新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

山形大学 医学部眼科学講座 教授

日本眼科学会 眼科専門医

山下 英俊 やました ひでとし 先生

網膜硝子体の疾患を専門とする眼科医。山形大学医学部長や日本眼科学会理事長も務める。特に糖尿病網膜症においての研究実績を持ち、患者に向けた糖尿病網膜症に関する書籍を多数刊行している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 眼科
  • 網膜硝子体疾患
  • 眼科における疫学研究
  • 分子生物学

資格・学会・役職

日本眼科学会 眼科専門医
  • 山形大学 医学部眼科学講座 教授
  • 医学博士 取得
  • 日本眼科学会 理事長(2017年4月5日まで)

所属病院

山形大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 放射線診断科 放射線治療科 病理診断科
  • 山形県山形市飯田西2丁目2-2
  • 山形線「山形駅」 JR各線乗り入れ  バスも利用可(山形交通バス 大学病院行きなど) 車7分
  • 023-633-1122
山形大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1981年 東京大学医学部医学科卒業
東京大学医学部眼科学教室医員(研修医)
1982年 東京大学医学部眼科学講座助手
1985年 国家公務員等共済組合連合会三宿病院 及び 自衛隊中央病院眼科勤務
1987年 東京大学医学部眼科学教室講師
1994年-1996年 スウエーデン、ウプサラ大学へ留学。
1996年 東京大学医学部眼科学教室講師へ復職。
1999年 山形大学医学部眼科教授
2003年-2010年 山形大学医学部附属病院長兼務
2010年 山形大学医学部長兼務

論文

1. ten Dijke P, Yamashita H, Ichijo H, Franzen P, Laiho M, Miyazono K, Heldin C-H: Characterization of type I receptors for transforming growth factor-β and activin. Science 264: 101-104, 1994.
2. Tanaka Y, Katoh S, Hori S, Miura M, Yamashita H: Vascular endothelial growth factor in diabetic retinopathy. Lancet 349: 1520, 1997.
3. Yamamoto T, Takeuchi S, Suzuki K, Yamashita H: Expression and possible roles of activin A in proliferative vitreoretinal diseases. Jpn J Ophthalmol 44: 221-226, 2000.
4. Nakano S, Yamamoto T, Kirii E, Abe S, Yamashita H: Steroid eye drop treatment (difluprednate ophthalmic emulsion) is effective in reducing refractory diabetic macular edema. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 248: 805-10, 2010.
5. Narumi M, Nishitsuka K, Yamashita H, Yamakawa M: A survey of vitreous components performed using liquid-based cytology. Acta Ophthalmol 93:e386-90, 2015.

その他

  • 【受賞】 1992年 1991年度日本眼科学会学術奨励賞受賞

  • 【受賞】1996年 第一回Rohto Award(ロート賞)受賞

  • 【受賞】1997年 1996年度東京大学医師会医学賞受賞(第11号)

  • 【受賞】2007年 日本眼科学会評議員会賞受賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。