新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

山形大学 医学部 脳神経外科学講座 教授

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

園田 順彦 そのだ ゆきひこ 先生

1992年に東北大学医学部を卒業後、脳神経外科医として経験を積む。主に脳腫瘍の手術や悪性脳腫瘍の集学的治療を専門としている。2015年には山形大学脳神経外科の教授に就任。悪性神経膠腫の研究や診療にも尽力している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経外科
  • 脳腫瘍の手術
  • 悪性脳腫瘍の集学的治療

資格・学会・役職

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 山形大学 医学部 脳神経外科学講座 教授
  • 医学博士 取得
  • 日本脳腫瘍学会 理事
  • 日本脳腫瘍の外科学会 理事
  • 日本脳腫瘍病理学会 理事

所属病院

山形大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 外科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 放射線診断科 放射線治療科 病理診断科
  • 山形県山形市飯田西2丁目2-2
  • 山形線 山形 JR各線乗り入れ  バスも利用可(山形交通バス 大学病院行きなど) 車7分
  • 023-633-1122
公式ウェブサイト
山形大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1992年 東北大学医学部卒業
1998年 東北大学大学院卒業 医学博士取得
1998年 東北大学脳神経外科 助手
2001年 山形大学脳神経外科 助手
2004年 山形大学脳神経外科 講師
2007年 東北大学脳神経外科 講師
2014年 東北大学脳神経外科 准教授
2015年 山形大学脳神経外科 教授

論文

1. Sonoda Y, Shibahara I, Matsuda KI, Saito R, Kawataki T, Oda M, Sato Y, Sadahiro H, Nomura S, Sasajima T, Beppu T, Kanamori M, Sakurada K, Kumabe T, Tominaga T, Kinouchi H, Shimizu H, Ogasawara K, Suzuki M. Opening the ventricle during surgery diminishes survival among patients with newly diagnosed glioblastoma treated with carmustine wafers: a multi-center retrospective study. J Neurooncol. 2017 May 22. doi: 10.1007/s11060-017-2488-7. [Epub ahead of print]
2. Kawaguchi T, Sonoda Y, Shibahara I, Saito R, Kanamori M, Kumabe T, Tominaga T. Impact of gross total resection in patients with WHO grade III glioma harboring the IDH 1/2 mutation without the 1p/19q co-deletion. J Neurooncol. 129:505-14, 2016.
3. Sonoda Y, Shibahara I, Kawaguchi T, Saito R, Kanamori M, Watanabe M, Suzuki H, Kumabe T, Tominaga T: Association between molecular alterations and tumor location and MRI characteristics in anaplastic gliomas. Brain Tumor Pathol 32: 99-104, 2015.
4. Shibahara I, Sonoda Y, Shoji T, Kanamori M, Saito R, Inoue T, Kawaguchi T, Yamashita Y, Watanabe T, Kumabe T, Watanabe M, Suzuki H, Tominaga T: Malignant clinical features of anaplastic gliomas without IDH mutation. Neuro Oncol 17: 136-144, 2015.
5. Sonoda Y, Saito R, Kanamori M, Kumabe T, Uenohara H, Tominaga T: The Association of Subventricular Zone Involvement at Recurrence With Survival After Repeat Surgery in patients With Recurrent Glioblastoma. Neurol Med Chir (Tokyo) 54: 302-309, 2014.
6. Shibahara I, Sonoda Y, Saito R, Kanamori M, Yamashita Y, Kumabe T, Watanabe M, Suzuki H, Watanabe T, Ishioka C, Tominaga T: The expression status of CD133 is associated with the pattern and timing of primary glioblastoma recurrence. Neuro Oncol 15: 1151-1159, 2013.
7. Shibahara I, Sonoda Y, Kanamori M, Saito R, Yamashita Y, Kumabe T, Watanabe M, Suzuki H, Kato S, Ishioka C, Tominaga T: IDH1/2 gene status defines the prognosis and molecular profiles in patients with grade III gliomas. Int J Clin Oncol 17: 551-561, 2012.
8. Sonoda Y, Yokosawa M, Saito R, Kanamori M, Yamashita Y, Kumabe T, Watanabe M, Tominaga T: O(6)-Methylguanine DNA methyltransferase determined by promoter hypermethylation and immunohistochemical expression is correlated with progression-free survival in patients with glioblastoma. Int J Clin Oncol 15: 352-358, 2010.
9. Sonoda Y, Kumabe T, Nakamura T, Saito R, Kanamori M, Yamashita Y, Suzuki H, Tominaga T: Analysis of IDH1 and IDH2 mutations in Japanese glioma patients. Cancer Sci 100: 1996-1998, 2009.
10. Sonoda Y, Kumabe T, Watanabe M, Nakazato Y, Inoue T, Kanamori M, Tominaga T: Long-term survivors of glioblastoma: clinical features and molecular analysis. Acta Neurochir (Wien) 151: 1349-1358, 2009.

著書

脳神経外科学 改訂12版 金芳堂、2016年
脳腫瘍臨床病理カラーアトラス 第4版 医学書院、2017年
脳腫瘍学 日本臨床 2017年
エビデンスに基づいたがん薬物療法エキスパートマニュアル 総合医学社、2012年

その他

  • 【受賞】 2000年 Young investigator award American association of cancer research

  • 【受賞】2002年 星野賞 日本脳腫瘍学会

  • 【受賞】2011年 研究奨励賞 日本癌治療学会

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。