福岡山王病院 神経内科、日本神経学会 代議員

日本神経学会 神経内科専門医・指導医

赤松 直樹 あかまつ なおき 先生

高齢化の進む日本において、てんかん治療に尽力し続ける

産業医科大学病院にて、医師としてのキャリアがはじまる。その後、米国クリーブランドクリニック財団病院神経内科にて脳波・てんかん部門のフェローとして研修を受け、帰国後に専門領域としてのてんかん診療を開始。内科的治療でてんかんを治すために努力を重ね、現在は、福岡山王病院の神経内科にて、てんかんを専門に日々診療にあたっている。 超高齢社会に突入した日本において、高齢者てんかんの重要性にも言及。高齢者てんかんの診断と治療に力を注ぐとともに、国際医療福祉大学の教授も務め、若手医師の育成にも尽力。

赤松先生のストーリー記事

患者さんそれぞれとの思い出を、しっかりと覚えている
患者さんそれぞれとの思い出を、しっかりと覚えている

アメリカのてんかんセンターで学び、日本のてんかん診療の発展に尽力する赤松 直樹先生のストーリー

基本情報

診療科

  • 脳神経内科

主な領域

  • 赤松先生のてんかんに関する得意な領域
    • 抗てんかん薬治療

資格・所属学会

日本神経学会 神経内科専門医・指導医

役職など

  • 福岡山王病院 神経内科
  • 日本神経学会 代議員
  • 日本神経学会 てんかんガイドライン編集協力者
  • 日本神経学会 学術大会学術委員
  • 日本神経学会 てんかんセレクションコアメンバー
  • 日本神経学会 将来構想委員
  • 日本神経学会 てんかんガイドライン委員会副委員長
  • 日本臨床神経生理学会 技術教育・試験委員
  • 日本臨床神経生理学会 評議員
  • 日本内科学会 所属
  • 米国神経アカデミー 所属
  • 日本てんかん学会 代議員
  • 日本てんかん学会 ガイドライン委員
  • 日本てんかん学会 教育委員
  • 日本てんかん学会 第47回学術大会副会長
  • 日本てんかん学会 理事
  • 日本神経治療学会 代議員
  • 日本頭痛学会 所属
  • 日本脳卒中学会 所属
  • 米国てんかん学会 所属
  • 日本神経心理学会 所属
  • 福岡県介護保険審査委員会 審査委員
  • 米国てんかん学会 特別会員(Fellow of American Epilepsy Society)
  • 米国てんかん学会 ガイドライン委員会委員(American Epilepsy Society epilepsy guideline committee member )
  • 国際抗てんかん連盟 治療委員 (Epilepsy in the Elderly Task Force of the Commission on Medical Therapies)
  • 日本認知症学会 所属
  • 福岡大学医学部 非常勤講師
  • 米国てんかん学会 ガイドライン委員会委員(American Epilepsy Society epilepsy guideline committee member )

所属病院

福岡山王病院

  • 内科 糖尿病内科 代謝内科 内分泌内科 血液内科 腫瘍内科 肝胆膵内科 消化器内科 神経内科 呼吸器内科 循環器内科 腎臓内科 心療内科 外科 消化器外科 肝胆膵外科 肛門外科 乳腺外科 血管外科 心臓血管外科 呼吸器外科 整形外科 脳神経外科 形成外科 皮膚科 小児科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 リハビリテーション科 泌尿器科 耳鼻咽喉科 放射線科 放射線診断科 放射線治療科 麻酔科 ペインクリニック内科 病理診断科
  • 福岡県福岡市早良区百道浜3丁目6-45
  • 福岡市営地下鉄空港線「藤崎駅」 徒歩15分
  • 092-832-1100
福岡山王病院

医療記事

来歴等

略歴

1987年 産業医科大学医学部医学科 卒業
1987年 産業医科大学病院 臨床研修医(神経内科)
1988年 小倉記念病院 臨床研修医(神経内科)
1989年 産業医科大学大学院医学研究科環境産業生態系博士課程 入学
1992年 米国クリーブランドクリニック財団病院 神経内科レジデント
1993年 産業医科大学大学院医学研究科環境産業生態系博士課程 単位取得後退学
1995年 社団法人日本健康倶楽部福岡支部 産業医
1996年 産業医科大学 産業医学修練医(神経内科)
1997年 産業医科大学 助手 (医学部神経内科) 採用
2002年 産業医科大学 学内講師(医学部神経内科学) 昇任
2006年 産業医科大学 講師 昇任
2011年 産業医科大学 准教授(医学部神経内科学) 昇任
2014年 国際医療福祉大学 教授(福岡保健医療学部) 採用
2014年 福岡山王病院 脳神経機能センター 神経内科 (併任)
2017年 国際医療福祉大学 教授(医学部脳神経内科) 採用

論文

  • Intracellular EGTA alters phasic firing of neurons in the rat supraoptic nucleus in vitro Neurosci Lett. 147:189-9,1992

    Inenaga K, Akamatsu N, Nagatomo T, Ueta Y, Yamashita H

  • Inhibitory effects of natriuretic peptides on vasopressin neurons mediated through cGMP and cGMP-dependent protein kinase in vitro. J Neuroendocrinol. 5:517-522,1993 (IF: 3.138)

    Akamatsu N, Inenaga K, Yamashita H

  • Negative myoclonus in Creutzfeldt-Jakob disease. Clin Neurophysiol. 111:471-476,2000

    Matsunaga K, Uozumi T, Akamatsu N, Nagashio Y, Qingrui L, Hashimoto T, Tsuji S

  • Decreased susceptibility to pentylenetetrazol-induced seizures after low-frequency transcranial magnetic stimulation in rats.Neurosci Lett. 310:153-156, 2001 (IF: 2.105)

    Akamatsu N, Fueta Y, Endo Y, Matsunaga K, Uozumi T, Tsuji S

  • Somatosensory evoked high frequency oscillations recorded from subdural electrodes. Clin Neurophysiol. 112:2261-2264, 2001 (IF: 3.486)

    Kojima Y, Uozumi T, Akamatsu N, Matsunaga K, Urasaki E, Tsuji S

  • Early and late inhibition in the human motor cortex studied by paired stimulation throughsubdural electrodes. Clin Neurophysiol, 113: 1099-1109, 2002 (IF: 3.486)

    Matsunaga K, Akamatsu N, Uozumi T, Urasaki U, Tsuji S

  • Dynamic changes in area 1 somatosensory cortex during transient sensory deprivation: a preliminary study.J Clin Neurophysiol, 19: 219-231, 2003 (IF: 1.451)

    Urasaki E, Genmoto T, Wada S, Yokota A, Akamatsu N

  • The effects of stimulus rates on high frequency oscillations of median nerve somatosensory-evoked potentials. Clinical Neurophysiol. 113:1794-1797, 2002 (IF: 3.486)

    Urasaki E, Genmoto T, Akamatsu N, Wada S, Yokota A

  • Origins and characteristics of high-frequency (>500 hz) SEP components directly recordedfrom the cervical cord, thalamus, and cerebral cortex. Suppl Clin Neurophysiol, 59: 159-165, 2006 (IF: 3.486)

    Urasaki E, Maeda R, Akamatsu N, Yokota A

  • Partial loss of hippocampal striation in medial temporal lobe epilepsy: pilot evaluation with high-spatial-resolution T2-weighted MR imaging at 3.0 T. Radiology 251:873-881, 2009

    Hanamiya M, Korogi Y, Kakeda S, Ohnari N, Kamada K, Moriya J, Satoh T, Kitajima M, Akamatsu N, Tsuji S

  • Decision-making in temporal lobe epilepsy examined with the Iowa Gambling Task. Epilepsy Research 93:133-38, 2011 (IF: 2.298)

    Yamano M, Akamatsu N, Tsuji S, Kobayakawa M, Kawamura M

  • Syncope and ictal asystole caused by temporal lobe epilepsy. Circ J. 75: 2508-10, 2011 (IF: 3.766)

    Kohno R, Abe H, Akamatsu N, Oginosawa Y, Tamura M, Takeuchi M, Otsuji Y

  • Mesial temporal lobe epilepsy as a neuropsychiatric syndrome of systemic lupus erythematosus. Epilepsia. 54: e33-e36, 2013 (IF: 3.961)

    Toyota T, Akamatsu N, Tanaka A, Shouzaki T, Tsuji S, Saito K, Tanaka Y

  • A more realistic approach, using dynamic stimuli, to test facial emotion recognition impairment in temporal lobe epilepsy. Epilepsy Behav. (Accepted March 23, 2013) 2013 (IF: 2.335)

    Tanaka A, Akamatsu N, Yamano M, Nakagawa M, Kawamura M, Tsuji S

  • Clinical characteristics and treatment responses in new-onset epilepsy in the elderly Seizure. (Accepted June 11, 2013) 2013 (IF: 1.798)

    Tanaka A, Akamatsu N, Shouzaki T, Toyota T, Yamano M, Nakagawa M, Tsuji S

  • Subclinical tonic-clonic epileptic seizure detected by an implantable loop recorder. International Heart Journal (Accepted April 10, 2013) 2013 (IF: 1.164)

    Kohno R, Abe H, Akamatsu N, Tamura M, Takeuchi M, Otsuji Y, Benditt DG

  • Classification of paroxysmal events and the four-dimensional epilepsy classification system. Epileptic Disord. 2019 Feb 1;21(1):1-29. doi: 10.1684/epd.2019.1033.

    Lüders H, Vaca GF, Akamatsu N, Amina S, Arzimanoglou A, Baumgartner C, Benbadis SR, Bleasel A, Bermeo-Ovalle A, Bozorgi A, Carreño M, Devereaux M, Francione S, Losarcos NG, Hamer H, Holthausen H, Jamal-Omidi S, Kalamangalam G, Kanner AM, Knake S, Lacuey N, Lhatoo S, Lim SH, Londoño LV, Mani J, Matsumoto R, Miller JP, Noachtar S, Palmini A, Park J, Rosenow F, Shahid A, Schuele S, Steinhoff BJ, Ákos Szabó C, Tandon N, Terada K, Boas WVE, Widdess-Walsh P, Kahane P.

  • A common electrocardiographic finding in patients with epilepsy. J Cardiovasc Electrophysiol. 2019; 30: 109-115.

    Hayashi K, Kohno R, Akamatsu N, Benditt, DG, Abe, H. Abnormal repolarization

  • Prevalence of adult epilepsy in a general Japanese population: The Hisayama study. Epilepsia Open. 2019; 4: 182– 186.

    Tanaka A, Hata J, Akamatsu N, Mukai N, Hirakawa Y, Yoshida D, Kishimoto H, Ohara T, Mizuno T, Tsuji S, Kitazono T, Ninomiyal T

  • Critique of the 2017 epileptic seizure and epilepsy classifications. Epilepsia. 2019 Jun;60(6):1032-1039. doi: 10.1111/epi.14699. Epub 2019 Mar 28.

    Lüders H, Akamatsu N, Amina S, et al

  • Long-term tolerability, safety and efficacy of adjunctive perampanel in the open-label, dose-ascending Study 231 and extension Study 233 in Japanese patients with epilepsy. Seizure; 62:26-32, 2018. doi: 10.1016/j.seizure.2018.09.012.

    Usui N, Akamatsu N, Nakasato N, Ohnishi A, Kaneko S, Hiramatsu H, Saeki K, Miyagishi H, Inoue Y,

  • Abnormal Repolarization: A Common Electrocardiographic Finding in Patients with Epilepsy. J Cardiovasc Electrophysiol. 2018 Sep 19. doi: 10.1111/jce.13746

    Hayashi K, Kohno R, Akamatsu N, Benditt DG, Abe H

  • GENCAT Study Group. Association of HLA-A*31:01 Screening with the Incidence of Carbamazepine-Induced Cutaneous Adverse Reactions in a Japanese Population. JAMA Neurol. 2018 Jul 1;75(7):842-849. doi: 10.1001/jamaneurol.2018.0278.

    Mushiroda T, Takahashi Y, Onuma T, Yamamoto Y, Kamei T, Hoshida T, Takeuchi K, Otsuka K, Okazaki M, Watanabe M, Kanemoto K, Oshima T, Watanabe A, Minami S, Saito K, Tanii H, Shimo Y, Hara M, Saitoh S, Kinoshita T, Kato M, Yamada N, Akamatsu N, Fukuchi T, Ishida S, Yasumoto S, Takahashi A, Ozeki T, Furuta T, Saito Y, Izumida N, Kano Y, Shiohara T, Kubo M;

著書

  • 【共著】辻貞俊,赤松直樹.事象関連脳電位の神経起源の局在:田川皓一, 峰松一夫.神経心理学の局在診断と画像診断.西村書店.1997

  • 【共著】赤松直樹,辻貞俊.てんかん:Orrin Devinsky.神経心理学と行動神経学の100章.西村書店.1999

  • 【共著】赤松直樹,辻貞俊.問診票を効果的に用いた頭痛診療, 頭部CTで異常のみられなかったくも膜下出血, てんかんと関連する頭痛:坂井文彦.頭痛診療のコツと落とし穴中山書店.2003

  • 【共著】赤松直樹, 辻貞俊.てんかん:矢崎義雄,菅野健太郎監修.疾患別最新処方.メジカルビュー社. 2005

  • 【共著】赤松直樹,辻貞俊,浦崎永一郎.慢性硬膜下電極による言語野局在と機能:千野直一, 安藤徳彦.リハビリテーションMOOK12 言語障害・摂食嚥下障害とリハビリテーション.金原出版.2005

  • 【共著】赤松直樹.てんかん:眞野行生,辻貞俊.磁気刺激法の基礎と応用.医歯薬出版.2005

  • 【共著】赤松直樹,辻貞俊.神経疾患に伴う失神:安部治彦.失神の診断と治療.メディカルレビュー社. 2006

  • 【共著】赤松直樹,辻貞俊.磁気刺激治療法:小林祥泰,水澤英洋.神経疾患 最新の治療2006-2008. 南江堂. 2006

  • 【共著】赤松直樹,辻貞俊,浦崎永一郎.日本人側頭葉底部言語野機能─慢性硬膜下電極による検索─:鶴紀子.脳とこころの科学. 新興医学出版社.2006

  • 【共著】赤松直樹.頸動脈硬化症 動脈硬化最新の基礎と臨床:中島康秀.動脈硬化―最新の基礎と臨床.永井書店. 2006

  • 【共著】赤松直樹,辻貞俊.てんかん, ナルコレプシー, けいれん:前田正信.よくわかる病態生理 8 神経疾患. 日本医事新報社. 2007

  • 【共著】赤松直樹.脳の炎症性および感染性疾患:D.A. アンフレッド.脳・神経リハビリテーション大事典. 西村書店.2007.1080p

  • 【共著】赤松直樹,辻貞俊.前兆のある意識減損発作をきたす28歳女性:鈴木則宏.New専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ 6 神経疾患.日本医事新報社.2008

  • 【共著】赤松直樹,辻貞俊.機能性疾患てんかん:鈴木則宏.神経疾患・診療ガイドライン―最新の診療指針―. 総合医学社.2009

  • 【共著】赤松直樹,辻貞俊.けいれん・けいれん様運動を呈する各種病因A.てんかん2.持続性部分てんかん:兼本浩祐,山内俊雄.精神科領域におけるけいれん・けいれん様運動. 中山書店. 2009

  • 【共著】辻貞俊.赤松直樹,てんかんとナルコレプシー:小川聡.内科学書改訂第7版. 中山書店. 2009

  • 【共著】山野光彦,赤松直樹,辻貞俊.てんかん:阿部康二.研修医のための神経内科診療. 新興医学出版.2010

  • 【共著】赤松直樹.122てんかん治療中の社員への就業上の配慮:産業医科大学進路指導部編集委員会.産業医のためのギモン・難問相談室―困ったときに役立つQ&A150. 診断と治療社. 2010

  • 【共著】赤松直樹,辻貞俊.けいれん性疾患:テーラーメード治療のための治療薬の選択と使用法 ガイドライン実地医家に必須の56疾患. 文光堂.2010

  • 【共著】赤松直樹, 辻貞俊.ガバペンチンのてんかん治療における意義:兼子直.てんかんの薬物療法 新たな治療薬の導入後. 新興医学出版社. 2010

  • 【共著】赤松直樹,辻貞俊.てんかん. ナルコレプシー: 門脇孝,永井良三.内科学.西村書店.2012

  • 【共著】赤松直樹.睡眠関連てんかん: 野沢胤美.睡眠医学アトラス 検査と臨床.真興交易医書出版部.2012

  • 【共著】赤松直樹.抗てんかん薬: 水澤英洋,鈴木則宏,梶龍兜,吉良潤一,神田隆,斎藤延人.今日の神経疾患治療指針第2版. 2013

  • 【共著】神奈川芳行,赤松直樹.運転に関する業務(P108-118):適正配置ストラテジー:神奈川芳行,河津雄一郎.堀江正知.産業医学推進研究会.2014

  • 【共著】赤松直樹.肝疾患患者における抗てんかん薬の選択は(P119-122): 池田昭夫.症例から学ぶ戦略的てんかん診断・治療.南山堂.2014

  • 【共著】赤松直樹,辻貞俊.痙攣(てんかん重積状態、てんかん発作を含む)(P159-162): 鈴木則宏.神経内科研修ノート.診断と治療社. 2014

  • 【共著】赤松直樹,田中章浩,山野光彦,辻貞俊.側頭葉てんかん:神経症候群(第二版)VI XIVてんかん症候群 別冊日本臨床.新領域別症候群シリーズ No.31

  • 【共著】赤松直樹,辻貞俊.てんかん: .小林祥泰・水澤英洋編集.神経疾患最新の治療2015-2017.南江堂.2015

  • 【共著】赤松直樹.神経内科疾患の理解とその看護 てんかん: 松本昌泰,丸山博文,百田武司.神経内科看護の知識と実際.メディカ出版.2015

  • 【共著】赤松直樹,辻貞俊.けいれんとてんかんの診断と治療: 総監修 中里信和.神経救急・脳神経外科周術期におけるてんかん発作の管理 フォスフェニトインによる実践集.ライフ・サイエンス.2015

  • 【共著】赤松直樹,辻貞俊.神経内科臨床検査シリーズDVD.3脳波検査.水澤英洋監修.丸善出版.2015

  • 【共著】赤松直樹.てんかんの内科治療: 福井次矢.今日の治療指針.医学書院.2019

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師