新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

山形大学医学部附属病院 産科婦人科 教授

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医・理事・災害対策・復興委員会委員長・婦人科腫瘍委員会副委員長・用語集・用語解説集改訂委員会副委員長 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医・常務理事・ガイドライン委員会委員長・査読委員 日本産婦人科手術学会 理事 婦人科悪性腫瘍研究機構 理事 日本臨床細胞学会 細胞診専門医・評議員 日本婦人科がん検診学会 評議員 日本女性医学学会 女性ヘルスケア専門医・暫定指導医・代議員 日本産科婦人科内視鏡学会 会員 日本癌学会 会員 日本癌治療学会 会員

永瀬 智 ながせ さとる 先生

現在、山形大学医学部産婦人科の教授を務め、子宮体がんなどの婦人科悪性腫瘍の手術や研究を行う。また、治療成績向上のため、子宮体がんをはじめ婦人科がんの各ガイドライン作成に携わっている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 産科
  • 婦人科
  • 【得意な領域】婦人科腫瘍学

資格・学会・役職

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医・理事・災害対策・復興委員会委員長・婦人科腫瘍委員会副委員長・用語集・用語解説集改訂委員会副委員長
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医・常務理事・ガイドライン委員会委員長・査読委員
日本産婦人科手術学会 理事
婦人科悪性腫瘍研究機構 理事
日本臨床細胞学会 細胞診専門医・評議員
日本婦人科がん検診学会 評議員
日本女性医学学会 女性ヘルスケア専門医・暫定指導医・代議員
日本産科婦人科内視鏡学会 会員
日本癌学会 会員
日本癌治療学会 会員
  • 山形大学医学部附属病院 産科婦人科 教授
  • 山形大学医学部附属病院 婦人科 教授

所属病院

山形大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 放射線診断科 放射線治療科 病理診断科
  • 山形県山形市飯田西2丁目2-2
  • 山形線「山形駅」 JR各線乗り入れ  バスも利用可(山形交通バス 大学病院行きなど) 車7分
  • 023-633-1122
山形大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1991年 東北大学医学部 卒業
1991年 岩手県立磐井病院 産婦人科
1994年 東北大学医学部附属病院 医員
1997年 東北大学医学部付属病院 産婦人科 助手
1998年 東北大学 博士(医学)学位取得
1998年 米国コロンビア大学 研究員(癌遺伝学)
2001年 八戸市立市民病院 産婦人科 医長
2004年 宮城県立がんセンター 婦人科 主任医長
2005年 東北大学病院 助教(婦人科)
2008年 東北大学病院 講師(婦人科)
2010年 東北大学医学部医学系研究科 准教授
2014年 山形大学医学部産科婦人科学講座 教授
2016年 山形大学医学部附属病院 副院長(2018年3月まで)
2020年 山形大学医学部 副学部長

論文

  • Epidemiological guideline influence on the therapeutic trend and patient outcome of uterine cervical cancer in Japan: Japan society of gynecologic oncology guideline evaluation committee project. Gynecol Oncol. 2020 Oct;159(1):248-255.

    Shigeta S, Shida M, Nagase S, Ikeda M, Takahashi F, Shibata T, Yamagami W, Katabuchi H, Yaegashi N, Aoki D, Mikami M.

  • xCT inhibitor sulfasalazine depletes paclitaxel-resistant tumor cells through ferroptosis in uterine serous carcinoma. Oncol Lett. 2020 Sep;20(3):2689-2700.

    Sugiyama A, Ohta T, Obata M, Takahashi K, Seino M, Nagase S.

  • Clinical and reproductive outcomes of fertility-sparing surgery in stage I epithelial ovarian cancer. Mol Clin Oncol. 2020 Jan;12(1):44-50.

    Watanabe T, Soeda S, Nishiyama H, Kiko Y, Tokunaga H, Shigeta S, Yaegashi N, Yamada H, Ohta T, Nagase S, Shoji T, Kagabu M, Baba T, Shimizu D, Sato N, Terada Y, Futagami M, Yokoyama Y, Fujimori K.

  • MicroRNA Let-7c Contributes to Paclitaxel Resistance via Aurora-B in Endometrial Serous Carcinoma. Tohoku J Exp Med. 2020 Aug;251(4):263-272.

    Sato I, Ishibashi M, Tokunaga H, Shigeta S, Sakurada S, Shimada M, Nagase S, Watanabe Y, Yaegashi N.

  • Squamous cell carcinoma arising from a mature cystic teratoma of the ovary: Successful treatment with carboplatin, paclitaxel, and bevacizumab. Gynecol Oncol Rep. 2020 Aug 26;34:100632

    Fukase M, Ohta T, Watanabe N, Suzuki Y, Seino M, Sudo T, Nagase S.

  • Successful laparoscopic resection of virilizing ovarian steroid cell tumor, not otherwise specified, in a 22-year-old woman: a case report and evaluation of the steroidogenic pathway. Fukushima J Med Sci. 2020 Jan 9;65(3):133-139.

    Matsukawa J, Takahashi T, Hada Y, Kameda W, Ota K, Fukase M, Takahashi K, Matsuo K, Mizunuma H, Nagase S.

  • Impact of endoplasmic reticulum stress on oocyte aging mechanisms. Mol Hum Reprod. 2020 Aug 1;26(8):567-575.

    Takehara I, Igarashi H, Kawagoe J, Matsuo K, Takahashi K, Nishi M, Nagase S.

  • Lymphadenectomy for primary ovarian cancer: a systematic review and meta-analysis. J Gynecol Oncol. 2020 Sep;31(5):e67. doi: 10.3802/jgo.2020.31.e67

    Chiyoda T, Sakurai M, Satoh T, Nagase S, Mikami M, Katabuchi H, Aoki D.

  • Survival outcome and perioperative complication related to neoadjuvant chemotherapy with carboplatin and paclitaxel for advanced ovarian cancer: A systematic review and meta-analysis. Eur J Surg Oncol. 2020 46;868-875

    Machida H, Tokunaga H, Matsuo K, Matsumura N, Kobayashi Y, Tabata T, Kaneuchi M, Nagase S, Mikami M.

  • Japan Society of Gynecologic Oncology 2018 guidelines for treatment of uterine body neoplasms. J Gynecol Oncol. 2020 Jan;31(1):e18.

    Yamagami W, Mikami M, Nagase S, Tabata T, Kobayashi Y, Kaneuchi M, Kobayashi H, Yamada H, Hasegawa K, Fujiwara H, Katabuchi H, Aoki D.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。