続くときにテニス肘を疑います。また、同様に肘内側が痛むときはゴルフ肘を疑います。
Q
どのような症状が現れたら母指CM関節症を疑うべきですか?
家事仕事の際などに親指付け根の痛みが続くときに母指CM関節症を疑います。

来歴等

略歴

1986年 福岡大学医学部卒業
1992年 福岡大学大学院修了 医学博士取得
1993年 カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF) 整形外科手外科研究所 博士研究員
1995年 福岡大学医学部整形外科 助手
1996年 福岡大学医学部整形外科 併任講師
2005年 福岡大学病院整形外科 講師
2008年 福岡大学病院整形外科 准教授
2009年 福岡山王病院整形外科部長、国際医療福祉大学教授
2009年 韓国慶北大学医学部整形外科 客員教授
2009年 タイ国Mahidol大学医学部Siriraj病院整形外科 客員教授
2010年 福岡大学整形外科臨床教授(併任)
2017年 米国Stanford大学医学部整形外科 客員教授
(Robert A. Chase Visiting Professor to the Stanford University)

論文

【論文】(整形外科関連英文論文のみ)
1. Anatomic Consideration of the Peroneal Nerve for Division of the Fibula During High Tibial Osteotomy / Soejima, O., Ogata, K., Ishinishi, T., Fukahori, Y., Miyauchi, R. - ORTHOPAEDIC REVIEW(1994、23(3):244-247)
2. Radiographic absorptiometry for bone mineral measurement of the phalanges.--Precision and accuracy study / Yang, S., Hagiwara, S., Dhillon, MS., Engelke, K., Guglielmi, G., Bendavid, EJ., Soejima, O., Nelson, DL., Genant, HK. - Radiology (1994、192:857-859)
3. Comparative Mechanical Analysis of Dorsal versus Palmar Placement of Core Suture for Flexor Tendon Repairs. / Soejima, O., Diao, E., Lotz, JC., Hariharan, JS. - The Journal of Hand Surgery (1995、20A(5):801-807)
4. Effect of Peripheral Suture Depth on Strength of Tendon Repairs. / Diao, E., Hariharan, JS., Soejima, O., Lotz, JC. - The Journal of Hand Surgery(1996、21A(2):234-239)
5. Partial Lacerations of Human Digital Flexor Tendons: A Biomechanical Analysis. / Hariharan, JS., Diao, E., Soejima, O., Lotz, JC.  - The Journal of Hand Surgery(1997、22A(6):1011-1015)
6. Site specific collagen crosslinks composition of the adult human flexor digitorum profundus tendon in zone II. / Soejima, O., Ogata, K., Iida, H., Diao, E. - 7th Congress of the International Federation of Societies for Surgery of the Hand. (1998、373-375)
7. Extensor pollicis longus tendon rupture caused by a bizzare parosteal osteochondromatous proliferation of the wrist. / Soejima, O., Isayama, T., Ogata, K. - Hand Surgery(1998、32:277-281)
8. Letters to Editor: Randomized biomechanical study of Zone II human flexor tendon repairs. / Diao, E., Soejima, O., Lotz, JC., Hariharan, JS. - The Journal of Hand Surgery (1999、24A(4):871-873)
9. Measurement of median nerve blood flow during carpal tunnel release with laser Doppler flowmetry. / Soejima, O., Iida, H., Naito, M.  - Minim Invasive Neurosurg(2001、44(4):202-204)
10. Lateral closing wedge osteotomy of the distal radius for advanced stages of Kienbock's disease. / Soejima, O., Iida, H., Komine, S., Kikuta, T., Naito, M. - The Journal of Hand Surgery(2002、27A(1):31-36)
11. Flexor carpi radialis tendinitis caused by malunited trapezial ridge fracture in a professional baseball player. / Soejima, O., Iida, H., Naito, M. - Journal of Orthopaedic Science(2002、7(1):151-153)
12. Rapidly growing fibro-osseous pseudotumor of the digits mimicking extraskeletal osteosarcoma / Nishio, J., Iwasaki, H., Soejima, O., Naito, M., Kikuchi, M. - J Orthop Sci(2002、7:410-413)
13. Resection of the distal pole of the scaphoid for scaphoid nonunion with radioscaphoid and intercarpal arthritis. / Soejima, O., Iida, H., Hanamura, T., Naito, M. - The Journal of Hand Surgery (2003、28A(4):591-596)
14. Dorsal and Palmar Material Properties of the Adult Human Flexor Profundus Tendon in Zone II. / Soejima, O., Diao, E., Lotz, JC., Hariharan, JS., Naito, M. - Hand Surgery(2003、8(1):53-58)
15. Transscaphoid-transtriquetral perilunate fracture dislocation: report of a case and view of the literature / Soejima, O., Iida, H., Naito, M.  - Arch Orthop Trauma Surg(2003、126(6):305-307)
16. Suspensionplasty with the abductor pollicis longus tendon for osteoarthritis in the carpometacarpal joint of the thumb. / Soejima, O., Hanamura, T., Kikuta, T., Iida, H., Naito, M. - The Journal of Hand Surgery(2006、31A(3):425-428) 
17. Ligament reconstruction suspension arthroplasty using double palmaris longus tendon graft with Mini TightRope for advanced thumb trapeziometacarpal joint arthritis. / Soejima, O. - The Journal of Hand Surgery (2017、42E(Suppl.): S19)
18. Ligament reconstruction suspension arthroplasty using double palmaris longus tendon graft with a suture button for advanced thumb trapeziometacarpal joint arthritis (Surgical video). / Soejima, O. - HAND-E, The American Society for Surgery of the Hand Web (2017) 

著書

1. Butterfly Flaps for the Finger Webs. / Diao, E., Soejima, O. - Techniques in Hand Surgery, Blair, W.F., (ed.). Media, PA: Williams & Wilkins (1996, 500-507)
2. 母指CM関節症に対する関節形成術 新OS NOW:手指の外科-修復、再建とリハビリテーション(高岡邦夫編) / 副島 修(分担) - メジカルビュー社(2004、22:156-160)
3. 手部の骨折および脱臼・靭帯損傷 / 副島 修 - 第11回日本手の外科学会秋期教育研修会テキスト(日本手の外科学会教育研修委員会編)(2005, 66-71)
4. 母指CM関節症 治療のコツ 整形外科Knack & Pitfalls:手の外科の要点と盲点(金谷文則編) / 副島 修(分担) - 文光堂(2007:342-343)
5. 母指CM関節骨折。OS NOW Instruction No. 2:上肢の骨折・脱臼 手技のコツ&トラブルシューティング(金谷文則編)/ 副島 修(分担) - メジカルビュー社、(2007、250-256)
6. 手の外科シリーズDVD (患者啓発アニメーション) Vol. 1(田中寿一,堀内行雄,藤沢幸三,柳原泰 監修)/ 青木光広,戸部正博,副島 修,高原政利,池上博泰,香月憲一,砂川 融  - 日本手の外科学会、(2007)
7. 週間トレーニング日記:テニスパフォーマンスのための実践トレーニングガイド(別府諸兄監訳)/ 副島 修(分担) - ナップ、(2008、281-283)
8. 舟状大菱形小菱形骨間(STT)関節症整形外科臨床パサージュ5:手・肘の痛み クリニカルプラクティス(加藤博之 編) / 副島 修(分担) - 中山書店(2010:175-178)
9. 母指CM関節症 整形外科臨床パサージュ5:手・肘の痛み クリニカルプラクティス(加藤博之 編) / 副島 修(分担) - 中山書店(2010:179-182)
10. 滑膜炎(滑膜ひだ障害)に対する手術適応と術式:Ⅶ.手関節・肘関節鏡視下手術とそのスキル手・肘関節鏡下手術(別府諸兄 編集)スキル関節鏡下手術アトラス(越智光夫 監修) / 副島 修、西尾謙吾(分担) - 文光堂(2011:136-140)
11. 有鉤骨骨折 新版 スポーツ整形外科学(中嶋寛之 監修、福林 徹・史野根生 編集) / 副島 修(分担) - 南光堂(2011:208-209)
12. 橈骨頭骨折、頚部骨折 整形外科Knack & Pitfalls:肘関節外科の要点と盲点(金谷文則編) / 石河利之、副島 修(分担) - 文光堂(2011:134-138)
13. スポーツ外傷 ガイドライン外来診療2013年版(編集主幹、泉 孝英) / 副島 修(分担) - 日経メディカル社(2013:275-279)
14. 手指関節側副靭帯損傷(PIP/MP関節) 実践!手・手指外傷の診断・治療のテクニック(監修 田中寿一) / 副島 修(分担) - メディカ出版(2014:73-77)
15. 上腕骨外側上顆炎(内側上顆炎)直視下法 肘関節手術のすべて(編集 今谷潤也) / 副島 修(分担) - メジカルビュー社(2015:202-215)
16. 槌指、Bennett骨折/Roland骨折 今日の整形外科治療指針 第7版(編集 土屋弘行、田中康人、田中 栄、松田秀一) / 副島 修(分担) - 医学書院(2015)
17. 母指CM関節症の診断と治療 手の外科診断&治療のコツ(監修別府諸兄) / 副島 修(分担) - NETSURF Vietnam(2015) 
18. CMC Mini TightRopeを用いたLigament Reconstruction Suspension Arthroplasty. / 副島 修 - TightRope Clinical Report: CMC Mini TightRope
Arthrex Japan (2016)
19. 槌指(マレット指) 今日の治療指針 2018年版(総編集 福井次矢、高木 誠、小室一成) / 副島 修(分担) - 医学書院(2018:1094)

その他

  • 【受賞】1993年 上原記念生命科学財団 海外留学助成ポストドクトラルフェローシップ

  • 【受賞】1994年 UCSF Academic Senate Committee on Research; Individual Investigator Award

  • 【受賞】1995年 2nd Combined Orthopaedic Research Societies Meeting; New Investigator Recognition Award

  • 【受賞】2001年 JSSH-HKSSH Exchange Traveling Fellow(香港)

  • 【受賞】2007年 JOA-AOA Traveling Fellow(米国)

  • 【受賞】2014年 19th Congress of the Federation of the European Societies for Surgery of the Hand; Best access e-poster

  • 【受賞】2017年Top-rated video theater videos, 72nd Annual Meeting of the American Society for Surgery of the Hand

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師