根本 建二 先生のプロフィール

根本 建二 先生

ねもと けんじ

根本 建二 先生

山形大学医学部放射線腫瘍学講座 教授 山形大学医学部附属病院 病院長

専門分野

放射線治療、特に消化器がんの化学放射線療法

紹介

1982年より放射線科医師としてキャリアをはじめる。消化器がん、特に食道がんの放射線治療では日本リーダーの一人である。2006年には山形大学医学部放射線腫瘍学講座教授に就任、「がんの治療法は病院全体で責任を持って決める」の方針で、病院主導のキャンサーボードを強力に推進しており、そのエビデンスを多くの学会、学術雑誌に発表している。また、次世代の放射線治療として有望視されている粒子線治療にも取り組んでおり、回転ガントリーを備えた小型の重粒子線治療装置の開発を主導、平成32年春の治療開始を目指し山形大学医学部内で建設工事が始まっている。

略歴

1982年 東北大学医学部卒業
1988年 東北大学大学院卒業 医学博士取得
1988年 東北大学放射線医学講座 助手
2000年 東北大学第放射線腫瘍学分野 講師
2003年 東北大学放射線腫瘍学分野 助教授
2006年 山形大学放射線腫瘍学講座 教授
2009年 山形大学医学部附属病院 副病院長
2012年 山形大学医学部 副医学部長
2016年 山形大学医学部附属病院 病院長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会・放射線治療専門医
日本医学放射線学会理事
日本放射線腫瘍学会専務理事
日本癌治療学会代議員
日本食道学会代議員

受賞・著書・論文など

【受賞】
第1回東北大学沢柳賞 2003年
日本放射線腫瘍学会優秀教育講演者賞 2004年
山形大学医学部医療功績賞(診療)2010年
山形大学医学部医療功績賞(教育)2011年
【著書】
放射線治療計画ガイドライン2016、金原出版、2016年
食道癌取り扱い規約、金原出版、2015年
臨床食道学、南江堂、2015年
内科学書改定第8版、中山書店、2013年
がん医療の今、旬報社、2013年
【論文】
[食道がん関係]
1. Kato H, Kitagawa Y, Kuwano H, Toh Y, Kusano M, Oyama T, Muto M, Takeuchi H, Doki Y, Naomoto Y, Nemoto K, Matsubara H, Miyazaki T, Yanagisawa A, Uno T, Kato K, Yoshida M, Kawakubo H, Booka E, Nakajima M, Kaneko K, Shiotani A: Neo‑adjuvant therapy or definitive chemoradiotherapy can improve laryngeal preservation rates in patients with cervical esophageal cancer. A Japan

【受賞】
第1回東北大学沢柳賞 2003年
日本放射線腫瘍学会優秀教育講演者賞 2004年
山形大学医学部医療功績賞(診療)2010年
山形大学医学部医療功績賞(教育)2011年
【著書】
放射線治療計画ガイドライン2016、金原出版、2016年
食道癌取り扱い規約、金原出版、2015年
臨床食道学、南江堂、2015年
内科学書改定第8版、中山書店、2013年
がん医療の今、旬報社、2013年
【論文】
[食道がん関係]
1. Kato H, Kitagawa Y, Kuwano H, Toh Y, Kusano M, Oyama T, Muto M, Takeuchi H, Doki Y, Naomoto Y, Nemoto K, Matsubara H, Miyazaki T, Yanagisawa A, Uno T, Kato K, Yoshida M, Kawakubo H, Booka E, Nakajima M, Kaneko K, Shiotani A: Neo‑adjuvant therapy or definitive chemoradiotherapy can improve laryngeal preservation rates in patients with cervical esophageal cancer. A Japanese nationwide survey. Esophagus. 2016; 13(3):276–282.
2. 根本建二:食道癌化学放射線療法の現状と問題点、消化器外科 2012, 35:1123-1127.
3. 根本建二、市川真由美、和田仁、野宮琢磨、食道癌に対する姑息的放射線治療。日本臨床、2011, 6:355-357.
4. 根本建二、野宮琢磨、和田仁:食道がん。がん治療レクチャー 2011, 2:113-117.
[粒子線治療関係]
1. 嘉山孝正、根本建二、陽子線、重粒子線の現状と展望、脳神経外科 2016, 44:449-455.
2. Sako T, Yamaguchi A, Sato K, Goto A, Iwai T, Nayuki T, Nemoto K, Kayama T, Takeuchi T: Development of C⁶⁺ laser ion source and RFQ linac for carbon ion radiotherapy. Rev Sci Instrum. 2016 ;87(2):02C109
3. Nomiya T, Tsuji H, Kawamura H, Ohno T, Toyama S, Shioyama Y, Nakayama Y, Nemoto K, Tsujii H, Kamada T: A multi-institutional analysis of prospective studies of carbon ion radiotherapy for prostate cancer: A report from the Japan Carbon ion Radiation Oncology Study Group (J-CROS). Radiother Oncol. 2016; 121(2): 288-293
[キャンサーボード関係]
1. Ichikawa M, Nemoto K, Miwa M, Ohta I, Nomiya T, Yamakawa M, Itho Y, Fukui T, Yoshioka T. Status of radiotherapy in a multidisciplinary cancer board. J Radiat Res. 2014 55(2):305-8.
2. Nemoto K, Murakami M, Ichikawa M, Ohta I, Nomiya T, Yamakawa M, Itho Y, Fukui T, Yoshioka T. Influence of a multidisciplinary cancer board on treatment decisions.Int J Clin Oncol. 2013 18(4):574-7.
3. Nakamura S, Fukui T, Ito Sasahara Y, Suzuki S, Takeda H, Miwa M, Ichikawa M, Nemoto K, Yamakawa M, Yoshioka T. The Role of Cancer Boards in the Treatment Decisions Regarding Chemotherapy. Intern Med. 2016 55(21):3119-3123.

続きを見る

根本 建二先生 の所属する医療機関

山形大学医学部附属病院

TEL: 023-633-1122

山形大学医学部附属病院

山形県山形市飯田西2丁目2-2

JR奥羽本線(山形線)「山形駅」 JR各線乗り入れ バス利用可(山形交通バス 大学病院行きなど) 車7分

- - -

受付時間: 8:30〜11:00 原則紹介制(予約は地域医療機関経由のみ) 診療時間8:30〜17:00 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

根本 建二 先生 の記事